スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の恐怖

今回のリミットレギュレーションで、グローアップ・バルブが禁止カードから制限カードへと復帰しています。
現在の環境内でエクシーズに比べてシンクロの勢いが強くない事や、海外では無制限まで緩和されていた事もあって、グローアップ・バルブの復帰を望む声は大きかったですが、僕は反対でした。
その理由は、単なるシンクロ召喚に対する好き嫌いによるものではありません。

現在の環境で猛威を振るっているのは、レベル4を展開してランク4エクシーズを並べ、制圧するタイプのデッキでした。
そして、ランク4主体のデッキにグローアップ・バルブが入るとなると、それらのデッキでも簡単にトリシューラを出せる様になってしまいます
もちろん、シンクロや特殊召喚の制限などのデメリットのあるモンスターは素材にできませんが、今の環境クラスのレベル4にはそういったデメリットが特に存在しないものも少なくありません。
レベル4を展開する為の有力なギミックの一つであった旧神ノーデンは禁止になりましたが、これまで簡易融合とノーデンを入れていたタイプのデッキでは、簡易融合とノーデンの抜けた枠にグローアップ・バルブとトリシューラを入れるだけで、これまでの構築を維持しつつトリシューラが出せるようになるのです
ノーデンをエクストラに入れていないデッキであっても、プトレマイオスを入れているデッキならば、プトレマイオスやそこから重ねる為に採用していたランク5エクシーズの枠にトリシューラを入れる事が可能です。
これまでレベル4を並べてランク4を展開していたやり方で、レベル4を4体並べれば、もうトリシューラを出せる様になります
レベル4モンスター2体でラヴァルバル・チェインをエクシーズ召喚し、その効果でグローアップ・バルブをデッキから墓地へ送り、グローアップ・バルブを自身の効果で蘇生すれば、残った2体のレベル4モンスターとグローアップ・バルブとでトリシューラをシンクロできます。
グローアップ・バルブが手札に来ていた場合でも、チェインの代わりに外神ナイアルラをエクシーズ召喚すれば、その(1)の効果で手札から捨てる事が可能です。
「グローアップ・バルブ」の効果はデュエル中一度しか使用できませんが、シンクロ先となるトリシューラも制限カードなので、ここでは大した問題とはなりません。

前にトリシューラが制限復帰した際にも似たような事を書いていましたが、その時とは訳が違います。
その時はレベル4を並べる運用をしていたのは主にテーマデッキであり、ランク4エクシーズ自体の数や強さも今ほどの勢いはありませんでした。
何よりも、トリシューラを出す為のチューナーとして挙げていたのが、当時デッキへの採用率が1位だったエフェクト・ヴェーラーでした。
エフェクト・ヴェーラーはレベル1のチューナーではあるものの、非常に有用な手札誘発効果を持っているのでどちらかと言うと手札に維持しておきたいタイプのカードであり、手札から場に出すにしても召喚権が必要になるので、当時は「猛威を振るっているレベル4メインのデッキでトリシューラを出せる様になる」と騒いでおきながらも、どこか「理論上出せるようになるだけで、実際に採用されるか、出せる様な状況になったとしてトリシューラを出して来るかはまた別問題ではないか」という思いはありました。
「レベル4を並べるデッキが猛威を振るっている」「レベル1チューナーのエフェクト・ヴェーラーが採用率1位」というところに「トリシューラの復帰」が重なったような状況でした。
しかし今や遊戯王OCGはレベル4を並べるデッキは当たり前、いかにレベル4を並べて、強力なランク4エクシーズを出して制圧するかが重要なゲームと言っても過言では無いような状況と化しています。
そんな中に「変化を求める」「相手とアドバンテージの差をつける」「禁止になったカードの代わりにいれる」「制限復帰したカードを使ってみる」など、どんな理由であれグローアップ・バルブとトリシューラに辿り着く人はどんどん出てくる事でしょう。
これまで、召喚権を一切使わずにトリシューラを出されるという、トリシューラの本場であるはずの【氷結界】ではとても真似できないような芸当を目にした事が幾度となくあり、その度に恐れおののいていたものでしたが、今後はそれが当たり前になってしまう事が予想されます…。

ところで、グローアップ・バルブの「グローアップ(grow up:成長する)」というネーミングは、一度自身の効果以外の手段で場に出してシンクロ召喚をし、その後に自身の効果で蘇生して再びそのシンクロモンスターとシンクロ召喚を行う様子が「場のシンクロモンスターのレベルが1つ上がる(=成長する)」様なイメージなのでそこから来たものと思っていたのですが、実際は違うようですね。(表現が分かり難くてすみません)
正しくは「Glow-Up:睨み付ける」から取られており、「grow up」の要素はアニメ版での効果に見られていたようです。

以上の点から、グローアップ・バルブ復帰は僕にとって、恐れていた事態の一つでした。
トリシューラが今まで以上に簡単に出てくるとなると、【氷結界】ではエフェクト・ヴェーラーやデモンズ・チェーン禁じられた聖杯など、トリシューラに対抗し得るカードの優先度は更に上がるでしょう。
少なくともグローアップ・バルブよりは、これらの方を優先して入れるべきだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。