スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャークデッキの天敵

スパイダー・シャークが登場した事によって強化されたシャークデッキ。
しかし、シャークのカードだけでは突破が極めて困難なモンスターというのも数多く存在します。
この記事では、そんなモンスター達の一部を紹介します。


超重武者ビッグベン-K

超重武者ビッグベン-K
(2)の効果により、3500という圧倒的な数値で攻撃を行ってくる超重武者の効果モンスターです。
守備表示のまま攻撃できる為、S・H・Ark Knightの除去効果も効きません
このカードの情報が出た当時には、「S・H・Ark Knightも効かないなんて、こんなモンスター一筋縄では突破できないぞ!?」と騒がれていたものでしたが、ランク4軸のデッキでは、同じ弾で登場したカステルによって楽に突破できるようになりました。S・H・Ark Knightが、登場からわずか5か月程で下位互換となってしまった背景には、あまりにも強力にしすぎたこのカードが関係しているのではないか、というのは考え過ぎでしょうか。
あと、ARC-Vの第1弾で登場したスーレアのこのカードが出しやすさの割にこんな強力な効果がまかり通っている一方で、ZEXALの第1弾で登場したスーレアのジョーズマンがアニメと比べて大幅な弱体化が施されていたのには怒りすら感じます…。
主な対処法は、効果による除去でしょう。攻撃表示に変更でもさせない限り、戦闘破壊する事はほぼ不可能です。


アーティファクト-デスサイズ

アーティファクト-デスサイズ
(3)の効果として、相手ターンに特殊召喚に成功した場合に、ターン中の相手のエクストラデッキからの特殊召喚を封じる効果を持っています。
シャークのデッキは、エクストラデッキから切り札モンスターを特殊召喚するのが大前提となる戦法の為、この(3)の効果の発動を許してしまうと、そのターン内での攻めは封じられたも同然となってしまいます。
上級モンスターだけあって(水属性の下級モンスターの視点から見れば)嫌にステータスが高く、エクストラデッキのモンスター抜きでは戦闘破壊するのも一苦労です。
シャークのデッキの使用カードには、メインデッキに入るものでもジョーズマンやシャークラーケンエンシェント・シャーク ハイパー・メガロドンといったこのカードを戦闘破壊できる程の攻撃力のモンスターもいますが、それらはいずれも上級である為事故になる事が多く、エクシーズ召喚のレベルとも合わない為、採用される事はまず無いでしょう…。
しかもこの効果は、たとえこのカードが除去されたとしてもターン中まで継続します。それを知らずにこのカードを除去し、いざエクストラデッキからモンスターを特殊召喚しようとしたらできなかった時には、マジで「何?アーティファクト-デスサイズを除去したならエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できるようになるのではないのか!?」という気分に陥りました(笑
主な対処法は、効果の無効化、効果による除去でしょう。ただ、どんな方法で特殊召喚された場合でも(3)の効果は発動されてしまう為、相手の伏せカードに細心の注意を払いたいです。


エルシャドール・ミドラーシュ

エルシャドール・ミドラーシュ
(2)の効果により、このカードが場に存在する限り、1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できなくなってしまいます
エクシーズ召喚を行うために特殊召喚によってモンスターを展開する必要のあるシャークのデッキにとって、この効果はエクシーズ召喚を封じられるに等しい効果です。エクシーズ召喚を封じられたならば、【シャーク】のデッキは単なるヘナヘナモンスター達の寄せ集めと化してしまいます…。
以前「WP枠でシャークのデッキの強化が来るとすれば、どんな効果が良いか?」という話題が出た時に「魚族専用の二重召喚効果を持ったモンスターが出て欲しい」という声をよく見かけた気がするのは、間違いなくこのカードの存在によるところが大きいでしょう。
(1)の効果として、相手のカードの効果で破壊されない耐性効果を持っているので、ブラック・ホール激流葬奈落の落とし穴といった破壊を介する汎用除去カードは効きません
一応シャークラーケンならば最低限の特殊召喚だけで出す事ができ、このカードを殴り倒せますが、上記の理由から必ずしもデッキに入れられるようなカードではありません。
主な対処法は、バウンスや除外、墓地へ送るといった、「破壊」を介さない効果での除去、効果の無効化です。ただ、このカードの(3)の効果を始めとしたシャドールのリカバリー能力の高さや後続の存在から、このカードを1枚除去できたところで、戦況を覆す程の決定打とはなり得ないでしょう…。


始祖竜ワイアーム

始祖竜ワイアーム
(2)の耐性によってモンスター効果は完全に効かず、更に通常モンスター以外との戦闘で破壊されません
この圧倒的な耐性の前では、どんなデッキであっても対抗手段はごく限られて来る事でしょう。
【シャーク】のデッキでこのカードを戦闘破壊できるのは、レインボー・フィッシュを採用したレスキューラビット軸の構築で、尚且つアクア・ジェットでレインボー・フィッシュを強化した時位です。
主な対処法は、魔法・罠カードによる除去もしくは効果の無効化です。


