スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルシャドール・アノマリリス

今回紹介するカードは、エルシャドール・アノマリリスです。
以前取り上げたエルシャドール・ミドラーシュと同じく敵対する立場から紹介します。


エルシャドール・アノマリリス

エルシャドール・アノマリリス
融合・効果モンスター
星9/水属性/悪魔族/攻2700/守2000
「シャドール」モンスター+水属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いに魔法・罠カードの効果で手札・墓地からモンスターを特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。



六体目の「シャドール」の融合モンスターにして、水属性の「エルシャドール」です。

【氷結界】をはじめ、水属性のデッキにとっての最大の恐怖は、このカードの融合素材に他なりません。
このカードの融合素材は、「シャドール」モンスター+水属性モンスター。すなわち、超融合によってこちらの場の水属性を融合素材にして出す事ができます
相手の場にシャドールがいる場合、超融合によってこちらの水属性モンスターを融合素材にされてしまう恐れがあるのです。超融合は無効にする事もチェーンして他のカードを発動する事もできず、また耐性を持つカードも非常に少ない為、一度発動されれば間違いなく融合素材にされてしまいます。
おまけに速攻魔法であるため、こちらのターンに使われる事もあります。
超融合による除去は、このゲームの中でも極めて強力な部類の除去です。もちろん、【氷結界】においては大僧正御庭番も無力です。
こちらの氷結界は除去されて布陣が崩されてしまう上に、相手の場には高ステータスに下記のような効果を持ったこのカードが融合召喚され、更に融合素材になったシャドールの墓地へ送られた場合に発動できる効果まで使用される・・・【氷結界】にとっては、超融合を使われてこのカードを出されてしまうと本当に目も当てられない状態になります。

(1)の効果は、このカードが場に存在する限り、 お互いの魔法・罠カードの効果による手札・墓地からのモンスター特殊召喚を封じる永続効果です。
これによって、死者蘇生リビデといった汎用的なものから、リミット・リバース浮上といった縛りのあるものまで、ありとあらゆる蘇生カードが封じられてしまします。
また、氷結界の三方陣の様な手札からモンスターを特殊召喚できる効果を持った魔法・罠も封じられてしまいます。
特に、儀式召喚に対してはギミックそのものを完全に封殺できます。儀式召喚を主体とするデッキは【リチュア】に【影霊衣】と水属性が多く、それらのデッキはこのカードにとって最大のカモであると言えるでしょう。
このカードを対処できなければ最悪詰みかねないでしょう。

(2)の効果は、「エルシャドール」共通の自身が墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる効果です。
このカードはミドラーシュのような厄介な耐性等は無く、モンスター効果による特殊召喚を封じる事もできないので除去するのはそこまで難しくないと思われますが、倒したとしてもこの効果によって融合カードを回収されれば後続の融合モンスターに繋げられるので油断は禁物です。

単体ではデッキによってはそこまで脅威にはならないかもしれませんが、他のシャドールを組み合わせる事で強力な制圧力を発揮して来る事でしょう。
特に、ミドラーシュと一緒に出てきたらと思うとゾッとします。
ただ、良くも悪くも水属性には汎用的なカードはあまり無いので、超融合以外でこのカードを見かける事はそんなに無いでしょう

冒頭にも書いたように、このカードは6体目に登場した「エルシャドール」であり、このカードが登場するまでは「エルシャドール」を並べてみるとレベル・属性において「レベル9・水属性」だけが空いている状態でした。そして実際に登場したこのカードはまさに水属性・レベル9でした。
水属性・レベル9、更にシャドールがDT世界のテーマという事で、誰もが「水属性のエルシャドールはトリシューラ(もしくはトリシューラの影霊衣)がシャドール化した姿だろう」と予想していました(現に僕もそう思っていました)。
しかし、実際に出てみると、その融合元は同じ弾で登場したレベル9の「インフェルノイド」モンスターであるインフェルノイド・リリスという、誰もが予想だにしなかったであろう展開でした。
エルシャドール・シェキナーガと同じように、エルシャドール・ネフィリムと見られるモンスターがインフェルノイド・リリスを纏った様な姿をしています。名前も「リリス」と掛け合わせたものとなっています。
それにしても、「どうせまた暴走するだろう」と予想されていた「トリシューラ」が今回はシャドール化を免れた事からも、つくづく影霊衣は「クリーンな水属性テーマ」だと思わされます(尚、その影霊衣はCROSで厳密には「水属性統一テーマ」では無くなりましたが)。
ただし、このカードの攻守の値はインフェルノイド・リリスではなくトリシューラと同じ値となっています。インフェルノイドには「中に過去のモンスター達が囚われている」という設定がありますが、まさかインフェルノイド・リリスの中に氷結界の龍 トリシューラが囚われているのでしょうか(トリシューラの影霊衣はあくまで「鎧」と言うことで)。

登場するなり瞬く間に環境トップに君臨した【シャドール】…そんなテーマに水属性の融合モンスターが登場しようものなら即刻敵対する立場から紹介してやろうと考えていました。
しかしいざ出てみると、その頃にはもうデュエリストを辞めていたのと超融合が制限カードになっていたのとで、割とどうでもよくなりました(笑
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

初めてコメントします

コストで捨てられたシャドールは効果発動しない…はず<超融合

間違ってたらすみません

No title

コメントありがとうございます。
間違いだったようなので、該当の部分を削除しました。
ご指摘ありがとうございます。

No title

シャドール氷結界を組んで見たら?

No title

コメントありがとうございます。
僕は過去に、ヴェルズの三龍を氷結界と一緒に使おうと思って【ヴェルズ氷結界】というデッキを組んだ事がありました(笑
シャドールは種族面やこのカードの存在から、ヴェルズよりは氷結界と混ぜて使いやすそうですね。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。