スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜宮のツガイ

今回紹介するカードは、竜宮のツガイです。
DOCSのスーパーレアカードの1枚として登場した、水属性・幻竜族の効果モンスターです。


竜宮のツガイ

竜宮のツガイ
効果モンスター
星6/水属性/幻竜族/攻2000/守1200
「竜宮のツガイ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のモンスター1体を捨てて発動できる。
デッキからレベル4以下の幻竜族モンスター1体を特殊召喚する。



レベル4以下の幻竜族をリクルートできる効果を持っていますが、自身はレベル6の上級モンスターです。
しかも、リクルート効果を使うには手札コストとしてモンスター1体を捨てなければなりません。
リクルート自体は便利ではあるものの、これらの点から、使いやすいモンスターとは言い難いです。
また、「竜宮のツガイ」の効果は1ターンに1度しか使用できないため、手札のモンスターカードが続く限り幻竜族をリクルートし続ける、という運用もできません。

このカードを使うならば、他のカードの効果で特殊召喚して場に出したいです。
このカードは上級モンスターですが、同じくリクルート効果を持った幻竜族である破面竜や邪竜星-ガイザーからリクルートできます。そこから、効果の発動を狙う事ができます。
破面竜やがイザーとは違い、このカードのリクルート効果は破壊などをトリガーとするものではなく、効果を使った後でも自身は場に残ります。なので、幻竜族のチューナーをリクルートすればシンクロ召喚に繋げる事ができます。
レベル1チューナーの光竜星-リフンをリクルートすれば、グングニールをシンクロ召喚する事も可能です。

このカードの名前の由来は、深海魚の一種である「リュウグウノツカイ」と、夫婦を意味する「番い(つがい)」とを掛けたものだと思われます。イラストでは、リュウグウノツカイの様な姿をした番いが描かれています。
リュウグウノツカイと言えば、既にそれをモチーフに含んだモンスターとして、竜宮の白タウナギが登場していました。
ところが、このカードのイラストをよく見ると、その竜宮の白タウナギも描かれています

竜宮の白タウナギ(竜宮のツガイのイラストより)

イラストの右上の方で、物凄い形相でツガイを睨みつけています(笑
竜宮の白タウナギのカードイラストがリアル寄りなタッチで描かれていたのに対し、このカードのツガイはかなり漫画チックなタッチなので、余計に顔の怖さが引き立ちます。
ちなみに竜宮の白タウナギは幻竜族ではないためこのカードの効果ではリクルートできず、幻竜族のこのカードを竜宮の白タウナギと共にシンクロ素材にする事もできません。まさにイラスト通りの構図と言ったところでしょうか。
竜宮の白タウナギと言えば、同じくDOCSのスーレアとして登場したグレイドル・ドラゴンが初のレベル8の水属性シンクロモンスターだったものの、チューナーに水族の素材指定があったが為に、ダブルフィン・シャークの効果で釣り上げてから即座にシンクロ召喚できるモンスターの登場のせっかくのチャンスを逃してしまった事が記憶に新しいです。
ツガイの様子よりも、そちらについて怒るべきではないでしょうか(笑

僕は最近、新しい水属性が出ると聞いて期待しては、詳細を見て「なんだ、幻竜族か…」と落胆気味になる事が多いです(汗
これは自分でも良くない事だと分かっていますが、このカードを初めて見た時もそう感じました。
幻竜族よりも他の種族の方が思い入れが強い事もありますが、幻竜族自体が、登場してからまだ一年少ししか経っていない新しい種族である事もその一因です。しかも、このカードは幻竜族をサポートする効果なので、尚更幻竜族の少なさ、すなわち効果でリクルートできるモンスターの少なが気になってしまいます。
しかし、今後の幻竜族のカードプール次第で、このカードの利用価値も上がるのではないかと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。