スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河戦士

※この記事には批判的な内容が含まれています。ご覧になる際にはその点を留意の上でお願いします。


今回紹介するカードは、銀河戦士(ギャラクシー・ソルジャー)です。
PRIOのWP枠で登場した「ギャラクシー」モンスターです。


銀河戦士

銀河戦士
効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2000/守 0
手札の光属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から表側守備表示で特殊召喚する。
このカードが特殊召喚に成功した時、
デッキから「ギャラクシー」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
「銀河戦士」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。



レベル5の「ギャラクシー」モンスター。
名前に「戦士」とありますが、このカードは戦士族ではなく機械族です。よって、蛮族の狂宴LV5などには対応していません。

このカードは、レベル5の上級モンスターでありながら手札の光属性1体を捨てて表側守備表示で特殊召喚できます。
更に、特殊召喚に成功した時に、ギャラクシー1体をサーチできる効果を持っています。
自身の効果で特殊召喚した際にこのサーチ効果を発動すれば、実質1枚分の手札消費だけでこのカードを出せる事になります。
銀河の魔導師をサーチしてから通常召喚し、更に銀河遠征をサーチしたり、銀河眼の光子竜を捨てつつ銀河騎士をサーチしたりと、【ギャラクシー】デッキでは特殊召喚とサーチ効果によってエクシーズに繋げる手段も豊富です。

このカードのサーチ効果は1ターンに1度しか発動できませんが、特殊召喚効果には使用回数の制限はありません。
よって、手札にこのカードと光属性2体があれば、同名カードをサーチする事で複数体展開する事も可能です。
その軽さから、このカードはランク5エクシーズへの起点となり得ます。
【ギャラクシー】デッキでは、このカードの他に上述の銀河の魔導師と銀河遠征との組み合わせ、「フォトン」との混合ではフォトン・スレイヤーも存在するため、特にレベル5を並べやすいです。
ギャラクシー以外の光属性でも、サイバー・ドラゴンやアーティファクトといったレベル5モンスターを場に並べやすいです。
このカードを他の光属性のレベル5モンスターと並べる事で、汎用ランク5エクシーズに加えてセイクリッド・プレアデスのエクシーズ素材に、機械族のレベル5モンスターならばサイバー・ドラゴン・ノヴァのエクシーズ素材にする事もできます。更に前者はセイクリッド・トレミスM7を、後者はサイバー・ドラゴン・インフィニティを上に重ねてエクシーズ召喚する事も可能です。

【ギャラクシー】では、コストパフォーマンスの低さとサーチ効果の優秀さから、主力として活躍できるでしょう。
ギャラクシーを差し引いても、容易に特殊召喚できるレベル5であるという点は、光属性をメインにしたデッキにとっては非常に重宝する効果だと思います。
 


以上の様に高性能なこのカードですが、これと同じ様な効果を持った水属性モンスターが存在します。
それは、水精鱗-ディニクアビスです。
ディニクアビスはこのカードの「水属性・水精鱗」版とも呼べる存在ですが、カードパワーはこのカードには及びません
レベル4以下の水精鱗しかサーチできなかったディニクアビスに対し、このカードはサーチにレベル制限が無く、ギャラクシーなら何でもサーチできます。更に、特筆すべき点として同名カードまでサーチできてしまいます
「サーチ効果は1ターンに1度しか使えないが、特殊召喚効果は1ターン内に発動回数に制限が無い」という点までご丁寧にディニクアビスと一緒です。
このカードの場合は、手札に他に光属性が2体いれば、1ターン内で同名カードをサーチして更にもう1体特殊召喚できるのです。

