スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥銃士カステル

今回紹介するカードは、鳥銃士カステルです。


鳥銃士カステル

鳥銃士カステル
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/風属性/鳥獣族/攻2000/守1500
レベル4モンスター×2
「鳥銃士カステル」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードのX素材を2つ取り除き、
このカード以外のフィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。



1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない2つの効果を持った、汎用ランク4エクシーズモンスターです。

(1)の効果は、X素材を1つ取り除き、場の表側表示モンスター1体を裏側守備表示にするという効果です。
ランク4には既に、同じような効果を持ったマエストロークが存在しますが、あちらよりも攻撃力が高いため、戦闘破壊できる範囲が広いです。
また、あちらとは違い自分の場のモンスターも裏守備にできるので、月読命の様に自分の場のリバースモンスターの効果を使い回すという運用もできます。

(2)の効果は、X素材を2つ取り除き、自身以外の場の表側表示のカード1枚を持ち主のデッキに戻すという効果です。この効果こそが、このカードの真骨頂です。
デッキバウンスという除去法は、対抗策自体が無きに等しいため、あらゆるカードに対して非常に強力な除去として機能します
それに加えて除去されたカードの再利用も困難にする点も、この効果の強力さに拍車を掛けています。
エクストラデッキのモンスターに対して使った場合には、対象にされたモンスターは持ち主エクストラデッキに戻ります。

そんな強力な除去効果を持ったこのカードは、当然、【氷結界】にとっては「天敵」となります。
(1)(2)の効果共に対象を取る効果なので、御庭番を出せば氷結界のモンスターが対象にされる事は免れますが、このカードは氷結界のロック戦術と相性の良い永続系の魔法・罠の方も除去できるのです。
例えば、いくら安全地帯で対象を取る効果から守っていたとしても、安全地帯自体を除去されれば、それで守っていたモンスターもデメリットによって破壊されてしまいます。

同じ素材で出せるランク4エクシーズには、他に「X素材2つを取り除いて、対策しにくい手段での単体除去を行える」点が共通したS・H・Ark Knightが存在します。
S・H・Ark Knightと比較した場合のこちらの利点は、

・特殊召喚されたものや表側守備表示のモンスターも除去できる
・魔法・罠や自分の場のカードも対象にできる
・風属性や鳥獣族のサポートを受けられる(特に、ゴッドバード・アタックによって更なる除去に替えられるのは強力)
・守備力が高い

と言った点です。

ほぼ全てのカードに対して強力な除去を撃てる点から、現在ヴェルズビュートを上回りエクストラデッキの採用率のトップを誇っているカードです。
 

水属性を使っている身としては、S・H・Ark Knightを推したいものですが…やはり厳しいものがあります。
以下、S・H・Ark Kightについて、ややネガティブな見方で文章を書いています。


いくらS・H・Ark Kightが優秀な除去効果を持っていようとも、特殊召喚されたものでもそうでなくても、攻撃表示でも守備表示でも、更には魔法・罠でも、持ち主を問わずに表側表示のカードなら何でも除去できるこのカードの(2)の効果の方が、どう足掻いても除去範囲が広いです
このカードが出て間もない頃の公式のワンプッシュ投票でS・H・Ark Knightとカステルとの対決では、S・H・Ark Knightが大差で勝利していましたが、今実際のエクストラデッキの採用率では見事に逆転されています…。
今や、S・H・Ark Knightの採用数はこのカードやヴェルズビュートの半分以下…本当に随分と差が付きました
このカードの登場で、「(S・H・Ark Knightを警戒して)モンスターを守備表示で特殊召喚する」という戦術の価値が三日天下に終わってしまったのは言うまでもありません…。
しかも、「デッキへバウンス」という除去手段自体も、S・H・Ark Kightの「エクシーズ素材にする」除去より強力と取る事ができます。
共に除去されたカードの再利用を手こずらさせる点が共通していますが、S・H・Ark Knightのエクシーズ素材にされたモンスターは、S・H・Ark Knightを除去するなり身代わり効果を使用させるなりすれば墓地へ戻ってきます。
一方で、このカードの効果でデッキバウンスされたカードは、よほどサーチやリクルート手段に恵まれたカードでも無い限り再利用自体が困難になります。
現在の環境では特に、シャドールの墓地へ行った時に発動する効果を未然に防げるか否かという点が評価の大きな分かれ目となっています。
エクストラデッキのカードに対しては、どちらの除去の方が有効にはたらくかはケースバイケースと言ったところでしょうか。

