スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャッフル・リボーン

今回紹介するカードはシャッフル・リボーンです。
DOCSで登場した通常魔法カードです。


シャッフル・リボーン

シャッフル・リボーン
通常魔法
「シャッフル・リボーン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに除外される。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻してシャッフルし、
その後自分はデッキから1枚ドローする。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を1枚除外する。



(1)の効果は、自分の場にモンスターが存在しない場合に、自分の墓地のモンスター1体を蘇生できる効果です。
蘇生対象や蘇生後の表示形式に制限が無いという極めて貴重な蘇生カードですが、この効果で蘇生したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに除外されるというデメリットが付きます。
攻撃に関しては制限が無いので、アタッカーを蘇生させて殴る事は可能です。特に、デメリットアタッカーはそのデメリットが無効化されるので相性が良いです。
また、除外されてしまうデメリットも、そのターンの内に蘇生したモンスターをシンクロやエクシーズや融合の素材、アドバンス召喚や儀式召喚のリリースやカードの発動コスト等に使用する事で回避できます。
場に素材モンスターを揃える為のカードとしては、優秀な効果だと思います。

(2)の効果は墓地から発動する効果であり、このカードを除外する事で自分の場のカード1枚をデッキに戻し、代わりに1枚ドローできる効果です。
この手の効果を持つカードとしては珍しく、墓地へ送られたターン内にも発動する事ができます。なので、(1)の効果で蘇生したモンスターをこちらの効果でデッキに戻すという運用も可能です。
ただし、「シャッフル・リボーン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できません。また、墓地のこのカードを除外して発動する効果なので、基本的には使い捨てになります。

(1)の効果も(2)の効果も、共にエンドフェイズにカードの除外を要求される点が辛いです。カードの消費量に加えて、除外したカードは基本的に再利用が困難になるので尚更です。
しかし、逆に除外される点を逆手に取ったプレイングを行う事も可能です。例えば、(1)の効果で魚族・海竜族・水族が除外される事で、ウイングトータスの特殊召喚や魔製産卵床の発動のトリガーにする事ができます。
また、(2)の効果を使用した後に手札枚数を0枚にすれば、カードを除外する必要はありません。

シンクロ素材やアドバンス召喚の為のモンスターを確保できる点から、【氷結界】において展開の起点として採用するのもありかもしれません。
(2)の効果を使えばグングニールの効果の発動コストを確保できる上に、手札を全部消費してしまえば上記のように除外のデメリットが発生する事もありません。
単に氷結界のモンスターを蘇生させたいならば、浮上伝道師を経由する事でも可能ですが、こちらは伝道師の分の墓地肥やしを必要とせず、属性やレベルに関係無くどんな氷結界も1枚だけで蘇生できます。
効果が無効になる点や除外のデメリットから、ロックタイプのデッキにはあまり向いておらず、速攻で仕留めるタイプのデッキ向けと言えるでしょう。

カードの消費を気にせず、シンクロやエクシーズを決めてたたみ掛けるタイプのデッキならば、墓地から素材を確保する為の万能蘇生魔法カードとして活用できるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。