スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の大僧正

今日紹介するカードは、氷結界の大僧正です。


氷結界の大僧正

氷結界の大僧正
効果モンスター
星6/水属性/魔法使い族/攻1600/守2200
このカードは召喚・反転召喚に成功した時、守備表示になる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の「氷結界」と名のついたモンスターは
魔法・罠カードの効果では破壊されない。



自分の場の氷結界モンスターに、魔法・罠の効果による破壊への耐性を付ける永続効果を持つカードです。もちろん自身も「氷結界」と名がつくため、その恩恵を受けることができます。
破壊効果を持つ魔法・罠カードにはブラック・ホール激流葬奈落の落とし穴ミラーフォース地割れ地砕きダイヤモンド・ダストといったカードが該当し、それらの効果を受けなくなるという点は偉大です。
中でも、水属性最大の天敵である、フリーチェーンの全体破壊効果を持ったダイヤモンド・ダストに耐性を得られるのは、他の水属性テーマには無い大きな利点であり強みです。
破壊耐性を得られるカードには永続魔法の水神の護符があり、あちらは水属性全般に相手のカ-ドの効果による破壊に対する耐性を付与する事ができます。一見あちらの方が範囲が広いと思われますが、このカードには、自分の魔法・罠カードによる破壊に対する耐性を付与できるという、水神の護符には無い特徴があります。
よって、このカードがいる時にブラホや激流葬を発動すれば、相手の場のモンスターだけを全て破壊する事ができます

また、召喚・反転召喚時に守備表示になる効果を持ちます。
これにより、召喚時にやや頼りない攻撃力を晒す心配が無いのは嬉しいところです。守備力がそこそこある点も評価できます(氷結界の中ではライホウに次いで2番目に高い)。
ただ、このカードを召喚する際にはモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚を行わなければならないのがやや辛いです。
また、この守備表示になる効果は、特殊召喚時には発動しない点には気をつけたいところです。
このカードを表側守備表示で場に出す方法としては、伝道師ガンターラの効果による蘇生が手っ取り早いでしょうか。
他にも、ディメンション・マジック氷結界の三方陣で手札から出したり、ブラック・ガーデンの効果でローズ・トークン2体を破壊して墓地から蘇生する事もできます。

破壊効果を持つ魔法・罠カードから自分の氷結界を単に守るだけではなく、このカードの効果はコンボにも使えます。
このカードが場にいれば、リビングデッドの呼び声リミット・リバース等で蘇生した氷結界モンスターは、それらの効果では破壊されなくなります
つまり、これらによる制約から離れる事によって完全蘇生が可能となるのです。
なので、ハーピィの羽根帚サイクロンといった伏せ除去カードが横行している現環境下であっても、このカードが場におり、かつ墓地に氷結界モンスターが存在する状況ならばリビデやリミリバを積極的に伏せていくことができます。逆に、墓地にこのカードが存在する時にリビデをセットする事で、このカード自身の完全蘇生を狙う、或いは魔法・罠による破壊に備えるという戦法も有効です。
これらのケースでは、伏せてあるリビデやリミリバを除去しようとする効果に対してチェーンして発動しても、ちゃんとモンスターを蘇生させる事ができる点が有難いです。
ドゥローレンと組み合わせれば、リビデやリミリバで氷結界を完全蘇生しつつ、それらの蘇生カードを使い回すという戦法が取れます。

弱点は、モンスター効果による破壊に対しては無力だという点でしょう。特に、ブラック・ローズ・ドラゴンの様な全体除去効果を使われると非常に辛いです。
あらかじめ天罰デモンズ・チェーン等、モンスター効果や全体破壊効果などに対抗できる術を用意しておきたいところです。
強制脱出装置精神操作月の書など、破壊以外の方法でこちらのモンスターに影響を及ぼしてくる魔法・罠には無力な点にも気を付けたいです。
また、耐性が強力な分、無効にされると悲惨です。特に、ブラホや激流葬を使おうとした時にエフェクト・ヴェーラーブレイクスルー・スキル等で耐性を無効にされてしまった場合など、目も当てられない事になってしまいます・・・。

