スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水属性統一デッキへの道

何故か僕は、水属性統一デッキというものにあこがれというか拘りを持っています。
ここで、「水属性統一デッキ」とは、メインデッキのモンスターカードが全て水属性モンスターというデッキの事を言っています。
シンクロモンスターのバリエーションが少なすぎる事もあり、流石にエクストラデッキにまでは拘りません(笑

さて、そんな水属性統一デッキですが、組むのは難しいです。
リチュアや影霊衣といった儀式のテーマならばともかく、それ以外なら不可能に近いんじゃないかと思えてきます。
儀式テーマでも、サーチ要員としてマンジュ・ゴッド等の他属性のモンスターを入れる事も考えられますが、テーマ内にサーチ効果を持ったモンスターがいるので、入れないという選択肢も十分にありでしょう。
しかし、それ以外の水属性のテーマやデッキとなると、そうも行きません。どうしても他の属性のモンスターの力を借りる必要が出てきます。

そして、水属性のデッキが最も力を借りている、水属性以外のカードはというと…

ジェネクス・ウンディーネ ジェネクス・コントローラー

ジェネクス・ウンディーネの効果の発動に必要不可欠なジェネクス・コントローラーです。
ジェネクス・ウンディーネは水属性ですが、セットとして投入されるジェネクス・コントローラーの方は、水属性ではなく闇属性です。
古くは魚族やガエルといったデッキにおいて墓地肥やし要員として使われており、そして海皇や水精鱗が出てからは、更に重宝されるようになりました。

ここでジェネクス・ウンディーネの利点をまとめてみます。

・デッキから任意の水属性モンスター1体を墓地へ送れる
最近のデッキでは、「特定のカードをデッキから墓地へ落とす」効果を持ったカードが極めて重要視されています。
そんな中で、水属性において、最も効率的に墓地肥やしを行えるカードこそがジェネクス・ウンディーネなのです。

・召喚しても、サーチのおかげで手札が減らない
ジェネクス・ウンディーネの墓地肥やし効果を使うには、召喚を行う必要があります。
通常、召喚を行った際にはそのモンスターを出した分手札が減ってしまいますが、ジェネクス・ウンディーネは召喚成功時に墓地肥やしとジェネコンのサーチを行うため、±0で手札枚数が減る事がありません。

・デッキから墓地へ送った海皇の効果を発動できる
これは、今のところ全遊戯王OCGカード中でジェネクス・ウンディーネだけが持っている利点です。墓地肥やし効果は、ジェネコンをサーチする際の「コスト」扱いなので、海皇のモンスターを送る事で、それらの効果を発動させる事ができるのです。
重装兵狙撃兵を墓地へ送れば空いてのカードを除去する事ができます。
竜騎隊を墓地へ送った場合には、海竜族をサーチできるだけに留まらず、ジェネコンのサーチとも合わせて手札枚数を増やせます

サルベージで回収できる
ジェネクス・ウンディーネはステータスが低く、場持ちの悪いモンスターですが、墓地へ行った後でもサルベージで使い回す事ができます。
回収してから通常召喚を行う事で、(ジェネコンがデッキにいれば)再び墓地肥やしを行う事もできます。

アビスパイクの効果でサーチできる
【水精鱗】の中でも重要な役割を担うアビスパイクの効果でサーチする事ができます。
このカードをサーチする事で、間接的にジェネコンや海竜族モンスター(竜騎隊がデッキに残っている場合に限る)をサーチできると捉える事もできます。


これら様々なメリットが絶妙に絡み合った結果、「ジェネクスセット」は【水精鱗】において必須カードの地位を獲得したのでした。
この他にも、サーチ先のジェネクス・コントローラー自体にも、「レベル3のチューナーであり、ジェネクスのシンクロや闇属性チューナー指定のシンクロも出せるようになる」「ジェネクス・ウンディーネと並べばレベル6シンクロに加えてランク3のエクシーズも出せる」といった利点があります。
以前、水精鱗は「海皇と組み合わせる事前提で作られている」と書いた事がありましたが、その海皇を最も上手く使いこなせるのが、他でも無い「ジェネクスセット」です。
水精鱗と海皇は切っても切り離せない関係であり、海皇とジェネクスもまた切っても切り離せない関係…となると「水精鱗」「海皇」「ジェネクス」はもはや完全に一心同体と言えます。
こうして出来たデッキが【ジェネクス海皇水精鱗】なのですが、今や【ジェネクス海皇水精鱗】【海皇水精鱗】【水精鱗】にはほとんど隔たりが無い程です。

しかし、「ジェネクスセット」がもたらすのは良い事ばかりではありません…「水属性統一デッキではなくなる」という拘り以外にも問題点はあります。
それは、ジェネクスセットを入れる際の最大の恐怖である、ウンディーネの効果を使う前にジェネコンが先に手札に来る事故です。ちなみに、これらを入れたデッキを組んだ際には僕は何度も経験しています(笑
【ジェネクス海皇水精鱗】デッキが研究される内に、どうしても「手札に来たジェネコンをどうするか?」という事に話題が及びます。そこで、汎用性が高いものからやや癖のあるものやマイナーカードまで、ジェネコンを有効活用する為に使えそうな様々なカードの名前が挙げられていきます。
水属性テーマによるデッキのはずが、40枚以上60枚以下のデッキにたかだか3枚の「事故要因カード」(それも闇属性モンスター)によってデッキ全体が振り回されるというのは、水属性統一デッキを組みたい身としては何とも言えない心境です…。
しかし現在は、海皇は言わずもがな、ジェネクスの無い【水精鱗】デッキなど見向きもされないというのもまた事実です…。元々のジェネクス・ウンディーネの実用性の高さに加えて、ディニクアビスや竜騎隊が制限になってしまったのも大きいでしょう。
これまでジェネクス無しで組んでいた人が、アドバイスを貰ったり実際に入れて回してみたりしてジェネクスを入れるようになったという話もよく聞きます。

今後、上記の「ジェネクス・ウンディーネの利点」の条件を全て満たし、なおかつサーチ先が他の属性のモンスターカードではないというカードでも出ない限り、(儀式テーマ以外の)水属性統一デッキを組む事はできないでしょう・・・。
当然ですが、そんなもん出る訳がありません。そもそもジェネクス・ウンディーネの時点で既に奇跡に近い産物だというのに・・・。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アユちゃんの使ったアクアアクトレスの紹介はやらないんですか?

No title

コメントありがとうございます。
アユの使用カードは、効果の全容がよく分からないものが多かったので取り上げていなかったです。
OCG化された際には取り上げてみたいです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。