スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイフーン

今回紹介するカードは、タイフーンです。
EXTRA PACK 2015で登場した罠カードです。


タイフーン

タイフーン
通常罠
相手フィールドに魔法・罠カードが2枚以上存在し、
自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。



今までありそうで無かった、「タイフーン」というカード名のカードです。
これまでサイクロンハリケーントルネードツイスターなど、暴風に関連するカタカナ文字の単語がカード名に使われていたケースはいくつかありましたが、「タイフーン(Typhoon)」という名前は第9期になるまで使われていなかったのです。
ちなみに海外版のサイクロンのカード名には「Typhoon」という単語が含まれていますが。

上で名前を挙げたカード達がいずれも魔法・罠を除去する効果を持っていたように、このカードもまた魔法・罠を除去する効果を持っています。
ただし、上述のカード達とは異なり、このカードは罠カードです。
通常、罠カードは一度魔法・罠ゾーンにセットしてからでないと使用できませんが、このカードは相手の場に魔法・罠カードが2枚以上存在し、 自分の場に魔法・罠カードが存在しない場合限定とはいえ手札からも発動できます
効果自体は場の表側表示の魔法・罠カード1枚を破壊するという、サイクロンの下位互換のツイスターにライフコストが無くなった程度のもの(ただしあちらは速攻魔法)なので、このカードを使うならばやはり手札からも発動できるようになる点を活かすべきでしょう。

罠カードなので、手札から発動する場合でももちろん相手のターン中にも発動する事ができます。
特に、相手の先攻1ターン目の動きを妨害できるのは大きいです。永続系のカードやペンデュラム召喚によって先攻から布陣を整える戦略を使う相手に対しては、メタとして機能するでしょう。
一旦伏せた後に使う場合とは違い、魔法・罠除去にかからずに発動できる点も評価できます。
ただし、相手の場に魔法・罠が2枚以上存在するというのはともかく、自分の場に魔法・罠が存在しない場合という条件がやや足を引っ張るような気がします。
こちらも魔法・罠を出したい場合には、このカードも伏せて使う事は可能ですが、それならばサイクロンの方が明らかに有用です。それならば相手の伏せ除去や場に出した魔法・罠を使い切る事を想定した上で、手札に維持しておく方が良いでしょう。
相手の先攻1ターン目というのが、このカードを手札から発動させるベストなタイミングではないかと思います。

ただ、このカードが海外で先行登場してから来日するまでの間に、同じように手札からも発動でき、表側表示のカードを破壊する効果を持った幽鬼うさぎが登場しました。
しかもあちらは、自分や相手の場の状況に依存せずに効果を発動できる上に、モンスター効果に対しても発動できます
一応こちらには、リビングデッドの呼び声デモンズ・チェーン等のような、発動と同時に表側表示になるタイプの永続系の魔法・罠や、ペンデュラム効果を発動させず単にペンデュラムスケールにセットされたペンデュラムモンスターを潰せるという、あちらには無い利点があります。
しかし、幽鬼うさぎの特定のカードによるサーチやリクルートが効き、発動条件が無く、モンスターカードも潰せるという点は、それを補って余りある程に強力です。
第一、相手が永続系の魔法・罠をいれて入れていなければこのカードは完全に腐ってしまいます
以上の点から、「後攻でも先攻1ターン目の相手の動きを妨害できる」というこのカードのアイデンティティは、来日を待たずして幽鬼うさぎによって損なわれてしまったのでした…。

しかし、ペンデュラムや永続系のカードによって先攻1ターン目に布陣を整えて制圧するタイプのデッキに対しては、それらのカードはどうしても潰しておきたいので、幽鬼うさぎだけでなくこのカードの投入も考えられます。
例えば、2015年10月のリミットレギュレーションで準制限に緩和された六武の門を擁する【六武衆】を相手にした場合、相手の先攻1ターン目に1枚でも門を引かれると完全に試合の流れを持って行かれ、2枚引かれるとアウトです。
そんな時に、幽鬼うさぎと、更にこのカードもあればそれを妨害できる確率は高まります!同じデッキ枚数で、どちらもフル投入していると仮定して、「先攻1ターン目で六武の門(準制限カード)が一枚でも手札に来る確率」と「先攻1ターン目でこのカードか幽鬼うさぎの内どれか一枚でも手札に来る確率」とでは、明らかに後者の方が確率が高いです。
なので、デッキの主力級の永続系の魔法・罠やペンデュラムへの対策として、幽鬼うさぎと共存させる事も考えられます。

そして何と言っても、幽鬼うさぎは現在、入手困難な高額カードです。幽鬼うさぎを複数枚積みたいが、持っていないという人にとっては、その代替カードとして使うのもありなんじゃないかと思います。
…しかし、モンスターを潰せるという一番肝心な部分が無いので、やはり代替とするには厳しいかもしれません(汗

今までありそうで無かったと思っていたシンプルなカード名のカードが実際に出て驚く一方で、活躍の場がごく限られてしまっているのが残念です。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。