逆にS・H・Ark Kightがこのカードよりも勝っている点は…

・除去効果を使った後にも、身代わり効果が使える
・奈落を使われても、耐性効果によって生き延びる事ができる
・攻撃力が100高く、そのため攻撃力2000以上2100未満(身代わりがあれば攻撃力2100も含む)のモンスターも一方的に戦闘破壊できる
・進化先としてS・H・Dark Knightが存在し、墓地にいる事でその蘇生条件を満たせる
・水属性や水族のサポートの恩恵を受ける事ができる
・「No.」に関するサポートの恩恵を受ける事ができる
・攻撃表示のアブソルートZeroを除去した場合、その破壊効果を使わせる事無く除去できる

このような感じでしょうか。
ただし、この中「水族のサポートを受けられる」というのはあって無いようなものです。
水族のサポートはローレベルに関するものがほとんどであり、XモンスターであるS・H・Ark Kightが恩恵を受けられるものなど、ごく限られています。
更に、S・H・Ark Kightにも対応する目ぼしい水族サポートも、ほとんどが魚族や海竜族と共用となっています。
このように、差別点の一つである種族サポートのクオリティでは、このカードと大きな差を付けられています。

強力な除去効果を持ったランク4エクシーズとして、よくこのカードとヴェルズビュートとS・H・Ark Kightの3体の名前が同列に挙げられる事がありますが、それを見る度に、「果たしてS・H・Ark Kightがここにいていいのだろうか?」と思ってしまいます。
採用率には圧倒的な差があり、このカードよりも除去範囲が狭いのに同列に挙げられる様は、まるで虎の威を借る狐のようにさえ映ります(言うまでもなく、「虎」がこのカードやヴェルズビュートで「狐」がS・H・Ark Knight)。
S・H・Ark Kightに対するこのカードは、まるでガイアナイトに対するゴヨウ・ガーディアン…というのは流石に言い過ぎか。
「同じ方法で特殊召喚できる」「属性・種族が異なる」「単体除去を撃てるが範囲の広さが異なる」という点で、カオス・ソーサラーに対する開闢(の除去効果)位の例えが妥当でしょうか(あちらの2体は、レベルやステータスの差が大きかったり、除去方法は同じだったりしますが)。

S・H・Ark Knightが登場したLVALが発売した頃に、水属性に新たなカードが登場したとしても、すぐに(他の属性に)似たような特徴を持ったカードが出てくるという様な内容の記事を書いた事がありましたが、その頃にはまさか、二弾後にS・H・Ark Knightまでもがそれと同じような目に遭うとは夢にも思っていませんでした
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ランク4デッキなら余程エクストラがギチギチでない限り
両方入れるのがベターなので
そこまで悲観する事は無いと思います。
上に挙げられた利点で十分差別化は出来ますし
環境の変化で評価が逆転する事もあると思います。
(山札のカードをサーチ、リクルートしやすいテーマが流行る、破壊効果で汎用性の高いカードが主流になる、攻撃力2000~2100のモンスターが流行る)
それに今現在流行っていないからといって
過去の活躍まで傷付く事はありません。
トリシューラやビッグアイは今はそこまで猛威を奮ってはいませんがこれらのカードの強さはプレイヤーの心に刻まれています。
よってこれから先S・H・Ark Kightが馬鹿にされるような事は無いと思います。
更新楽しみにしていますね。

No title

最近のカードパワーのインフレには目を見張るものがありますね、
アークナイトや、ビュートの登場時は強さに驚きましたが、
LVAL以降それを超えるもしくは同等のカードが出続けているような感じです。僕の水鱗精には唯一のランク4として採用しています。
龍騎隊を素材に出来るとおいしいのですが、最近は深淵と悩んでます(汗)

No title

>kkさん
コメントありがとうございます。
今後、S・H・Ark Kightの方が優位にはたらくような状況が増えて欲しいです。
S・H・Ark Kightは登場してからこのカードが出るまでの期間が短かったので、(このカード抜きで)活躍したと言われてもあまりピンと来ません(汗
S・H・Ark Kightは馬鹿にはされていませんが、このカードの存在から、いつどう評価が転んでもおかしくないとは思っています。

>うどんさん
コメントありがとうございます。
S・H・Ark Kightも含めて、カードパワーがどんどんインフレしていってる気がしますね(汗
前に他の記事で書きましたが、S・H・Ark Kightの活躍の幅を広げるためにも竜騎隊が復帰して欲しいです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。