スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同族感染ウィルスについて

このブログで初めて同族感染ウィルスを取り上げた時には、「BF」を最大の仮想敵としていたものです。
その理由は、当時環境トップだった事、それでいて展開力に優れていた事、そして種族が統一されていたからでした。
また、「鳥獣族専用の全体除去カードが無いから」という、今から思うとアホらしい理由もありました。

それから時は流れ、BFは規制されていたカードが緩和され強化され、当時禁止だったカードもいくつかは緩和され、中にはエラッタをかけられた上で復帰したものもありました。
しかし、同族感染ウィルスは未だに復帰していません
僕は、同族感染ウィルス「エラッタで効果の発動の回数の制限さえ設ければ、間違いなく復帰できる」と踏んでいますが、混沌帝龍DDBのようなインパクトも無く、商業的にも別に美味しくないこのカードにわざわざエラッタをかける意義などKONAMIには無い事でしょう…。

上で書いたように専用の全体除去カードを「アホらしい」と思うようになった最大の原因は、水属性専用の全体除去カードであるダイヤモンド・ダストという最悪のメタカードが登場しました。
他のどの属性でも種族でもなく、よりにもよって僕が一番好きな属性に、フリーチェーンの罠カードによる全体除去・・・しかもバーン効果まであって「時」の任意効果のタイミングまで逃させるという、他にない程の最悪なメタカードが登場してしまったのです。
未だに、なぜ僕の好きな水属性に限って、水属性だけがこんな目に遭わなきゃならないんだと叫びたくなります。
同族感染ウィルスが禁止カードのままな理由は「種族統一デッキを台頭させるためだろう」と言われますが、じゃあダイヤモンド・ダストでいとも簡単に全体破壊されるようになってしまった水属性は死んでもいいのか?
水属性のプッシュ自体が滅多にないというのに…。まあ、出たとしても儀式ばかりだし、ジェネクス等の存在もあって水属性に統一したデッキなんてそんなにありませんが。
ちなみに同族感染ウィルスも水属性であるため、ダイヤモンド・ダストによって破壊されます。

回数制限の無い強力な除去効果を持った同族感染ウィルスですが、この効果にも穴が存在します。
それは、水族を指定すると、自身も道連れにしてしまう点です。
しかし、メジャーな水族モンスターなんてそういません…。
一昔前に話題になった強力な水族モンスターと言えばS・H・Ark Knightですが、そんなS・H・Ark Knightですら、より強いカードが登場するというあまりにも寂しすぎる理由によってトップから姿を消す事となってしまいました…。この点からも水属性の扱いの悪さがにじみ出ています。
しかし、鳥銃士カステルは同族感染ウィルスに鳥獣族を指定されるとあっさりと破壊されるのに対し、S・H・Ark Knightは水族なので同族感染ウィルスの破壊効果の使用を躊躇わせる事ができる上に、たとえ破壊効果を使われたとしても破壊耐性効果によって生き残ります。
つまり、同族感染ウィルスに対してはカステルよりもS・H・Ark Knightの方が有利であると言えます。
まあ、あくまで後出しした時の話であり、先に出ていた場合にはどちらにも殴り倒されてしまいますが(笑

そんな訳で、S・H・Ark Knightとカステルとの差別化を図るためにも、同族感染ウィルスは必要というのが今の僕の意見です。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

No title

S・H・Ark Knightは幽鬼うさぎの登場でさらにカステルとの差が開いてしまいすね…

ナッシュカステルダベリオンはさらに不審者に喰われる運命にあるからな…
感染ウイルスも、シャドールは下級にしか効かず効果を使われクリフォートは返しのターンでやり返され妖仙にはカウンターされるどころか場にカードが残ってない始末
絶対緩和される時は無制限ですよ
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。