スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水属性とリミットレギュレーション

2015月10月からのリミットレギュレーションには、数多くの水属性モンスターに動きがありました。
以下、その移動をまとめてみます。


・無制限→禁止
旧神ノーデン

・無制限→制限
深海のディーヴァ影霊衣の術士 シュリット

・制限→準制限
水精鱗-ディニクアビスイビリチュア・ガストクラーケ

・準制限→無制限
E・HERO バブルマン発条空母ゼンマイティ


以上です。
準制限及び無制限になったカードはそれぞれ一段階緩和されている一方で、禁止・制限になったカードについては、無制限から一気に規制されています。
それだけ現環境に及ぼした影響が大きいという事でしょうか。

9期に登場したカードの規制強化が目立つ中、特に目を引くのは深海のディーヴァの規制です。
第6期に登場したチューナーにして、初の海竜族単体のサポート効果を持ったカードでした。
その優秀さから、「いつかは規制されるのではないか」と言われる事がちょくちょくありましたが、遂にその時が来てしまったかという印象を受けます。海外では既に制限カードに指定されていたので尚更です。
これでまた一つ、僕が使っていたデッキが弱体化してしまいました…。新しいテーマを積極的に組むわけでもないのに、ここに来て、結構前に出たカードが規制される事によって自分のデッキが弱体化するというのは何だか不思議な気分です。
今回ディーヴァが規制されたのは、間違いなく【海皇】で活躍していた影響でしょう。
ディーヴァが抜けた穴はあまりにも大きいですが、ネプトアビス等の他のカードに規制が及ばなかったのがせめてもの救いと見るべきでしょうか…。特に、前回準制限に緩和された竜騎隊が再び制限に戻らなかったのはよかったです。

あと個人的に意外だったのは、ディニクアビスが準制限に緩和された事です!
前に「次のリミットレギュレーションでは、ディニクアビスは忘れ去られたまま、竜の渓谷は緩和されるでしょうよ」という風な事を書いていましたが、まさかのその真逆の展開でした(渓谷は緩和されなかったものの、その「相方」とも言える竜の霊廟は緩和されましたが)。
ディーヴァは【水精鱗】デッキでも活躍していたカードだったので、今回の規制は【水精鱗】にとっても痛手だと思われますが、そんな中でディニクアビスが緩和されたのはまさに不幸中の幸いでしょう。
次の改訂では無制限に緩和される事を願いたいです。

緩和された過去のテーマのカードを見てみると、インフレが加速した現在の環境に対してKONAMIが出した答えは「毒を以て毒を制す」だという事は明らかです。
中には、登場してから短期間で規制されていたにも関わらず、今回緩和されたというものも少なくありません(水属性で言えば、ディニクアビスもそうです)。
こんな状況の中で、結構前から多くの水属性デッキで活躍していた深海のディーヴァが規制されるというのは悲しいです…。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。