スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れ

次の通常パックは、第9期の第3弾にあたります。パッケージの色は赤色です。
この弾において、「強化されるのではないか?」と予想している過去テーマがあります。
それは、六武衆です。

六武衆は、第5期の第3弾にあたるSTONで初登場し、第7期の第3弾にあたるSTORにて劇的に強化され、環境トップにまで上り詰めました。
その流れで、「六武衆には、奇数期の第3弾のパックで劇的に強化されるジンクスがあるのでは?」と言うのです。
一応、第4期の第3弾パックのCRMSにも、一枚だけとはいえ六武衆の関連カードはありました。第8期の第3弾にあたるCBLZでは六武衆の関連カードは1枚もありませんでしたが、同弾で初登場した炎星が、「東洋風なデザイン」という点が六武衆と被ってしまう(厳密に言えば六武衆は和風、炎星は中華風という違いはありますが)のを避ける為だったとも考えらえます。
また、最近もちょくちょく六武衆関連のイラストの魔法・罠が登場している事からも、いずれ六武衆シリーズに新たな動きがある事を予感させます。これまでの流れから、それに最適な弾こそが、第9期の第3弾にあたる次のパックと予想しているのです。
第9期はまだ始まってそんなに経ってないですが、もし六武衆が強化されたなら、第9期という短期間で、弟が主力として使っているデッキは全て強化された事になります。こっちは長い間自分の使ってるテーマの強化が無くて困っているというのに…勘弁してくれ…。

しかし、そんな「流れ」というものもあくまでプレイヤー側が勝手に予測しているものに過ぎず、KONAMIは特にそんなものは意図しておらず単なる偶然だったり、KONAMIのさじ加減一つでその「流れ」が止まってしまう事もザラにあります
ロスト・サンクチュアリの次のストラクチャーに水属性が来なかったり、NECHのWP枠に神代兄妹の強化カードが無かった時などに、それを身をもって思い知りました
あと、僕は霊使いには特に興味はありませんが、それでも正直PRIOで、憑依装着-ライナは出るものだとばかり思っていました(TSHDでの光霊使いライナ以降、各期の第8弾にライナ関連のカードがあったため)。憑依装着-ライナを期待していた人の失望感は大きかった事でしょう…。
同じ六武衆関連で言えば、EXTRA PACKシリーズには、2008年発売のEXTRA PACKから2012年のEXTRA PACK 2012まで、毎年六武衆の関連カードが収録されていました(尚、この事はVジャンプの記事でも触れられています)。
しかし、前回のEXTRA PACK -SWORD OF KNIGHTS-と今回のEXTRA PACK -KNIGHTS OF ORDER-では登場しておらず、EXTRA PACKシリーズにおける「六武衆皆勤」の流れは断ち切られたと言えます。

逆に、妙な流れをそのまま継続させるという事もあります。
例えば、DT世界の水属性テーマは、2番目のリチュアが儀式召喚を中心としたテーマだったのに続き、3番目にあたる影霊衣もまた儀式でした。
この事から、「水属性=儀式」という「流れ」が出来上がってしまっていると言えるでしょう。

ストラクやWP枠への期待から散々翻弄された事で、僕は弾や収録カードの「規則性」「流れ」というものについてはあまり信頼していませんが、今後の展開においても、新たにそういったものが囁かれるようになる事でしょう。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。