スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説のフィッシャーマン三世

今回紹介するカードは、伝説のフィッシャーマン三世です。
原作出身のモンスターである伝説のフィッシャーマンの派生カードで、アニメARC-Vで大漁旗鉄平が使用したカードです。


伝説のフィッシャーマン三世

伝説のフィッシャーマン三世
特殊召喚・効果モンスター
星7/水属性/戦士族/攻2500/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「伝説のフィッシャーマン」1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て除外する。
このターンこのカードは攻撃できない。
(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、
魔法・罠カードの効果を受けない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
除外されている相手のカードを全て墓地に戻し、
このターン、相手が受ける戦闘・効果ダメージは1度だけ倍になる。



通常召喚できず、自分の場の伝説のフィッシャーマン1体をリリースした場合にのみ特殊召喚できる特殊召喚モンスターです。

上記の方法でしか特殊召喚できないものの、特殊召喚した場合には(1)の効果によって相手の場のモンスターを全て除外する事ができます。
相手の場のモンスター全てを、ノーコストで対象を取る事なく全て除外できるこの除去能力は、極めて強力です!
この効果の発動は任意な上に、タイミングを逃す事もありません。
ただし、この効果を使ったターンこのカードは攻撃できないので、除外してからこのカードでダイレクトアタックを叩き込む事はできません。

(2)の効果は戦闘・効果では破壊されず、魔法・罠カードの効果を受けないという圧倒的な耐性効果です。
このカードに通じる効果は、「破壊」以外の方法によるモンスター効果のみです。
該当するモンスター効果を持つものには、メジャーなもので言えば鳥銃士カステルS・H・Ark Knightトリシューラ等が存在し、それらの効果によって除去できますが、逆を取ればそれらのカードの効果でないと除去できません
流石に素材を3つ以上持っているロンゴミアントの様な完璧な耐性ではないものの、それでもちょっとやそっとでは落ちない強力な耐性である事には違いないでしょう。
スキルドレインを使えば相手のモンスター効果を無効にできる上に、このカードの効果は耐性によって無効にされません!

(3)の効果は、1ターンに1度、自分メインフェイズ時に、除外されている相手のカードを全て墓地に戻す事で、相手が受ける戦闘・効果ダメージを1度だけ倍にするというものです。
相手のカードを除外する(1)の効果と連動する様な効果ですが、(1)の効果を使ったターンこのカードは攻撃できなくなるので、他のモンスターの攻撃や効果発動時に効果を使うと良いでしょう。
ただ、除外したカードを全て墓地へ戻す点は、相手にカードの再利用を許し、墓地を肥やしてしまうというリスクがあるので、なるべく相手のライフを削り切るように使いたいです。
効果を使用したターンのアビス・スプラッシュの攻撃時に使用すれば、デメリットを相殺する事ができます。

冒頭でも書いたように、このカードは伝説のフィッシャーマンの派生カードですが、効果面での共通点は見られません。
強いて言えば、(2)の効果がフィッシャーマンの(1)の魔法耐性効果を発展させたもののように感じられますが、「海」が無くても耐性がある上に罠の効果まで受けないという、フィッシャーマンの(1)の耐性効果の完全上位互換になっています。
また、「海」がある場合に攻撃対象にされなくなる一方で壁になれなかったフィッシャーマンに対し、こちらは戦闘破壊耐性付きの壁になります。
ちなみに、アニメ版のテキストではこのカードも「海」がある場合にしか耐性は得られない仕様でした

このカードは、原作で印象的なエピソードこそあったものの、遊戯王OCGで見れば数多くある地味なカードの内の1枚でしかなかった伝説のフィッシャーマンの存在感を大きく上げたカードと見て間違いないでしょう。このカードのためだけにフィッシャーマンによる専用デッキを組む価値もあると思います。
ただその場合、課題となってくるのはフィッシャーマンの元々のスペックの地味さよりもむしろこのカード自身を呼び込む手段の乏しさではないかと思います。
フィッシャーマンは一見地味なステータスながら、魔装戦士 ドラゴディウスの効果でサーチできる利点があります。場に出す手段も、アトランティスの効果でリリースなしでアドバンス召喚できたり、蛮族の狂宴LV5で特殊召喚するといった方法があります。
ところがこのカードには有効なサーチ手段は無く、封印の黄金櫃での時間差のサーチやラヴァルバル・チェインディープ・ダイバーによるデッキトップ操作、おろかな埋葬ジェネクス・ウンディーネスクリーチ絶海の騎士の効果でデッキから墓地へ落としてから戦士の生還でサルベージ、といった汎用的な手段に限られます(これらの手段はもちろんフィッシャーマンにも対応しています)。
また、このカードは強力な耐性を持っているものの、フィッシャーマンは「海」がある場合限定の中途半端な耐性しか持たない為、フィッシャーマンの段階で除去等によって妨害されてしまうと、当然このカードを出す事はできません…。

このカードは、晴天の霹靂で特殊召喚する事も可能です。
(1)の除外効果は強力なので、いざとなればその為に晴天の霹靂を使って出すのもありでしょう。

一時期はOCG化を諦めていたカードでしたが、思いの外強力な除外効果と耐性を携えてのOCG化には本当に驚かされました。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。