スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極星邪狼フェンリル

今回紹介するカードは、極星邪狼フェンリルです。
EP15で登場した「極星」のモンスターです。


極星邪狼フェンリル

極星邪狼フェンリル
特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/獣族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分メインフェイズ2に、フィールドに「極神」モンスターが存在する場合に
手札から相手フィールドに守備表示で特殊召喚できる。
(1):フィールドに「極神」モンスターが存在しない場合にこのカードは破壊される。
(2):自分バトルフェイズ開始時に発動する。
自分フィールドの守備表示モンスターを全て表側攻撃表示にする。
(3):このカードの戦闘で発生する戦闘ダメージはお互いのプレイヤーが受ける。



通常召喚できず、場に「極神」モンスターが存在する場合に手札から相手の場に守備表示で特殊召喚できる特殊召喚モンスターです。
極神が存在するのは自分の場でも相手の場でも構いませんが、このカードを特殊召喚するのは相手の場に限られています。攻守4000という脅威のステータスのモンスターをわざわざ手札から相手に渡すなど、普通に考えれば自殺行為です。

このカードは(1)の効果により、極神が場にいない場合には破壊されてしまいます。特殊召喚だけでなく、維持にも極神が必要となるのです。
よって、このカードを使用するのは自ずと【極星】デッキとなるでしょう。

(2)の効果は、プレイヤーのバトルフェイズ開始時に、プレイヤーの場の守備表示モンスターを全て表側攻撃表示にするという効果です。
テキストにある「自分」というのはこのカードをコントロールしているプレイヤーの事であり、相手の場に特殊召喚されたこのカードがいれば、相手の場の守備表示モンスターが全て表側攻撃表示になります。
このカードと同様の特殊召喚と(1)のデメリット効果を持ち、表側守備表示から表側守備表示になった場合に強烈なバーン効果を発動する極星邪龍ヨルムンガンドと組み合わせるコンボのための効果です。
しかし、相手がバトルフェイズに入らなければこの効果は発動しません…。なので、このコンボを確実に発動させるには相手に強制的にバトルを行わせるカードを入れる必要があります。
もっとも、わざわざこのカードを使わなくとも他にエネミーコントローラー重力解除など、表示形式を変更できるカードなどいくらでもありますが(汗

また、(3)の効果によりこのカードの戦闘で発生する戦闘ダメージはお互いのプレイヤーが受けます。
バーン効果によって相手の方がライフが低い時に、このカードに対して自爆特攻を行えば効果的です。このカードは攻撃力が4000と高いので、お互いに大きな戦闘ダメージを受ける事になります。

一度攻撃表示になったこのカードは強力なアタッカーとしてこちらに牙を剥くので、バーンダメージでフィニッシュできない場合はその為の対策も考えておいた方が良いでしょう。このカードは特に耐性も何もないので各種除去カードが効く他、場の極神をどかせる事で(1)の効果によって自壊させる事もできます。

このカードの元ネタは、北欧神話における巨大な狼の姿をした怪物「フェンリル」です。
フェンリルと言うと、既にそのままの名前を冠したモンスターが存在していました。そう、墓地の水属性2体を除外する事で特殊召喚できるモンスターであり、初の水属性・獣族モンスターでもあったフェンリルです。
同じように既に同じ元ネタが登場していた極星邪龍ヨルムンガンドに対する「ヨルムンガルド」の様な若干の表記ゆれすらなく、そっくりそのまま「フェンリル」です。
その為か、このカードがアニメに出た頃、ネット上でこのカードについて「フェンリルリメイク」という書き方をしている書き込みを何度か目にした事がありました。しかし、水属性を使っている身からすれば、「いくらステータスが高いとはいえ、こんな水属性にとって何の関係も無いカードが、フェンリルのリメイクであってたまるか」という心境でした(笑

ただでさえコンボ前提なカードな上に、そのコンボもこのカードに加えて極神に極星邪龍ヨルムンガンドと、最低でも3枚のカードを必要とします。
単に特殊召喚するだけでは攻守4000のモンスターを相手に無償で与えるに等しく、そもそも場に極神がいなければそれすらもできずに腐ってしまいます…。
メインデッキに入る獣族モンスターの中では高いステータスを持っているものの、非常に扱いにくいカードと言わざるを得ないでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しかも下手なエンタメ勢に極星邪コンボすると野獣先輩に合体しちまうんだよなぁ・・・

No title

そして飛んでくる4000バーン…

No title

コメントありがとうございます。
これら二体はビーストアイズ・ペンデュラムドラゴンの素材にできてしまいますね。実際にこの組み合わせでビーストアイズ・ペンデュラムドラゴンを出されると、色んな意味でエンタメを感じる事でしょう(笑
機会があれば記事内に追記してみようと思います。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。