スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アユの使用カード

コレクターズパック-運命の決闘者編-で、遊戯王ARC-Vでアユが使用した水属性関連のカードがOCG化されるとの事なので、触れてみます。


アクアアクトレス・グッピー

アクアアクトレス・グッピー
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 600/守 600
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札から「アクアアクトレス」モンスター1体を特殊召喚する。


自分メインフェイズ時に1度、手札からアクアアクトレス1体を特殊召喚できる効果を持っています。
対応するモンスターは現状では2体しかいませんが、上級モンスターのアロワナを展開できる他、同名カードを展開する事でランク2のエクシーズ召喚に繋げる事もできます。


アクアアクトレス・アロワナ

アクアアクトレス・アロワナ
効果モンスター
星6/水属性/水族/攻2000/守2000
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「アクアアクトレス」モンスター1体を手札に加える。


こちらは自分メインフェイズ時に1度、アクアアクトレス1体をサーチできる効果を持っています。
上級モンスターなので重いですが、上記のグッピーの効果を使えば手札から特殊召喚できます。
やはり現状ではサーチ先のモンスターは2種類しか存在しませんが、同名カードをサーチする事も可能です。


水舞台

水舞台
永続魔法
(1):自分フィールドの水属性モンスターは、
水属性以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):自分フィールドの「アクアアクトレス」モンスターは
相手モンスターの効果を受けない。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の水族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水族モンスターしか特殊召喚できない。


読み方は「アクアリウム・ステージ」。
(1)の効果は水属性、(2)の効果は「アクアアクトレス」、(3)の効果は水族を指定したサポート効果となっており、アクアアクトレスのモンスターはもちろんこれら全ての恩恵を受ける事ができます。
(2)の効果は自分の水属性を、水属性以外からの戦闘破壊から守る効果。ステータスが低いモンスターを戦闘破壊から守る事ができ、戦線を維持しやすくなるのは嬉しいです。
(3)の効果は、このカードが墓地へ送られた場合に自分の墓地の水族1体を蘇生できる効果です。蘇生できる水族に制約は無く、このカードを除去された場合にアフターケアとして優秀です。
ただし、この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水族モンスターしか特殊召喚できなくなるというデメリットが付きまといます。相手のターンに除去された場合には大して気にはならないかもしれませんが。


水照明

水照明
永続魔法
(1):「水照明」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分の「アクアアクトレス」モンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はダメージ計算時のみ倍になる。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の水族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水族モンスターしか特殊召喚できない。


読み方は「アクアリウム・ライティング」。
こちらは自分の場に1枚しか表側表示で存在できません。おそらく(2)の効果を重複させないための処置でしょう。
(2)の効果はアクアアクトレスの攻守をダメージ計算時のみ倍にする効果で、アクアアクトレスの低ステータスを補う事ができます。
(3)の効果は、上記の水舞台と同じくフィールド上から墓地へ送られた場合に水族1体を蘇生できる効果と、その後水族しか特殊召喚できなくなる制約効果です。


今のところ「アクアアクトレス」は、初のアニメ出身の水属性統一テーマという事になります。
アクアアクトレスのモンスター達はアニメでは魚族だったようですが、OCGでは水族になっています。
この変更は、僕にとってはむしろ嬉しいです。
もしこれらのカードが魚族だったならば、僕には常にシャークへの未練が付きまとっていたと思います。というのも、シャークのカードは「水属性・魚族」がメインですが、アクアアクトレスと同じレベル2とレベル6のモンスターが非常に少なかったのです。
なので、レベルだけでなく種族までサッパリ違うとなれば(シャークの使用カードにも水族や水族に対応するサポートはありますが)、ことこれらのカードに関してはシャークへの未練を断ち切った上で歓迎する事ができます(実は、アニメで出た当時これらのカードについてほとんど取り上げていなかったのも、この「シャークへの未練」が最大の原因でした)。

また、広く対応する水族へのサポート効果が出た事で、S・H・Ark Knightカステルとの差別点が増えた事も嬉しいです。
S・H・Ark Knightをカステルと差別化できる点はいくらかありますが、その中でも特に見えやすい要素の内の1つである種族という差別点があってないようなものだっただけに、対応する水族サポートが出たのは大きな一歩だとおもいます(今は蘇生効果しかありませんが)。
アユのカードに限らず、これを機に(S・H・Ark Knightにも対応するような)水族サポートが増えていってほしいです。

サポートカードの一部の効果が氷結界のモンスターに対応するのも嬉しいです。それに関してはまた後日考察していきたいと思います。
ただ、これで水族(特に湿地草原に対応するもの)とそれ以外のメインデッキの氷結界との格差がますます広がるだろうなぁ…。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

水物語ウラシマも来ましたね。
発動条件が墓地にアクアアクトレスが居るだけで、コストも何も必要も為しに、フェルグラ効果+弱体化ってすごいことが書かれています。

No title

コメントありがとうございます。
水物語は、昨日今日に発売したばかりのピアニッシモと似たような効果だったのでテキストを見た時にデジャヴを感じました(笑
何だかアクアアクトレスの要素があまり無い万能サポートという印象です。

No title

ピアニッシモは自分フィールドのモンスターにしか使えませんけど、水物語は相手フィールドのモンスターに使えるのがポイントですねー。
なんというか、永続魔法2種の盛りっぷりから見ても、モンスター効果は抑えめにして魔法罠で強力にサポートするテーマって感じになりそう。

あとはまあご指摘の通り、アクアアクトレスだけをサポートするカードでは無い、永続魔法も「水属性」「水族」を広範にサポートするモノですし、かなり万能なサポートを持っている印象です(悪い言い方すれば出張力に長けているとも)。
ある意味今後に期待したくもあり、出張が濫用された結果規制された先輩たち(セプスロ、D-HEROなど)の末路を見ると怖くもあります。

No title

コメントありがとうございます。
今の段階では「出張要員」として採用されるかどうかはまだ何とも言えませんね…(汗
水物語は、情報が出ている永続魔法2枚の蘇生効果と妙に相性が悪いのが気になります。まあ墓地にアクアアクトレスが複数体いれば問題ありませんが。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。