スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海皇子 ネプトアビス

今回紹介するカードは、海皇子 ネプトアビスです。
CROSのWP枠で登場した「海皇」のモンスターです。


海皇子 ネプトアビス

海皇子 ネプトアビス
効果モンスター
星1/水属性/海竜族/攻 800/守 0
「海皇子 ネプトアビス」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「海皇子 ネプトアビス」以外の
「海皇」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「海皇子 ネプトアビス」以外の「海皇」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合、
「海皇子 ネプトアビス」以外の自分の墓地の「海皇」モンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを特殊召喚する。



海皇初のレベル1モンスターです。
また、氷結界の輸送部隊以来2体目となるレベル1の海竜族モンスターでもあります。

「海皇子 ネプトアビス」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できないという制約はあるものの、2つの効果を持っています。

(1)の効果は、デッキから海皇を墓地へ送る事で、同名カード以外の「海皇」1枚をサーチできる起動効果です。
この墓地肥やしはコスト扱いである為、墓地へ送られた海皇の「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動する効果」を発動させる事ができます!
デッキから海皇の効果を発動させる事ができるモンスターは、ジェネクス・ウンディーネに続いて2体目です。あちらと同じく、サーチ効果のコストとして墓地肥やしを行えます。
したがって、海竜族をサーチする効果を持った竜騎隊をコストとして墓地へ送れば、海皇をサーチしつつ、竜騎隊の効果によって海竜族モンスターもサーチできる為、手札枚数を増やせます!
このカードと竜騎隊は共に同名カードをサーチできませんが、お互いにサーチし合う事は可能です。また、魔法カードである海皇の咆哮もサーチできます。
重装兵狙撃兵を墓地へ送れば、単体除去を行うことができます。
スキルドレインの発動下や、旧神ノーデンカメンレオンの効果によって蘇生された時など、効果が無効になっている場合でも、(1)の効果のコストを払う事はできる為、そこからデッキにいる海皇の効果の発動に繋げられる点も覚えておいて損は無いでしょう。

(2)の効果は海皇特有の「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動する効果」であり、同名カード以外の自分の墓地の海皇1体を蘇生させる効果です。
現在準制限カードであり、浮上や海皇の咆哮では蘇生できない竜騎隊を蘇生できる点は偉大です。
この効果で蘇生できる中で最高の攻撃力を持ったカードはポセイドラですが、ポセイドラ自身も墓地から蘇生できる起動効果を持っています。
ポセイドラの効果でこのカードをリリースする事も可能であり、リリースした後に(2)の効果を発動すれば、ポセイドラの効果によるリリースの消費を軽減させる事ができます。
このカードはサルベージに対応しているので、水属性モンスターの手札コストにしつつ墓地の海皇の蘇生を狙うという戦術も有効です。
難点は、現状ではランク1の水属性エクシーズモンスターは存在しない為、レベルを操作しなければエクシーズ素材として取り除いた時に効果を発動できない点でしょうか。

このカードは深海のディーヴァや狙撃兵やワン・フォー・ワンによるリクルートに対応しています。
特にディーヴァの効果でリクルートした場合、即座にレベル3のシンクロに繋げる事ができます。シンクロする前に(1)の効果を使用し、たつのこをシンクロ召喚すれば、サーチした海皇をたつのこのシンクロ素材とする事でレベル4~7、10のシンクロ召喚を行う事が可能となります。
もちろん、(1)の効果で墓地へ送ったカードが竜騎隊だった場合には海竜族をサーチする事でより多彩なレベルのシンクロ召喚を行う事ができます。
デッキに残ってる海皇の状況にもよりますが、たつのこを併用すればディーヴァからこのカードをリクルートするだけで、幅広いレベルのシンクロ召喚を行えるのです。
また、墓地に水属性がいない状況からでも、ディーヴァからリクルートしたこのカードの効果で竜騎隊を墓地へ落として海皇をサーチ、竜騎隊の効果でムーラングレイスをサーチし、ディーヴァとこのカードとでたつのこをシンクロ召喚し、たつのことサーチした海皇とでシンクロ召喚を行えば墓地に水属性が5体が貯まる事となり、ムーラングレイスの特殊召喚条件を満たす事ができます。

このカードの最大の特徴は、やはり(1)の効果によりデッキから海皇の効果を発動できる点でしょう。
これまで唯一それが可能だったジェネクス・ウンディーネとの主な差別点を、以下に挙げてみます。

このカードの利点
・場にいる時の起動効果なので、召喚権を使わずに効果を発動させる事もできる
・サーチ先にデッキの枠を割かずに済む
・深海のディーヴァや狙撃兵やワン・フォー・ワンの効果でリクルートできる
・竜騎隊の効果でサーチできる

ジェネクス・ウンディーネの利点
・海皇以外の水属性も墓地へ落とせる
・召喚成功時にチェーンして除去されても効果を発動できる
アビスパイクの効果でサーチできる
サーチ先からシンクロ召喚に繋げられる

海皇の効果を発動させられる点に関しては、ジェネクス・ウンディーネと比べて相互互換クラスの性能は有していると思います。

このカードは属性や種族、守備力が0という点は他の多くの海皇のモンスターと共通していますが、デザイン面では異色さが目立ちます。
まず、名前が「~アビス」と、水精鱗のモンスターを思わせるような名前になっています。
効果に同名カードによる使用回数の制限がある点も、水精鱗のモンスターを思わせます。
身に付けている鎧も、ガイオアビスのものと酷似しています。海皇のリーダーであるポセイドラは、水精鱗の王であるガイオアビスに乗っ取られたというストーリー設定がありますが、それと何か関わりがあるのでしょうか。
また、これまでの海皇のモンスターは魚人か龍の姿をしたものばかりでしたが、このカードは人間型の姿をしています。
海皇だけでなく、水精鱗についても、人魚もしくは魚人の姿をしたモンスターばかりで人間型のモンスターはいませんでした。
人間型のモンスターは海竜族の中でも非常に珍しく、氷弾使いレイス以来の2体目です。

このカードは水属性のテーマ初のWP枠のカードであり、それに恥じない非常に強力な効果を持っていると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

たつのこのシンクロ先をアクセルシンクロンにする事でムーランとのXまで可能なぶっ壊れカードですよね…
ディーヴァが現在環境トップクラスの影霊衣でも使われている事を踏まえるとディーヴァは時期制限に確実に引っかかるでしょうね

No title

コメントありがとうございます。
ディーヴァは海外では既に制限カードのようですが、使っている身としては、日本でもそうなって欲しくはないです…。

No title

流石にコレはやりすぎで嫌になる
こんだけ強力な効果持っててデメリット一切無しとかね
もはやメガロ以外のマーメイルはいらない状態

No title

コメントありがとうございます。
このカードの登場で「海皇」や水属性の統一デッキも十分組めるようになりましたが、同時にこれ程のカードパワーが無いと無理だったのかなぁとも思わされます。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。