効果は「水属性」が「光属性」に、「特殊召喚」が「表側守備表示で特殊召喚」に、「レベル4以下の水精鱗」が「ギャラクシー」になっただけとはいえ、このカードとディニクアビスとではレベルが違います。なので、エクシーズ先も当然異なります。
ディニクアビスはビッグ・アイやドラゴサックといった強力は汎用ランク7に加えて、水属性の素材指定のあるガイオアビスがエクシーズ先に存在します。
一方このカードのエクシーズ先のランク5にもヴォルカザウルスやティラスを始め強力なものが揃っており、それに加えて非常に高い制圧力を誇るプレアデス(光属性指定)とサイバー・ドラゴン・インフィニティ(機械族指定のサイバー・ドラゴン・ノヴァ経由)が存在します。
このカードは、それら2体両方の素材になれるのが最大の利点と言っても過言ではありません。
一方でガイオアビスは、ビッグ・アイの強力さや他のランクとの兼ね合い等から「【水精鱗】でも入らない」と言われていました…。
そんなガイオアビスが注目され始めたのが【征竜】デッキで採用されるようになってからで、その征竜の内の1体であるタイダルとディニクアビスの登場から【水精鱗】でも採用されるようになりました。もっとも、そのタイダルは2015年4月から禁止ですが
しかしガイオアビスは上記のプレアデスやサイバー・ドラゴン・インフィニティの様な強力な除去効果は持っておらず、その効果はというと範囲の限られたロック効果と無効効果です。
どちらの効果も効かない相手にはとことん効かず、更に単体では耐性も何も持っていないため、出したとしても1ターンで天に召される事も珍しくありません。
それに比べてプレアデスはフリーチェーンで単体のバウンス除去を行う事ができ、サイバー・ドラゴン・インフィニティに至っては効果の発動を無効にしてくるため、大抵の場合は最低でも2枚のカードを使わないと倒せない程の非常に高い制圧力を誇っています。

そして、僕が一番許せないのは、これだけの差があるにも関わらずディニクアビスは制限カードでこのカードが無制限という点です。
しかもディニクアビスは来日からわずか四ヶ月で制限カードに指定されて今に至る一方で、このカードは登場から一年以上経って強力なエクシーズ先が増えた今もなお無制限のままなのです。
ちなみに、このカードが登場したのはディニクアビスよりも後で、それどころかディニクアビスが制限カードになったのよりも後でした。
このカードは日本のWP枠のカードという事で、ディニクアビスとは逆のパターンで海外で出た際に規制されるんでしょうか?ちなみに海外ではディニクアビスは無制限の様ですが。

このカードとディニクアビスとを比べた場合の、このカードの利点をまとめてみると、

・サーチにレベル制限が無く、ギャラクシーなら何でもサーチできる。特に、同名カードもサーチできる
・強制効果ではなく、それでいてタイミングを逃す事も無く、サーチ効果を発動するかしないかを自由に選べる
・自身の効果以外で特殊召喚した場合にもサーチ効果を発動できる

と、まさに良いこと尽くしです。上記の様な利点から、銀河戦士を3枚挿しておくだけでも「出張要員」として活躍します。
ディニクアビスでやりくりしてる身としては、特に「同名カードもサーチできる」「自身の効果以外で特殊召喚された場合でもサーチ効果を発動できる」という2点については、気が狂ってるとしか思えません
これだけ利点があるにも関わらずこのカードは無制限、ディニクアビスは制限カードなので尚更です。
光属性と水属性のデッキパワーも、光属性・機械族・レベル5と水属性・レベル7の素材指定エクシーズの制圧力も全然違います。
一応ディニクアビスには銀河戦士とは違い、表側攻撃表示でも特殊召喚できるという利点はありますが、上記の銀河戦士の利点と比べるとほんの些細なものでしかありません。

ただでさえプレアデスがいて強力だったのに、更にサイバー・ドラゴン・ノヴァ経由で出せるサイバー・ドラゴン・インフィニティまで登場しました。そしてこのカードはそのサイバー・ドラゴン・ノヴァ及びインフィニティのエクシーズ元として最も注目を浴びています。
そのあまりのパワーカードぶりから、ただでさえこのカードへの不信感が強かった僕は、サイバー・ドラゴン・インフィニティの登場から2015年4月のリミットレギュレーションが明らかになるまでは、「このカードを無制限のまま野放しにしておくならディニクアビスも無制限に、ディニクアビスを制限のままにしたいならこのカードも制限にしろ」と思っていました。
しかし現実は非常なもので、このカードには何の規制もかからずディニクアビスは制限のままでした。【水精鱗】と同時期に活躍していた【炎星】のカードのトウケイは無制限にまで緩和されたと言うのに…。

カードパワーがどう考えても上であるにも関わらずディニクアビスは制限なのに対してこのカードは無制限である事、そしてシャークのデッキの強化がWP枠で来ない一方でカイトのデッキのWP枠として登場した強力カードであるという、全く異なる二つの視点から嫌いなカードです。
これまで「嫌いなカード」と書いたカードはいくつかありましたが、このカードは通常の二倍嫌いと言っても過言ではありません。
機械族にはサイバー・ドラゴン・インフィニティやアポクリフォート・キラーマシンナーズ・フォートレスある意味ではジェネクス・コントローラーなど、どうも好きになれないようなカードはいくつか存在しますが、現在のところ「機械族モンスターの中で最も嫌いなカードは?」と言われて真っ先に思い浮かぶのはこのカードです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。