スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒船襲来

9月発売のEXP2015にて、海外で先行販売されたカード達が来日します。
その中には、海外で新規登場したテーマの「彼岸」と「U.A.」のカードも含まれています。

私はこれらのテーマと戦った事がありますが、特に彼岸については「アドバンテージ」の概念が狂ってるとしか思えないようなデッキとして強く印象に残っています。
カードがまだ日本では未発売という事もあって具体的な試合の流れはよく覚えていませんでしたが、最後はこちらがサレンダーする事でデュエルの幕を降ろしたのは覚えています。
一年近く前のカードプールでもそれ程脅威に感じたのだから、今現在のカードプールやリミットレギュレーションと結びついたのならば、来日後には環境入りする事は想像に難くありません。

今後デッキを回していたり大会の結果を覗いたりすると、彼岸のデッキを見る事が多くなるでしょう。また、雑誌やネットの情報やカードショップ等を見る度に彼岸のカードパワーの高さに驚かされる事もあるかもしれません。
そんな状況に遭遇する度に、これまでなら彼岸に対してストレスを感じる事じていたかもしれませんが、これからはオリカ作りの為の勉強として割り切ってしまおうと思います。
そして、今の環境クラスや彼岸による環境を経た先にある「氷結界」の強化、更に言えば氷結界による環境に思いを馳せたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

氷結界にも一枚くらい「発動を止めない方が悪い」みたいな
カードがあってもいいんですけどねぇ・・・。

もしくは氷結界Pカードでロックの鬼復活を繰り返すとか・・・

マジェスペクターや幻奏と戦ってると
ザルトムさんに負けないくらいの不の念が湧いてくる時がありますw

No title

コメントありがとうございます。
「止めない方が悪い」という氷結界のカードと言うと、今ならトリシューラが真っ先に思い浮かびます(汗
氷結界にPモンスターが出れば良いんじゃないかという声はたまに見かけますね。
デッキにも相性があるとはいえ、氷結界で最近のテーマと戦うのはやはりキツイでしょうか。不の念だけでなく、氷結界の強化を望む気持ちも高めていきましょう!
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。