スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨星墜つ

2015年4月からのリミットレギュレーションにおいて、瀑征竜-タイダル禁止カードに指定されます。

瀑征竜-タイダル

タイダルだけでなく、四体の最上級の「征竜」全てが禁止カードになります。
ガチデッキやパワーカードに対してあまり良い感情を抱かない傾向のある僕ですが、「征竜」に対しては、ここの記事で書いたような経緯から同情を抱いていました。しかし今回タイダルの禁止は残念に思うのは、「征竜」に対する同情からではなく、水属性を使っており、その中でタイダルを使っていたからです。

LTGYが出てからも僕は色んなタイプの水属性のデッキを組んでいましたが、それらほぼ全てにタイダルを入れていました
【海皇】【水属性フルモンスター】、一番新しく組んだ氷結界デッキである、ランク4エクシーズ中心の【魔法使い軸氷結界】に至るまで、とにかく様々なデッキにタイダルは入っていました。
最近強化された【海皇】デッキを回していた時なんかは、タイダルを引く度に「もはやタイダルは水属性デッキと一心同体だ」と言いたくなる程、非常に頼もしく感じていました
そんな中での禁止化というのは辛いものがあります…。
助けられた事は数知れず。時には墓地を肥やし、時にはアタッカーとしてフィールドに降臨し、また時には海皇の効果の発動に一役買うなど、まさに変幻自在でした。ただ、水属性・ドラゴン族をサーチする効果はあまり使った事が無かったです(笑
ランク7のエクシーズ素材や、墓地に落ちても舞い戻れる点から手札コストとしても活躍していました。

今後、これ以上の性能を誇る水属性が登場する事はもう無いでしょう…。
水属性を使っていた身としては、自身の効果によって比較的容易に展開できる点、それでいて攻撃力2600というそこそこ頼れるアタッカーとして機能する点がとにかく魅力的に映っていました。タイダルがいなくなってからは、展開もアタッカーも、一体誰に頼ればいいんだよ…と言いたいです。
墓地肥やしに関しては、水属性にはジェネクス・ウンディーネという「特上」のものがいるものの、召喚権を使用せずに墓地肥やしを行えるのはあちらには無い利点でした。
また、数少ない「手札から海皇の効果を発動できる」モンスターの内の1体が消えてしまった事にもなります。

タイダルと引き換えにストリームは一気に無制限になって戻って来ましたが…正直、効果無しも同然です。
一応下級征竜の中で最も守備力が高いので壁にはできますが、水属性やドラゴン族にはもっと有用な壁モンスターはいくらでもいます…。
「水属性・ドラゴン族・レベル4」という数少ないステータスを持つモンスターではあるものの、サルベージグリズリーマザー仮面竜などに対応しないという点を踏まえるとパワード・チューナーにすら劣る気がします。
どうせこれらに対応しないのなら、より攻撃力が高い上にロック効果も持っているブリザード・ドラゴンを使った方が良いです。

2年と少しの間、ありがとうタイダル…。
瀑征竜-タイダルには「終身名誉水属性モンスター」の称号を贈ってやりたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タイダル禁止は本当に悲しいです、
ドラゴン族はコストに出来ない様にエラッタされて戻って来てほしいです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。