スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャークのカードと下位互換

シャークの使用カードには、OCGに出た他のカードの下位互換の様な効果を持ったものがいくつか存在します。
死者蘇生の下位互換の浮上」の様に、強力な禁止・制限級のカードの調整版の様なカードならそんなに気にならないですが、今回は、それ以外のカードの「下位互換」となってしまったカードを紹介してみます。
一応、それぞれのカードの「上位互換」として名前を挙げている各カードの単独記事でも、同じような内容には触れていましたが…。


アクア・ジェット
通常魔法
このターンのエンドフェイズまで水属性モンスター1体の攻撃力を1000ポイントアップする。


アニメ版におけるシャークさんのマジックコンボ
OCG版では強化が永続的になった一方で、対象が魚族・海竜族・水族に変更されているので、一概にアニメ版がOCG版の下位互換であるとは言い切れません。
しかし、後に対象が限定されていない上に攻撃力の上昇値も高い一騎加勢が登場した為、あちらの完全下位互換となりました。もっとも、一騎加勢が出なくとも、対象が限定されておらず強化期間が長い上に守備力も上がるOCG版の破天荒な風の下位互換でしたが。
…ただ、よく見るとこのアニメ版のアクア・ジェットは、相手の場の水属性モンスターも対象にできるかのような記述です。


カスケード・バリア
速攻魔法
自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターはカードの効果では破壊されない。
エンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力は0になる。


次回予告の時点で映っており、ウルトラレア仕様が眩しいカードでしたが、蓋を開けてみれば禁じられた聖衣の下位互換でした。
あちらとは違い対象が自分フィールド上のモンスターに限定されており、対象を取る効果への耐性を付与する事ができず、エンドフェイズまで攻撃力を0にする効果です。
「攻撃力を600ポイントダウンする」と「攻撃力を0にする」の優劣は一概には決められませんが、自分のモンスターにしか対象にできないとなると、後者の方が明らかにデメリットが大きいでしょう。一応攻撃力0に関するサポートを受けられる利点はありますが。
対象を取る効果への耐性についても、効果にチェーン発動しても守る事ができず使い辛いものの、自分にしか対応しないならやはり無いよりはあった方が良いです。
しかも、このカードがアニメに出た頃には既に禁じられた聖衣は登場していました。


セイバー・シャーク
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1600/守1200
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。


なんと、アニメでの初登場の時点で、既にアニメ版のスピア・シャークの下位互換というとてつもないカードでした。アニメ版のスピア・シャークとは、守備力が200低い以外は全く同じ性能だったのです。
OCG準拠で見れば、「セイバー」のサポートを受けられるという違いがありますが、シャークのデッキにはそんなもの入っていないし、そもそもこのカードと「セイバー」との相性もそんなに良くないです。
守備力1400と守備力1200とのラインの違いもそんなに見出せません。
尚、OCG版では貫通効果は無くなり、全く別の効果となりました。


以上です。
これらのカードの境遇は三者三様ですが、いずれも今現在のOCGに(アニメ版の効果の)上位互換が存在するという点で共通しています。
ZEXALのアニメのオリカは、良く言えばシンプルで分かりやすい、悪く言えばありきたりな効果のカードが多かった印象です。
スポンサーサイト

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。