スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポートカードの質

過去のDTテーマであるXセイバー、ジェムナイト、セイクリッドの3テーマは、アニメで使用者が登場したおかげで、DTストーリーの表舞台からは姿を消したにも関わらず新規カードが登場しました。
いずれも、アニメで登場したオリジナルサポートが、アニメ枠としてラインナップされる形でOCG化されています。
しかし、それらの中でセイクリッドのサポートだけ質が微妙だと言われる事があります。

セイクリッドは上記の3テーマの中で最も後に出たテーマであり、登場期間も短いにも関わらず、デッキの完成度は高いです。少なくとも、ARC-V放映前の段階では【X-セイバー】や【ジェムナイト】には決して引けを取らなかったでしょう。
僕自身も、【セイクリッド】と対戦してあっと言う間にやられた事が何度かありました(笑
特に、セイクリッド・プレアデスやセイクリッド・トレミスM7といった強力なエクシーズモンスターを擁している点は特筆に値します。
そんな強力エクシーズの本場という事もあり、「セイクリッドにこれ以上強力なサポートが出るなんてとんでもない!」と、セイクリッドのサポートが「微妙」と言われる様な性能である事には納得、賛成していました。
スタッフもその事を考慮した上でカードをデザインしているのではないか、と。

しかし、よくよく考えてみれば、氷結界のサポートだって「ブリューナクトリシューラの様な強力無比なシンクロモンスター本場」だから言う事で、あえて性能を抑えられていたのではないか?と思えてきます。
特にブリューナクは「氷結界」の初登場と同時に登場し、即座に環境に名を轟かせたカードであり、「氷結界はシンクロだけが全てだ」という様なイメージの形成に大きく貢献したに違いありません(それを決定付けしたのはトリシューラでしょうが)。
「そんな凶悪なカードがいるテーマなのだから、強力なサポートを与える訳には行かない」という事で、傍から見れば「シナジーが無い」と言われるようなカードが大量に出る事になってしまったのではないでしょうか。
その賜物なのか、氷結界とシンクロモンスターとのシナジーなどたかが知れており、特にブリューナクとトリシューラはむしろ素材指定が無い事から【氷結界】にとっては天敵として立ちはだかっていました。
…とまあここまで書いた事はあくまで予想でしかないのですが、もしそうだったら「ふざけんな」と言いたくなります(笑

しかし、【氷結界】と【セイクリッド】とではまるで訳が違います。テーマの完成度がそれなりの状態で展開が一通り終わった後に「微妙サポート」が出たセイクリッドに対し、氷結界はセイクリッドの4倍ほど長く登場していたにも関わらずシンクロ以外はこれといった性能のカードが与えられないまま展開が終わり、「強力」と言えるサポートは、通常パックでポツリポツリと出るカードを待たなければなりませんでした。
リミットレギュレーションで見ても、今は氷結界はブリューナクが禁止、ドゥローレンが準制限、トリシューラが制限になっていますが、セイクリッドは何一つ規制されていません。
それに、セイクリッドのエクシーズは【セイクリッド】でも十分出しやすいようにデザインされているのに対し、【氷結界】には氷結界のシンクロを出しやすくするような効果を持ったサポートは皆無です。「シンクロの本場」と言われてもイマイチ実感が湧かないレベルです。

このように、他のテーマについて考えを巡らせている内に、ふと「これは氷結界にも当てはまるんじゃないか?」と思う事があります。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

セイクリッドはエクシーズしか意識してないデザインだからプレアデス出せないはずがない

セイクリッドは強さはともかく、戦術はプレアデスのみで飽きやすく、シンクロとエクシーズの違いはあっても出張という形で認知されてる点では氷結界に通じてる気がします

No title

最近はボスがクソ強い癖にサポートも引くレベルのテーマの方が多い気もしないではない……

ジェネクスセット以上の相性で海皇に新規来てますよ
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。