スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水精鱗とBF

公式サイトの「ワンプッシュ投票」で、水属性のS・H・Ark Knightが鳥獣族のカステルに圧勝していた訳ですが、それ以外にも水属性と鳥獣族の対決がありました。
それは、つい先日行われた「どちらか使って遊んでみるなら?」という題での水精鱗デッキとBFデッキとの対決です。結果は・・・水精鱗の負けでした
ちなみにこれら2つテーマは共に、今季のリミットレギュレーションが効果された時にVジャンプで、「時期環境に台頭するではないか?」と謳われていたテーマです。
あまりにも頓珍漢な予想にしか感じられませんが、どちらも一時期は環境トップに君臨していたテーマ。しかし、考えれば考える程、これら2つのテーマには大きな差があるように感じてきました・・・。

BFは、このリミットレギュレーションで、ついにこれまで規制されていたカードが全て緩和されました。
「BF自体がもう脅威では無いのでは?」と言われ、緩和されるべくして緩和されたような感じですが、僕はBFには散々やられた印象があまりにも強かったので、カルート旋風も、そしてゲイルも緩和されて欲しくはありませんでしたが。
その前のコレクターズパック-伝説の決闘者編-では久々に新規を貰っており、トライブ・フォースでは主要カードが全て収録されました。
今まさにBFはのりにのってるテーマであり、その流れで今回のワンプッシュ投票で水精鱗に勝ったのも当然と言えます。

一方、水精鱗には何もありません
一応、水精鱗のカードが収録されたパックの入った「EXバリュー THE GOLD BOX + ABYR CBLZ」が発売しましたが、ただパックが詰め込まれただけで、強化された訳ではありません。第一、これだけでは水精鱗のカードを集めるのが大変です。
また、上で触れたVジャンプの記事で水精鱗が挙げられていたのはアビスフィアーが無制限になった為と思われますが、全てが緩和されたBFに対し、水精鱗はディニクアビス制限のままです。
BFのカードが結構な時間をかけて全て緩和されたように、いずれ忘れたような頃にディニクアビスも緩和されるのか?
ちなみに海外ではディニクアビスは無制限ですが、その一方でアビスグンデが制限カードに指定されている為、やはりフルパワーとはいきません。

BFは戦闘面ではカルートやゲイルやシロッコで優位に立ち回る事ができ、釣り上げ効果を持ったチューナーのブリザードがおり、高攻撃力のリクルーターのシュラもいます。
ゲイルやブラストは手軽に特殊召喚でき、シンクロにも様々なレベルのものが存在します。
そして、極めつけにはサーチ効果を持った永続魔法の黒い旋風です。
また、闇属性である点からダーク・アームド・ドラゴン闇の誘惑といった強力な闇属性サポートや、鳥獣族である点から非常に強力な除去効果を持ったゴッドバード・アタックも組み込めます。特にゴッドバード・アタックは、「BFと対戦して、相手がカードを伏せてきたら、まず間違いなくゴッドバード・アタックだと疑えと教訓付けたくなる程頻繁に飛んできます。
まさに、「恵まれたテーマ」を絵に描いたようなテーマです。

一方の水精鱗は、登場以来、同時期に登場した海皇との混合によってアドバンテージを得る戦法を得意としていましたが、悪く言えば海皇と組み合わせる事が前提になってしまっているような気がします。
海皇の無い水精鱗など、福神漬けの無いカレーというか、抜け殻の様なものです。
海皇の除去効果が無ければ、高攻撃力の相手にはとても太刀打ちできません…。
水精鱗には戦闘補助要員もチューナーもいません。シュラと同じようなリクルート効果を持ったアビスノーズが存在しますが、攻撃力が低く、評価も低いです…。
エクシーズモンスターが少ないのも辛いです。特に、レベル4のモンスターも多くいるにも関わらず、エクシーズの中で最もメジャーなランクと言えるランク4のエクシーズがいないのは致命的です。
そのせいで、アビスマンダー効果を使ったところで、出せる水精鱗エクシーズが存在しないという本末転倒ぶり…。やはり海皇をはじめ、他のカードと組み合わせて戦うようにデザインされた感が強いです。
様々な水属性のサポートを受ける事ができますが、種族はバラけています。ゴッドバード・アタック程の強力な除去カードは無く、せいぜい魚族によるフィッシャー・チャージが関の山です。
また、海竜族のサポートとして非常に有効な海皇の竜騎隊は制限カードに指定されています。
【海皇水精鱗】や【ジェネクス海皇水精鱗】などの混合デッキによって環境トップに立てた水精鱗ですが、単独テーマとしてはBFには遠く及ばないレベルなのではないでしょうか。

メタの貼りやすさにも大きな差があり、BFは一度展開されると処理するのが大変です。
戦士抹殺トゲトゲ神の殺虫剤のような、「鳥獣族モンスターを全て破壊する」効果を持ったカードすら無いので尚更です。
僕がこのブログで同族感染ウィルスを初めて取り上げた時に、復帰を望むような書き方をしていたのは、当時環境トップだったBFを、一度で全滅できる効果を持っているからに他なりませんでした
シンクロ期のほぼ全期に渡って環境トップに君臨していたBFは、制限改訂(現:リミットレギュレーション)によって抑え込まれるだけで明確なメタはこれとして出ていません。
一方で、水精鱗は環境トップに君臨していた時期は短期間だったにも関わらず、ダイヤモンド・ダストという最悪のメタカードが登場しました。
フリーチェーンの罠カードによる全体除去・・・しかもバーン効果まであって「時」の任意効果のタイミングまで逃させる・・・これ程までの最悪なメタカードは他のどの属性にも種族にもありません
未だに、なぜ僕の好きな水属性に限って、水属性だけがこんな目に遭わなきゃならないんだと叫びたくなります。
BFに苦しめられ、同族感染ウィルスの復帰まで望み始めた頃の僕がこんな惨状を知ったら、遊戯王辞めるでしょう(笑

投票で負けた事よりも、同列に扱われておきながらの境遇の圧倒的な差に憤りを感じずにはいられません。
今のところ、最後に出た儀式以外の水属性テーマである水精鱗・・・せっかくなので今後、強化や救済があって欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。