スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の交霊師

今回紹介するカードは、氷結界の交霊師です。


氷結界の交霊師

氷結界の交霊師
効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻2200/守1600
相手フィールド上のカードの枚数が、
自分フィールド上より4枚以上多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は1ターンに1度しか魔法・罠カードを発動できない。



相手の場のカードの枚数が自分の場のカードの枚数よりも多い場合に特殊召喚できるカード。ただしその枚数は4枚以上多い場合」と、非常に厳しいです。
特定の条件下で自身を特殊召喚できる効果を持つ。所謂「半上級モンスター」の中でも、これ程厳しい条件のモンスターはそういないでしょう…。
半上級モンスターには珍しいレベル7モンスターではありますが、レベル7の半上級モンスターには、より緩い条件で特殊召喚できる上に攻撃力も高い暗黒騎士ガイアロードが存在します…。
相手の場のカードの枚数が自分の場のカードの枚数より4枚以上多い場合は、まず間違いなくこちらが不利な状態であり、またこのカードを上回る攻撃力を持つモンスターが相手の場にいるケースも多いでしょう。なので、このカードを特殊召喚したとしても、状況を打破できるか可能性は非常に低いです…。後述の永続効果も、不利を覆せるような効果とは言い難いです。
また、相手の伏せカードによって特殊召喚されたこのカードが除去されてしまう(或いは特殊召喚そのものを妨害される)事も十二分に考えられます。
氷結界にとっては貴重な、自身を展開できる効果なだけに、条件が厳しいのは残念です…。また、この特殊召喚効果は、複数体のモンスターを展開する事で真価を発揮する【氷結界】とも折り合いが悪いです。
初期の氷結界には、DTのスピードデュエルを意識したのではないかと思う様なカードが多いですが、このカードについてはOCGよりもスピードデュエルの方が特殊召喚条件を満たし難いです(笑

このカードはレベル7なので、アトランティスを使えばリリース1体でアドバンス召喚する事が可能となります。正直、自身の効果による特殊召喚よりもこの方法の方が場に出しやすい気がします。
他にも伝道師の効果やディメンション・マジックを使えば比較的容易に場に出す事ができます。少なくとも自身の効果での特殊召喚を狙うよりは効率的でしょう。
ただ、このカードと同じ属性・種族には1体のリリースで場に出せる上に高攻撃力で、強力な魔法・罠封じ効果を持つブリザード・プリンセスが存在します…。
また、同じ種族・レベルにはこのカードよりも遥かに容易に特殊召喚できる上に効果、ステータス共に強力な魔導法士 ジュノンも存在します。

このカードのもう一つの効果は、相手の魔法・罠の使用回数を制限する永続効果です。相手プレイヤーは1ターンに1度しか魔法・罠カードを使用できないようになります。
封魔団破術師の効果とは違い、影響が及ぶのは相手だけというのが特徴です。
破術師と並べば、相手の魔法の発動を更に抑制する事ができます。
相手の魔法・罠の使用回数を制限できるとはいえ、相手が使用する1枚がこのカードを除去する、もしくはこのカードの効果を無効にして来るカードだった場合、もちろんその後は相手は魔法・罠を使い放題です。なので、いくら発動を制限したからと言っても魔法・罠への警戒を怠ってはいけません。

このカードと同様の効果を持つモンスターは交霊師の他にも、大将軍 紫炎ナチュル・ローズウィップの2体が存在します。
上でこのカードと破術師を並べる布陣について触れましたが、それらのモンスターと魔封じの芳香を場に出す事でも同様のロックができます。
大将軍 紫炎は、交霊師と同じレベル7で攻守共に交霊師よりも高く、自身の特殊召喚も交霊師よりも遥かに容易です。投入されるデッキが全然違うとはいえ、正直、このカードの上位互換とすら言って差支えないレベルです…。
ナチュル・ローズウィップは、交霊師が出たDT3弾の次の弾であるDT4弾で登場したカードです。そこそこ攻撃力が高い下級モンスターである上にチューナーなので、腐りにくいです。
このカードを使うならば、種族や属性、「氷結界」である事を活かして差別化を図りたいです。

上記の様に特殊召喚条件を満たし難いこのカードですが、近年になって特殊召喚条件を少しだけ満たしやすくなりました。と言うのも、第9期になってから新たにペンデュラムゾーンが登場した事で、カードを置ける場所が2ヶ所増えたのです。
更にペンデュラム召喚による大量展開も合わされば、あっという間に4枚以上のカードが場に出るでしょう。
また、自身の効果によって魔法・罠に加えてペンデュラム効果の発動も制限する事ができます。
以上の点から、ペンデュラム召喚の登場によってこのカードの使い勝手は相対的に向上したと言えるかもしれません。

このカードの使い道として、ランク7のエクシーズ素材という方法も考えられます。
氷結界のレベル7には他にガンターラグングニールが存在し、どちらも主力級のカードです。
現在、ランク7のエクシーズには素材縛りの無いものの他に、魔法使い族の素材指定のある魔導法皇 ハイロンや水属性の素材指定のある水精鱗-ガイオアビスが存在します。
ただ、このカードと同じレベル7・水属性・魔法使い族モンスターには霧の王が存在します。あちらは召喚権を消費してしまうものの、このカードより遥かに場に出しやすいです…。

DTストーリー上の設定では、交霊師は氷結界の龍のみを信仰する「トリシューラ解放派」の中心人物との事です。
氷結界の龍を交信し、"預言"を授かる力を持っているそうです。
なので、氷結界の中でも結構重要なポジションなのだと思われます。レベル7の最上級モンスターだったり、背景にブリューナクが描かれていたりする事からもそれが見て取れます。
尚、マスターガイド3によると、解放したトリシューラに交信するも、その声は届かなかったそうです。
ストーリー内では妙に扱いが悪い気がします…(汗
 

以下、このカードの長所と短所を簡潔にまとめてみます。

長所
・レベル7ながら、自身の効果で特殊召喚できる。
・相手の魔法・罠の発動を制限できる。

短所
・特殊召喚条件があまりにも厳しい。
・最上級モンスターにしてはステータスが貧弱。

同じ属性や種族やレベル、更に同じ「氷結界」にもステータスが高かったり出し易かったりするモンスターがいる為、それらと比べるとどうしても肩身が狭く感じてしまうカードです。
ペンデュラム召喚の登場によって、以前よりは特殊召喚しやすくなったでしょう。ただそれでも、自身の効果での特殊召喚するよりは他の方法で場に出してロック要員として運用させた方が良いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。