スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜騎士ガイア

今回紹介するカードは、竜騎士ガイアです。
原作出身の融合モンスターです。


竜騎士ガイア

竜騎士ガイア
融合モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
「暗黒騎士ガイア」+「カース・オブ・ドラゴン」



記念すべき原作で最初に登場した融合モンスターです。
融合素材は暗黒騎士ガイアカース・オブ・ドラゴンの2体で、ガイアがカース・オブ・ドラゴンに跨ったような姿をしています。
種族はカース・オブ・ドラゴンと同じドラゴン族ですが、属性は暗黒騎士ガイアの地属性とも、カース・オブ・ドラゴンの闇属性とも異なる風属性となっています。

融合素材のモンスターは共に上級の通常モンスターなので、召喚師のスキルによってサーチする事ができます。なので、融合召喚を行う事自体は難しくはないでしょう。
しかし、正規の素材で融合するならば、同じ素材で、このカードと同じ種族でより攻撃力が高く、強力な耐性効果を持った始祖竜ワイアームを出せます…
ただあちらは場に1体しか存在できないので、既に自分の場にワイアームがいる時に融合素材と融合カードが揃っていたならば、こちらを融合召喚する事になるでしょう。
素材がフィールド・墓地にいれば龍の鏡で融合召喚扱いでエクストラデッキから特殊召喚もできます。ワイアームを融合召喚した後に龍の鑑を使ってこのカードも出し、一気にたたみ掛ける為に出すという運用もできます。

このカードは効果なしのモンスターなので、融合召喚を行った後には、融合素材の2体共々ダイガスタ・エメラルの効果で蘇生できるようになります。
他にも、レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンや竜魔人 クィーンドラグーンの効果でも蘇生できます。
効果なしという点から、デモンズ・チェーン一回休みの効果を受けないという利点もあります。
また、このカードには専用サポートとして螺旋槍殺が存在しています。
「螺旋槍殺(スパイラル・シェイバー)」は融合素材である暗黒騎士ガイアの必殺技名であり、暗黒騎士ガイアとそのリメイクカードの疾風の暗黒騎士ガイアにも対応しています。暗黒騎士ガイアと疾風の暗黒騎士ガイアが使用しても、得られるのは貫通効果だけですが、このカードの場合は、戦闘ダメージを与えた場合に天使の施しを小型化したようなドロー効果を受ける事ができます。

DOCSでは「暗黒騎士ガイア」のカテゴリが強化されましたが、このカードは暗黒騎士ではないのでそれらには対応しません…。
また、このカードの融合素材にできるのも、通常モンスターの暗黒騎士ガイアだけです。他の「暗黒騎士ガイア」モンスターは融合素材にはできません。
ガイアをモチーフにしたカードは、「暗黒騎士ガイア」以外にも何体か登場しています。このカードや融合素材が効果なしのモンスターだった影響からか、効果なしやそれに関連したようなものが多いです。
中でも迅雷の騎士ガイアドラグーンは、属性・種族・攻守の値がこのカードと一致しています。またこちらがレベル7であるのに対してあちらはランク7であり、正規の素材でエクシーズ召喚を行う場合にはこのカードをエクシーズ素材にして出す事もできます。
貫通効果を有する点も、上述の螺旋槍殺を意識していると思われます。
イラストのパッと見の印象も近いですが、こちらが竜の上に騎士が跨った姿をしているのに対し、あちらは竜と騎士が一体になった形状になっています。

このカードは原作出身という事は冒頭で触れていますが、主人公の遊戯が使用したカードで、高いステータスを持ったモンスターであるにも関わらず、作中での扱いは悪いです…。
初登場時の羽蛾戦では弱体化させられグレート・モスに返り討ちに遭い、続く闇のプレイヤーキラー戦ではカタパルト・タートルによって射出されています。
アニメオリジナルでは活躍の場はあるものの、最終的には結局返り討ちにあって退場するパターンばかりなので、「扱いが良くなった」かと言われると微妙なところです(汗

このカードは個人的には思い入れが強いカードです。
第一期の頃、Vジャンプに付いていた付録冊子のカタログか何かで初めてこのカードを目にしたのですが、当時、それこそ怒りの海王クラスのカードしか持っていなかった僕にとって、このカードは非常に眩しく感じました
融合素材のモンスターの時点でどちらもステータスが高くキラカードで、更にそれら2体が融合したこのカードは、デザインの格好良さやシークレットレア仕様(ちなみに初めてこのレアリティで収録されたカードでもある)も相まって、僕にとってはまさに雲の上の存在として映っていました。
青眼の白龍を初めて見た時の海馬の様に、「このカードさえ手に入れば…無敵!」とさえ思いながら、そのカタログに載っていたこのカードを眺めていたものでした。
しかし、今となってはこのカードは非常に効率の悪い融合モンスターというのが一般的な印象です。ステータスや効果なしという点が、融合召喚の手間やカード消費と釣り合っているとはとても言い難いです。
今やレベル4の水属性モンスターを2体並べるだけで同じ攻守の値を持ったモンスターを出せたり、ガンターラの様なより高い攻撃力を持ったカードを見ても何とも思わなかったり、それどころかそれらのカードを使うデッキの強化を望んでいる点には、遊戯王OCGも自分もすっかり変わってしまったと思わされます。
このカード自体も、今や簡単に入手できます。以前、第一期のシークレットレア仕様のカードをストレージで発見した事がありましたが、ストレージの中にあるカードにしては嫌に値が張った事と、当時の金銭的な事情から買うのを断念しましたが、今レートを見て買っておけば良かったかなぁと後悔しています…(汗

僕にとっては、初心を思い起こさせてくれる1枚です。
このカードを雲の上の存在だと思っていた当時の自分に思いを馳せて、たまにこのカードや融合素材を3積みした【竜騎士ガイア】デッキとも言うべきデッキを組む事があります。とは言え最近では融合召喚で出てくるのは専らワイアームですが(汗
昔の思いを忘れないためにも、原作での扱いのイメージを払拭させるためにも、活躍させてやりたいカードです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。