スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不運

自分の引きの悪さについての記事を書きます。

クラッシュ・オブ・リベリオン(以下「CORE」の記述)の頃、弟がパック買いで良さそうなキラカードを次々と引き当てていました。
まあ弟の引きの良さはこれまでこのブログでも何回か書いており、「よくある事」とさえ言える自体なのですが、この時には「弟ばかりが良い思いをするのはどうなんだ」という考えに至り、僕もパック買いに手を出してみる事にしました。
すると、それなりのキラカードが当たる当たる。時には弟すらも驚く引きをした事もあり、パック買いをしていく中で、「自分もまだまだ捨てた物じゃないな」という思いすら芽生えてきました。
しかし、当てたキラカードを見せ合っていると、弟が当てたキラカードの中に一枚、どうも見慣れないカードがありました。その時は、弟が当たって僕は一枚も当たっていない「どうせ大したことないカードだろう」と思っていました(というか、思いたかったです)
そのカードこそが、COREの不動のトップレアである竜剣士ラスターPだったのです。
今では竜剣士ラスターPは、僕がCOREで唯一当たっていないカードです。

COREのパック買いで貯まったノーマルカードを整理していると、一か所ナンバーに空きがある事に気付きました。その時は「ノーマルレアも揃ってるというのに、まだ当たってないカードがあるのかな…?」程度に思っていました。
ところがそれから程なくして、弟からメールで「自分がよく当たるカード」として送られてきたカードの中に見慣れない名前のカードがあり、そして愕然としました
そのカードとは、揺れる眼差しでした。揺れる眼差しも、ラスターPと同様に環境の変化と共に需要が上がって来たカードであり、この当時でも「高騰し始めて来たか」という噂は耳にはさんでいました。
安全地帯が高騰し、にも関わらず当たらなかった時に、「レアリティがレアですらも、高額カードは当たらないのか」と嘆いた事はありましたが、この件によって、たとえノーマルであってもピンポイントで当たらないという事が浮き彫りになりました。これ程引きの悪い人間なんて他にいるのかな…。
ラスターPとは違って所有枚数自体は0枚ではないものの、当たったのは言うまでも無くノーマルカードの中で最後でした。ノーマルレアよりも当たり難いノーマルカードなんて、僕の中では前代未聞だぞ…。

そんな訳で私は今後、ラスターPと揺れる眼差しを入れたデッキを組む予定はありません(特にラスターPに至っては、入れる事自体が物理的に完全に不可能です)。
今のところCOREが出て以降に組んだペンデュラムデッキは【ダイナミスト】だけですが、ラスターPも揺れる眼差しも1枚も入れていません。
前に紹介したレシピはNo.73を主役にする事を意識したような内容でしたが、今後いくらペンデュラム色を濃くしたとしても、これらのカードは1枚も入りません。
入るとすれば、再録なり規制なりされて入手しやすくなった時です。

一方、COREでラスターPと揺れる眼差しを順調に引き当てた僕の弟。これまでも引きが良いような事を書いていましたが、そんな弟でも引きが悪かった弾もあります。
それは、LTGYの時とEP14の時です。
LTGYのスーパーレアには、今で言うラスターPみたいな感じで色んなデッキに投入されていた征竜がいました。
当時猛威を振るい、話題になっていた征竜を、僕はレドックス2枚、タイダル1枚、ブラスター1枚を自力で引き当てる事ができたのに対し、弟は1枚も当たりませんでした。
しかしその征竜たちも後にGSでノーマルで再録された上に、今や4体全てが禁止カードです。タイダルが禁止カードになった事によって、僕の水属性デッキほぼ全てが甚大なダメージを被ったのに対し、弟は征竜を入れたデッキを1つも組んでいなかったので、ノーダメージでした。
EP14のトップレアは旧神ノーデンであり、僕はちょうど今のBOSHでのラスターPと同じように最後の1枚になるまで当たりませんでした(もっとも、両者のパックには収録枚数に大幅な差がありますが)。
それでも何とかノーデンを2枚引き当てる事ができました。一方で弟はノーデンを1枚も当てておらず、ランク4をメインとしたデッキも組んでいたので流石にEP14を見かけなくなってからはノーデンを入手できなかった事を後悔していた様子でした。
…が、ノーデンは禁止カード化
これらの弾については、僕の方が弟よりも引きが良かったと言えたのから一転、禁止化(征竜の場合は再録も含む)によって、タイダルやノーデンの為に大金を払っていたのが馬鹿みたいだったとしか言いようが無いような結果となりました・・・。
したがって、弟の「無敗神話」は未だに継続中です。ただパックの引きだけでなく、リミットレギュレーションや使っているテーマに関しても、僕の弟は「天性」とも言える幸運を持っていると思います。

正直、「僕がパックで当たらないカードが当たり」「当たるカードはハズレ」という単純な方程式が成り立っているのではないかとすら感じます。
これは自虐(のつもり)で書いていますが、いっその事このブログを、パック買いや箱買いの結果を記事で紹介する事で、暗に「ここで当たってるカードはハズレですよ」「逆にここで当たって無いカードの中にトップレアがありますよ」という情報を発信する様な方向性にしようか…。
今でもCOREのパックが売られているのを見る度に買おうかどうか悩みますが、ラスターPや揺れる眼差しに関しても、僕がもしCOREのパックを買ったとして当たらなかったらそのまま高騰当たったら再録なり規制なりでレートが下がるんじゃないかと感じます。
征竜やノーデンを当てなかった事で最終的に得した弟の様に、再録なり規制なりで入手しやすくなる事を待つのが賢明でしょうか。そうなってくれるかどうか、我慢比べです。

ここまで悪いようにばかり書いていましたが、僕は必ずしも各弾のトップレアカードを当てられなかったという訳ではありません
ただ、それらのトップレアがいずれも再録・規制によってレートが下がってしまうのです・・・。
前に書いた神竜騎士フェルグラントの様ないずれ再録・規制によってレートが下がる運命にある(元)トップレアを当てるのに運を使い果たした結果、後からトップレアに成り上がる様なカード(言うなれば、真のトップレアカード)は手に出来なくなるという悪循環に陥ってしまっています。
今この記事を読んでいる方が、「昔は収録弾のトップレアカードだったが、今では見る影も無くレートが落ちているカード」と言われると、人それぞれ色んなカードを連想する事でしょう。
もしコメントでそれらのカードの名前を教えて貰えたとして、大抵のカードに対して「はい、持ってました」と返答できるでしょう。更に、複数枚持っていたというのも珍しくありません…。

上記の様な経験から「自分はとにかく引きが悪い人間だ」という風に仕立て上げたい気持ちがある一方で、もし「遊戯王の通常パックに、優良カードが当たり難いような封入率操作はあるか?」と言われれば、私は何の迷いもなく「封入操作はある」と答えます
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

>>いっその事このブログを、パック買いや箱買いの結果を記事で紹介する事で、暗に「ここで当たってるカードはハズレですよ」「逆にここで当たって無いカードの中にトップレアがありますよ」という情報を発信する様な方向性にしようか…。

アンチブログに戻りたいの?
デスブログって言われたいの?
予言者って評価してほしいの?

No title

コメントありがとうございます。
デスブログとありますが、以前このブログで取り上げたテーマがその直後に強化された事がありました(笑
他にも同じように取り上げようと思っていたデッキが強化された事もありました。これから「強化されないもの」として取り上げようと思っているデッキは果たしてどうなるやら…。
もしパック買いや箱買いをしてその引きを紹介するならば、予言というよりは他の方に引きの指標にしていただきたいと思っています。
現状ではその様な路線に変更する予定はありませんが(汗
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。