スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アポクリフォート・キラー

今回は、「氷結界」にとって天敵となるカードを紹介します。


アポクリフォート・キラー

アポクリフォート・キラー
効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3000/守2600
このカードは特殊召喚できず、自分フィールドの
「クリフォート」モンスター3体をリリースした場合のみ通常召喚できる。
(1):通常召喚したこのカードは魔法・罠カードの効果を受けず、
このカードのレベルよりも元々のレベル
またはランクが低いモンスターが発動した効果も受けない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
特殊召喚されたモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。



クリフォートの切り札モンスターであるアポクリフォート・キラーです。
以前に「天敵」として取り上げた事のあるエルシャドール・ネフィリムに続く、DT世界からの脅威です。

このカードは特殊召喚できず、自分の場「クリフォート3体をリリースした場合のみ通常召喚できるという厳しい制約がありますが、クリフォートはペンデュラム召喚による大量展開を得意とするテーマなので、布陣さえ揃えばあっと言う間にこのカードを出されてしまいます。
クリフォートの万能サーチ装備魔法の機殻の生贄や、同名カード以外のクリフォートをサーチできるペンデュラム効果を持ったクリフォート・ツール、そのクリフォート・ツールをサーチする効果を持った召喚師のスキルの存在により、このカードや他のクリフォートを揃えるのは容易いです。
また、機殻の生贄には装備モンスターをクリフォート専用のダブルコストモンスターにできる効果も持っており、このカードのリリース要員の軽減にも一役買います。

まず、3000という高い攻撃力値が目に付きます。この攻撃力の最上級モンスターは特に珍しくはありませんが、それでも氷結界のどのモンスターでも殴り勝つ事はできません。
そして、このモンスターの攻撃力を更に凶悪たらしめているのが(2)の効果です。
このカードの(2)の効果は、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 特殊召喚されたモンスターの攻守が500ポイントダウンするという永続効果です。
攻撃力3000以上のモンスターを通常召喚で出すなど極めて困難である事を踏まえると、このカードは実質的に攻撃力3500以上のモンスターでないと殴り倒せないようなものです。
しかも、それですらあくまで最低のラインに過ぎず、相手のペンデュラムゾーンにクリフォート・シェルがいれば、更にこちらのモンスターの攻撃力を下げられてしまいます…。
この効果は双方に影響を及ぼしますが、このカードも含めて、ペンデュラム召喚での展開からのアドバンス召喚を得意とする【クリフォート】には効かないも同然です。

除去効果を持ったカードで除去しようにも、このカードは(1)の効果として、極めて強力な耐性効果を持っています。
このカードは魔法・罠カードの効果を受けず、 このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果も受けないのです。
まず、魔法・罠が完全に効かないという時点で明らかにヤバいです…。
そしてモンスター効果についても、このカードのレベルは10なので、レベルが10以上、ランクが10以上のモンスターの効果しか通じません。このカードの前には、レベル9のトリシューラすらも通用しないのです。
水属性でこのカードを除去できるモンスターカードなど、レベル10のイビリチュア・ジールギガスしか存在しません…。それ以外のモンスターでこのカードを除去するには、レミューリア等で強引にレベルを上げるなりの工夫をするしかありません。

そして(3)の効果は、1ターンに1度、相手のメインフェイズに発動できる効果で、こちらの手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らせる効果です。
「墓地へ送る」という行為をプレイヤーに強要させる効果であり、痛み分けと似たような除去手段です。
「効果による除去」とは違うため、この効果の前には御庭番の耐性効果はもちろんの事、素材が3つ以上ある状態のH-C ロンゴミアントの耐性すらも効きません。
墓地へ送るカードは使われた側が決めるものの、対抗のし辛さで言えば、このゲームの中でも最高クラスの除去能力です。

このように、ただでさえ凶悪なこのカードですが、他のカードと組み合わせる事で更なる力を発揮します。
上で書いた様にクリフォートモンスターのペンデュラム効果が厄介なのはもちろんの事、このカードが出た後にもどんどんペンデュラム召喚によってクリフォートが湧いて出てくる事も忘れてはなりません。最悪の場合、2体目3体目のこのカードを出される事も…。
リリースされる側のクリフォートのモンスターにも、リリース時に発動する厄介な効果を持ったカードが存在します。
極めつけには、このカードの召喚後にスキルドレインを発動する事で、このカードの(1)(2)(3)の全ての効果を維持したまま場のモンスターの効果を無効にするというあまりにも理不尽すぎる布陣を形成する事までできてしまいます。先出しならば、スキドレインすら効かないのです。
こうなると本当にどうしようもありません…。

このカードに対して最も有効な対抗手段は、殴り倒す事です。
このカード自体は低レベル・低ランクのモンスターの効果を受けませんが、(スキルドレイン等が無い限りは)それらのモンスターの効果を無効にする訳ではありません。
よって、このカードに影響を及ぼさないようなモンスター効果なら、普段通り問題なく使う事ができます。
ダイヤモンド・クラブ・キングやH-C エクスカリバーといったランク4エクシーズなら、効果を使った後でこのカードを殴り倒す事ができます(前者の場合は相討ちですが)。
しかし、これらのエクシーズモンスターが必ずしもエクストラデッキに入っているとは限りません…。後者に至っては、戦士族の素材指定がありますし。
とはいえ、このカードへの対抗手段として、ランク4エクシーズを出せるデッキにダイヤモンド・クラブ・キングを入れる価値はあると思います。むしろ、今後の【クリフォート】やこのカードの躍進次第では必須にすらなるのではないでしょうか。
自分の場のモンスターの攻撃力を強化するカードを使う手もあります。

【氷結界】では、このカードを突破するのは到底不可能…
…と言いたいところですが、実は湿地草原軸の【氷結界】デッキならば案外なんとかなるかもしれないです。
このカードを含むクリフォートのモンスターは、(特殊召喚した場合も含めて)全て術者のロックに掛かります。このカードは、低レベル・低ランクのモンスターが発動した効果が効かないのであって、低レベル・低ランクであろうと永続効果の影響は普通に受けるのです。
クリフォート・アーカイブによるリリース時の厄介なバウンス効果も、御庭番がいればその耐性によって防ぐ事ができます。
そして、ロックしている間に水影ダイレクトアタックでライフを削って行けば勝利への突破口が見えてきます。
後は、(3)の効果によってロックが解けない様に気を付けたいです。そのために、サルベージで何とかモンスターを確保しておきたいです。
当然除去をくらって布陣を崩されたり、スキルドレイン等でこちらのモンスターの効果を無効化されたりしてしまうとお陀仏ですが、悪くない対抗手段だと思います。
逆に、湿地草原軸以外の【氷結界】では、術者や守護陣の効果でロックはできても、そこから攻める手段が無いので厳しいです…(汗

非の打ち所のない様な強力なステータスと耐性、そして除去能力を併せ持ったカードです。
デッキの構築次第では、このカードを出されるだけで詰むデッキも数多くある事でしょう。
今後、新しい弾やカードが増える毎に、出されると詰む程の強力な効果を持ったカードも増えるかもしれないと思うとゾッとします…。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジールギガスはよくやられるんでわかりますけど
もともとのレベルを参照するならレミューリアは意味がないのでは?
いっそリチュアに伝わりし禁断の秘術でジールギガスのコストにしてしまうとか←

No title

コメントありがとうございます。
よく見ると「元々のレベル」なので、レミューリアでは意味が無いですね。申し訳ありません。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。