スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーピィの羽根帚

今回は、【氷結界】にとって天敵となるカードを紹介します。
通常魔法カードのハーピィの羽根帚です。


ハーピィの羽根帚

ハーピィの羽根帚
通常魔法(制限カード)
(1):相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。



現在、制限カードに指定されている魔法カードです。
相手の場の魔法・罠カードを全て破壊するという、極めてシンプルかつ強力な効果を持っています。
相手にこのカードを使われるだけで、こちらの場の魔法・罠が全て破壊されてしまいます
にも関わらず、その強力さから、遭遇頻度は非常に高いです。

氷結界と言えばロックのイメージが強く、ロックと言えば永続カードです。
【氷結界】デッキのでは、ロックの布陣の形成やその維持のために、多かれ少なかれ、どうしても永続系の魔法・罠カードに依存する部分があります。なので、永続カードを一度にまとめて吹き飛ばす事ができるこのカードは、【氷結界】にとってはまさに天敵であると言えます。
相手の攻撃を封じる光の護封剣も、攻撃とモンスター効果の両方を封じるデモンズ・チェーンも、ロックを形成するのに役立つリビングデッドの呼び声も…どれだけ場に出していようがこのカード1枚で全て吹き飛ばされてしまいます・・・
ロックはあまり行わない【湿地草原】軸の氷結界についても、打点の要である湿地草原がフィールド魔法であるため、やはり影響は避けられないでしょう。
もちろん、神の警告奈落の落とし穴激流葬聖なるバリア-ミラーフォース-といった永続カード以外の伏せカードも、このカードを使われれば何の活躍もしないまま終わってしまいます。このカードの前では汎用性も効果の強力さも何も、あったものではありません。
このカードの存在から、不用意に魔法・罠を複数枚場に出すというのはあまりにも危険であると言えます。
大嵐にはまだ、自分(使用する側)が伏せたカードも巻き込んでしまうというリスクがありましたが、このカードにはそれすらもありません。どれだけ相手がカードを伏せていようがいまいが、発動されればこちらだけが一方的にアドバンテージを失ってしまいます。

極めつけに、このカードはヒステリック・サインによってサーチまでできてしまいます
ヒステリック・サイン自体、デッキから最大で3枚までのカードをサーチできるという、他に類を見ないサーチ能力を持っており、(このカードも含めた)3枚サーチされてからこのカードを発動されようものなら、相手だけが一方的に莫大なアドバンテージを得る格好となってしまいます。

では、どうすればいいのでしょうか?
まず考えられるのは、魔法・罠を出さなければいいという事です。魔法・罠ゾーンにカードを置かなければ、当然自分のカードを潰される事もありません。
しかし、モンスターだけである程度戦力を補完できるデッキならまだしも、【氷結界】にはそんな力はないため、展開や布陣の維持にはどうしても伏せカードが必要になってきます。
そもそも、こちらの場に伏せカードが無ければ相手がこちらを警戒する事も無くなるため、逆にやりたい放題やられる危険性の方が高いです。
魔法・罠カード、特に発動するのに1度セットを行う必要のある罠カードは、手札に温存していても仕方がないので、ある程度は伏せた方がいいかもしれません。

このカードはいくら強力な制限カードであると言えど、一介の魔法カードである事には変わりありません。なので、魔宮の賄賂マジック・ジャマー神の宣告などで効果を無効にし、破壊する事ができます。
他にも、アヌビスの裁きでも発動と効果を無効にし破壊する事ができます。
相手がこのカードを使用するのは、こちらの場に複数枚魔法・罠がある時が多いので、それを逆手にとって何枚かの伏せカードの中にスターライト・ロード大革命返しを含ませておくというのも非常に有効です。
特にスターライト・ロードは、このカードの効果を無効にし破壊できるだけでなく、破壊効果対策となるスターダスト・ドラゴンも特殊召喚できます。
また、専用のメタカードとしてグリフォンの翼が存在し、これを使えば逆に相手の場の魔法・罠だけを一方的に破壊できます。

このカードの発動を不発、或いはそれに近い状況に持ち込むという手も考えられます。
永続ではない、フリーチェーンの魔法・罠を伏せておき、このカードを発動してきた時にそれらをチェーンして発動できれば、カードによってはアドバンテージの消費を抑える事ができます。
アーティファクトや白銀のスナイパーミラクルシンクロフュージョンアビスコーン等の様な、破壊される事によって発動する効果を持つカードを伏せておくのも有効です。
罠カードならば偽物のわなで守る事ができ、永続罠ならば更に宮廷のしきたりでも守る事ができます。

いっその事、相手のこのカードは自分の伏せカードと2:1交換するものだと割り切って、あえて2枚ほど魔法・罠を場に出すようにしておくのもありかもしれません。
一度相手にこのカードを消費させれば、後はもうこのカードは飛んで来ないのだから…。

氷結界では、破術師のロック効果を使えばこのカードの発動を遅らせる事ができ、封魔団の効果を使えば発動そのものを封じる事ができます。
デッキレシピや状況にもよりますが、【氷結界】にとって、「ハーピィの羽根帚が飛んで来ない」という安心感は尋常ではありません
普段は紋章浮上といった魔法カードの発動を妨害してしまうため「【氷結界】とは相性が悪い」と見なされてしまう封魔団や破術師ですが、一方で相手のこのカードの発動を妨害できるという大きなメリットもあるのです。
ただ、どちらもフィールド上から離れてしまうと効果は消え、このカードを使えるようになってしまうため、ロック強度としてはそこまで強くはないでしょう。

このカードは、禁止カードが初めて導入された時からずっと禁止カードに指定されていました
しかし、2015年1月のリミットレギュレーションにおいて、大嵐と入れ替わる形で制限復帰を果たしました。
2011/09/01に、ハリケーンが禁止になって入れ替わりで大嵐が制限復帰しただけでも本当に絶句したものだったのに、その更に上位互換と言えるこのカードが今度は大嵐と入れ替わりで制限復帰するとは…。
ちなみに、上記の大嵐の時には一緒に開闢が制限復帰していたのに対し、このカードの時はその開闢の対にあたる混沌帝龍が一緒に制限復帰しました。

こちらの魔法・罠を一掃して来る「天敵」という面がある一方で、こちらが使えば相手の魔法・罠を一掃する事ができ、「逆転の一手」となり得ます。
それだけに、このカードには愛憎入り混じった複雑な感情を抱かずにはいられないです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。