スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リチュア・キラー

あまりにも圧倒的な制圧力を誇るアポクリフォート・キラー…。
水属性には、同じく「キラー」の名を冠したモンスターが、それもあちらと同じDT世界のカードの中に存在するのです。
それが、このカードです。


リチュア・キラー

リチュア・キラー
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 500/守 800
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、
自分フィールド上にこのカード以外の「リチュア」と名のついた
モンスターが存在する場合、
このカード以外の自分フィールド上のモンスター1体を
選択して持ち主の手札に戻す事ができる。



「リチュア」に属するモンスターであるリチュア・キラーです。

自分の場に自身以外のリチュアがいる場合に召喚・反転召喚に成功した時、自身以外の自分の場のモンスター1体を手札に戻す効果を持っています。
リチュアには召喚や特殊召喚の成功時発動する効果を持ったモンスターが多いため、それらの効果を再利用するのに使えます。
また、このカードはイビリチュア・メロウガイストが「リチュア」である事を活かせる数少ないカードの1枚だったりもします。メロウガイストがいる時にこのカードを召喚・反転召喚できれば、効果の発動条件を満たせます。
しかし効果を発動するためには、この低ステータスで召喚しなければなりません。このカードの効果が発動するのは召喚・反転召喚時のみであり、特殊召喚成功時には効果を発動できないのが辛いです。
第一、モンスターを手札に戻すならば、手札から特殊召喚できるチューナーであるA・ジェネクス・バードマンが存在します。現在は制限カードではあるものの、あちらの方が汎用性が高く、格段に扱いやすいです…。

このカードと同じレベル2のリチュアには、サーチ効果を持ったリチュア・アビスや、儀式モンスターをサーチする効果と儀式召喚時のリリース軽減効果を持ったヴィジョン・リチュアといった優秀なモンスターが存在する為、優先度は落ちます。
水族という点を活かそうにも、同じレベル2・水族のリチュアにはリチュア・ヴァニティが存在し、あちらの方がステータスが高いです。効果が使い難い上に、湿地草原を使ったところで攻撃力1700ではどうにもなりません…。
注目すべきは、レベル2のリチュアの中で唯一、デブリ・ドラゴンの効果で釣り上げられる点でしょうか。

容姿がイビリチュア・マインドオーガスの下半身と何処となく似ており、マインドオーガスの進化前であるリチュア・エリアルとこのカードのレベルの合計はマインドオーガスのレベルと一致しています。
何か関係があるのでしょうか?

弟が以前【リチュア】デッキを組んで使った際に、「このカードの効果自体はあって困るような効果ではない」と評していました。
特にレベル6の儀式モンスターなんかは、一度儀式召喚して効果を使うと、それ以降は効果無しも同然のまま居座る事となってしまいます。そんな時に、このカードの効果で儀式モンスターを手札に戻せば、再び儀式召喚する事で効果を使い回す事ができるのです。
その点から弟はこのカードに対して一定の評価をしていましたが、「A・ジェネクス・バードマンで事足りるのでは?」と指摘された際には閉口していました(笑
また、あくまで「あって困るものではない」というだけで、わざわざ枠を割いてまで入れるかどうかはまた別問題です…。
流石にこの時期のカードとなると、ある程度上記の様なシナジーを考慮された上でデザインされたものと思われますが…それにしても使い辛すぎます。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。