スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カイザー・シースネーク

今回紹介するのは、ワイが全財産はたいて手に入れた自慢の強力レアカードや!


カイザー・シースネーク

カイザー・シースネーク
効果モンスター
星8/水属性/海竜族/攻2500/守1000
「カイザー・シースネーク」の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分の手札・墓地から海竜族・レベル8モンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になる。
(3):特殊召喚したこのカードのレベルは4になり、
元々の攻撃力は0になる。



漫画版ZEXALでシャークが使用したモンスターであるカイザー・シースネークです。
2014年5月号開始のVジャンプ一年間定期購読の特典として登場したカードです。

(1)の効果は、サイバー・ドラゴン等と同様の特殊召喚効果です。
これと同じ条件の特殊召喚効果や類似条件の特殊召喚効果を持ったカードはこれまでも何枚か出ていましたが、実は光属性闇属性地属性の3属性に偏っていました
なので、水属性でこの特殊召喚効果を持ったモンスターは、正真正銘これが初です。
レベル8という非常に重い最上級モンスターでありながら、半上級モンスターとして比較的容易に出せるのは嬉しいです。
ただ、同様の特殊召喚効果を持った他のカード達とは違い、「カイザー・シースネーク」のこの方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできないという制約があります。

(2)の効果は(1)の方法で特殊召喚に成功した時に発動でき、自分の手札・墓地から海竜族・レベル8モンスターを選んで特殊召喚するというものです。
(1)の効果の制約から、この効果も実質1ターンに1度しか使用できません。
また、この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力が0になるというデメリットが付いてきます。
この効果を使えば、召喚権を使用せずに一気に2体のモンスターを展開する事が可能です。墓地からの特殊召喚ならば、手札消費も1枚だけで済みます。トレード・インの効果で蘇生対象となる海竜族・レベル8モンスターを墓地へ送りつつ手札交換を行ってから、このカードを(1)の効果で特殊召喚しその墓地へ送ったモンスターを蘇生させる、というのが理想的な流れでしょうか。

(3)の効果は、特殊召喚されたこのカードのレベルは4になり、 元々の攻撃力が0になるというものです。
こちらは自身の効果だけでなくあらゆる効果で特殊召喚された場合に付いてくる効果です。
また、(2)の効果とは違い、0となるのは元々の攻撃力です。こちらでは守備力は0にならない点も含めて、混同しないように気を付けたいです。

見れば見る程、(1)(2)(3)の効果が巧みに絡み合ったカードです。
(1)と(2)の効果は完全に連動しており、(2)の効果で同名カードを特殊召喚すれば、最終的に両方とも(3)の効果によってレベル4となり、ランク4のエクシーズ召喚に繋げられるようになります。
召喚権を消費せずにランク4を展開できるのは嬉しいです。特にこのカードは水属性であるため、バハムート・シャークスノーダスト・ジャイアントといった水属性の素材指定のあるランク4エクシーズモンスターを出す事もできます。

サポート手段もいくつかあり、海皇の竜騎隊の効果でサーチする事ができます。
エクシーズ・ディメンション・スプラッシュでリクルートする事も可能です。この場合、効果は無効化されるのでレベル8として場に出る事になります。
トレード・インに対応する事は上でも触れていますが、(3)の効果の存在からアドバンスドローの発動コストには使い辛いです。どうしても(3)のデメリットが気になるようであれば、禁じられた聖杯などによって無効にするという手も考えられます。
スキルドレインを使って、「サイバー・ドラゴンと同等の特殊召喚効果を持った、レベル8・攻撃力2500のアタッカー」として運用させる事も可能です。

しかし、このカードには悩みもいくつか存在します。
現在のところ、(2)の効果の対象となる海竜族・レベル8モンスターは、同名カードとスパイラルドラゴンわずか2体しか存在しません
海竜族・レベル8モンスターには他にネオダイダロスムーラングレイスウォーター・ドラゴンの3体が存在しますが、それらはいずれも通常召喚できず、自身の効果でのみ特殊召喚可能な特殊召喚モンスターである為、このカードの効果では出す事はできません
同名カード以外も対象にできる釣り上げ効果を持つカードとしては珍しく、(2)の効果で特殊召喚されたモンスターは効果が無効にはなりませんが、そもそもスパイラルドラゴンは通常モンスターなので、大した利点とは言い難いです…。
それに、スパイラルドラゴンを特殊召喚したところで攻守0の状態であり、せっかくの海竜族で最高の元々の攻守の値を何ら活かす事ができません。
このカード自体も(3)の効果によってレベル4になる為、レベルが8のままのスパイラルドラゴンとはエクシーズ召喚を行う事もできません…
以上の点から、スパイラルドラゴンを特殊召喚する場合には、「聖刻」の劣化版みたいな動きにしかならないのが現状です。(ちなみに「聖刻」には、このカードの(1)の効果と同様の特殊召喚効果を持ったトフェニドラゴンまでいます)
やはり現状では同名カードを特殊召喚するのがベストでしょうか。

また、ステータス面でもサルベージで回収できないのが辛いです。墓地へ行った後にも同名カードの(2)の効果によって蘇生させる事はできますが、(1)の効果及びそれに付随する(2)の効果については使い捨てになってしまうと言っても過言ではありません。
もちろん、や儀水鏡の反魂術死者転生冥帝エレボスなど、回収手段が無いという訳ではありませんが。
儀水鏡の反魂術に関しては、このカードを回収しつつ、自分の場にいる水属性モンスターをどかす事でこのカードの(1)の特殊召喚条件の後半部を満たすという使い方ができます。

また、漫画版の使用者であるシャークのデッキとそこまでシナジーが濃くないのも気になります。
シャークはこれまで海竜族モンスターを多く使用してきましたが、それらはいずれもエクシーズモンスターであり、シャークのメインデッキ要員の海竜族はこれが初です。
また、レベル8というのもエンシェント・シャーク ハイパー・メガロドン以来の2体目となります。
(1)の特殊召喚効果及び特殊召喚時の(3)の効果から、(2)の効果を無視したとしてもランク4のエクシーズ素材としては中々優秀ですが、受けられるサポートが少ない点はやはり気になります。

そして、このカードは定期購読の特典カードである為、複数枚集めるのが困難です。

カイザー・シースネーク×3

定期購読のカードという事で出回り難い点に加え、実際の採用率はさておきそこそこ有用な効果を持っている点から、シングル値も高めです。
私は何とか頑張ってシングルのみで3枚集めましたが、本当に骨が折れます。
冒頭の文章は原作のダイナソー竜崎の台詞を引用したものですが、人によっては本当に、小遣いやカードにかけられる範囲内の金額の全財産をはたかなければ手に入れる事はできないでしょう…。
という訳で、現状では複数枚集めてこそ真価を発揮するにも関わらず、入手困難という点こそが、このカードの最大の悩みだと思います。最も確実かつ低リスクな解決策としては、再録を待つ以外にありません(笑

強すぎず弱すぎず、なかなか面白いカードという印象です。特に、召喚権を使わずにレベル4として展開できるのは嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。