ジャンク・ガードナー

ジャンク・ガードナー
1ターンに1度、フリーチェーンで相手の場のモンスター1体の表示形式を変更できる効果を持ったシンクロモンスター。
1ターンに1度だけとはいえ、攻撃表示モンスターを守備表示に変更されると、それだけで攻めが遅れてしまいます。
攻撃力を変動させる効果を持ったモンスターが多く、「戦闘がウリ」と言っても過言ではない【シャーク】デッキにとっては、モンスターを守備表示にされる事は牙を抜かれたも同然です…。
1ターンに1度という事で、物量によるゴリ押し戦法という対処法も考えられますが、守備力も2600と高く、バハムート・シャークスパイダー・シャークをもってしても戦闘破壊はできません。
当然、守備表示での運用がメインとなる為、S・H・Ark Knightも通用しません。
これまでこのカードをエクストラデッキに入れた相手と対戦した際に、手札に相手のライフを十分に削り切れる程の展開ができるカードが揃っているにも関わらず、相手の場にこのカードが立っているせいで攻めに回れなくなってしまった事は数知れずです…。
主な対処法は、効果による除去や、効果の無効化です。
あと、このカードがフィールド上から墓地へ送られた場合に場のモンスター1体の表示形式を変更できる効果も持っています。たとえ除去できたとしても、こちらの効果によって後続の攻撃まで妨害されてしまいます。
また、こちらの効果は使用者側のモンスターも対象にできます。S・H・Ark Knightの効果でシューティング・クェーサー・ドラゴンを除去できる目前まできた時に相手の場の伏せカードを除去した所、それがリビデでチェーンして発動され、墓地にいたこのカードを指定され、こちらの効果によってシューティング・クェーサー・ドラゴンの表示形式を変更された時には、これまでない程に青ざめました…


以上です。
多くの「天敵」に有効な対処法としては、
強制脱出装置因果切断などの汎用除去カード
禁じられた聖杯デモンズ・チェーンブレイクスルー・スキル等による効果の無効化
が挙げられます。
特に、ここで挙げたカード達は、こちらのターンに妨害する効果を持ったものが多い為、ブレイクスルー・スキルの墓地へ行った後の(2)の効果もよく効きます。
あと変わった所ではアクア・ジェットで強化した上でなら殴り倒せるモンスターも結構います。ただ、それに関しても強化するモンスターにはある程度の元々の攻撃力が要求されます

今後シャークのデッキに大きなテコ入れが来ない限り、これからも「天敵」は増え続けて行く事でしょう。
僕はデッキを組んでみると、自分のやりたい事が先行して汎用の除去カードや無効系のカードが入らなくなってしまう事が多々ありますが、それでは駄目だと、今回のまとめで改めて認識しました。
ここで挙げたカード以外にも多くの強敵に対抗できるようにする為に、汎用カードはなるべく入れるようにしたいです。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

アルティメットファルコン対策に、アクアジェットは完全に必須になりそうですね…そこまでやってもレディネスで躱されそうですが。
ホープライトニングさんで対策する人対策にスプラッシュキャプチャーが決まると愉悦ですが、そもそも墓地を肥やせるかがぐぬぬ

No title

コメントありがとうございます。
記事には書いていなかったですが、アクア・ジェット自体はそれ程優先度が高くないカードというのがまた悩ましいです。
また、ランク4軸の中心となるダブルフィン・シャークやサイレント・アングラークラスのモンスターを強化しても戦闘破壊できる範囲がたかが知れている(この記事内で挙げたモンスター達は全員無理)のが辛いです。
スプラッシュ・キャプチャーは墓地肥やしもそうですが、相手がエクシーズ召喚を行う際に、除去されずに魔法・罠ゾーンに残っているかどうかが大きな課題になりそうです。

No title

こうして苦手なモンスター見てみると構築次第で流せるモンスター多いですね。大部分が強脱で戻した後再召喚待ちになるものばかりなので
ジャンクガードナーは数は少ないもののでるとうざいのと101空ぶる可能性、守備2600って的確にシャークデッキ潰しにかかってるのは全く気づきませんでしたね
これはあくまで一部ですけど今まで氷結界側で天敵で上げてたモンスターもそのまま刺さりそうなのも多いんで他のZEXALキャラデッキよりも苦戦強いられてるんだなあと。なにかしら追加で新規、または相性のいいカードが出ればいいものの追加色々絶望そうなのが何とも言えないですね…
個人的にはこの記事で上げてなかったりする中できついカードが気になるところですね

No title

ジョーズマンの弱体化本当に酷いですねせっかくレベル6最強の
アタッカーになれたかもしれないのに、エクシーズの敵とアニメで
言われてる融合が2枚いますね偶然にも

No title

>VHSさん
コメントありがとございます。
「シャークのカード」という縛りなら、グングニールやトリシューラにの様な万能の除去効果を持ったモンスターがいないので、ある意味氷結界よりも厳しいかもしれません。
どんなデッキにも広く刺さるカードよりも、ジャンク・ガードナーの様にピンポイントで刺さるようなカードにやられる方がショックが大きいかもしれません(笑
もちろん、この記事で取り上げていないカードにも、「天敵」と言えるカードは数多く存在します。いずれ機会があればまた取り上げてみたいと思います。

>ガエンボーⅡ世さん
コメントありがとございます。
出しやすいレベル8の高攻撃力アタッカーは許されて、レベル6のラインと同値で更に攻撃力を上げる効果を持ったアタッカーが許されなかったのには、時代の流れを感じずにはいられません。
融合モンスターをはじめ、色んな種類のモンスターを取り上げようと考えていましたが、ここでは儀式・エクシーズ・ペンデュラムを取り上げていませんでした(汗
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。