御庭番と並べば、「魔法・罠による破壊」に加えて、相手の「対象を取るモンスター効果」への耐性も付ける事ができます。
また、このカードに安全地帯を使えば、かなり強固な壁となります。アドバンス召喚時に、守備表示になる効果にチェーンして発動するのがベストでしょうか。
このカードがいれば、安全地帯の「場を離れた時に、その対象にしていたモンスターが破壊される」というデメリットが無くなる点も見逃せません。

DTストーリー上では、氷結界内部でもトリシューラ解放派に属しており、その中でも実力者の様です。
また、イラストでは傘を深く被っており顔が見えませんが、DTのポリゴンで確認しようとしてもただ真っ黒で顔は見えません(笑

このカードのカード名にある「大僧正」とは、仏教における僧官の頂点に立つ人物との事です。このカードの登場後に出たゲーム作品の英語名でも、「Great Monk」(高僧)という、それっぽい単語が使われていました。
しかし、海外でこのカードの現物が出た際には、カード名は「Dai-sojo of the Ice Barrier」と訳されていました(笑
 

以下、このカードの長所と短所を簡潔にまとめてみます。

長所
・自身を含む氷結界を、魔法・罠による破壊から守る事ができる。
・効果のおかげでリビデ等が無駄になりににくい。また、それらによる完全蘇生も狙える。
・召喚成功時に守備表示になる点が、守備寄りのステータスとマッチしている。

短所
・上級モンスターという事で、手札事故要因になってしまう可能性がある。
・モンスター効果や、破壊以外の手段による除去や妨害に対しては無力。
・攻め向きのカードではない為、攻勢の時には持て余してしまいがち。

耐性効果によってカバーできる範囲は広いですが、同時にカバーしきれない範囲もまた広いので、耐性を過信せずに守りを固めていきたいです。
上級モンスターなのでやや重いものの、【氷結界】の戦線の維持や、「氷結界ならではの動き」をするのには欠かせない1枚だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大僧正、御庭番、守護陣、そして伏せカードとして罠が数枚セットできている状態での安心感はなかなかのものですね
何気に攻撃力1600というのもちょっとした評価点であるように感じます(リビングデッドの呼び声から大僧正を蘇生した際に守護陣がいれば、守護陣の守備力と一致する数値なので攻撃をされづらい)
あと100低ければグリズリーマザーから出せるんだけどな~と思わないこともないですが、今の環境で氷結界デッキにグリズリーマザーを入れる余裕もなかろうということで…

最近はツインツイスターなる強力な魔法罠破壊カードが流行しているだけに、リビングデッドの呼び声による蘇生モンスターの破壊を防げる大僧正の需要が少し高くなったような気がしています
気がしているだけですが…(笑)

盤面の防御布陣がある程度整って攻勢に入る際に、術者をチューナーとして大僧正でグレイドルドラゴンをシンクロ召喚をし攻撃の狼煙を上げる、なんて戦術も最近の氷結界の常套手段になりつつあるのかもしれません
墓地の氷結界増加を狙ってベアトリーチェを召喚する際のエクシーズ素材として活躍ができるという点もちょっとした注目点なのかもしれませんね
もしもこの大僧正が今の時代に作られていたならば、きっとモンスター効果による破壊も防げるようにデザインされているんだろうな~なんてちょっとしたない物ねだりをすることは氷結界使いにはよくあることでしょう(多分)


能力もさることながら、この渋いイラストも個人的に好みだったりします
「後方支援は任せておけ!」といった趣の雰囲気が能力にマッチしているように感じるのは私だけでしょうか

No title

コメントありがとうございます。
前にも書いた事があるかもしれませんが、「1600」というステータスは氷結界では一種のラインになっている気がします。
攻撃力が1600のモンスターは、サポート手段が乏しいのが気になりますね。

リビデを腐りにくくできる点が、【氷結界】でのこのカードの大きなメリットだと思います。リビデ自体も【氷結界】に是非入れておきたいカードですし。

記事では書いていませんでしたが、レベル6という事で、術者と共にレベル8のシンクロ素材にできるのも利点ですね。
特に最近ではグレイドル・ドラゴンが出たので狙う価値は上がったと思います。

大僧正のイラストは僕も結構気に入ってます。身なりが何だか格好いい気がします。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。