スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の虎王ドゥローレン

今回紹介するカードは、氷結界の虎王ドゥローレンです。
現在氷結界のシンクロモンスターの中で唯一、「氷結界の龍」ではないカードです。


氷結界の虎王ドゥローレン

氷結界の虎王ドゥローレン
シンクロ・効果モンスター(準制限カード)
星6/水属性/獣族/攻2000/守1400
チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
カードを任意の枚数選択して持ち主の手札に戻す事ができる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで、
この効果で手札に戻したカードの数×500ポイントアップする。



レベル6の水属性シンクロモンスター。
素材にはチューナー以外のモンスターに水属性の素材指定がある為、水属性の非チューナーを組み込んだデッキで使う事になるでしょう。
水精鱗やリチュアやダイナミスト等の、チューナーが存在しないテーマのデッキであっても、テーマ外からレベルの合ったチューナーを用意する事で、このカードのシンクロ召喚が可能となります。

自分の場の表側表示のカードを任意の枚数バウンスできる効果を持っています。
1ターンに1度だけとはいえ、この効果には発動コストは無く、表側表示のカードならば種類は問わずに何でもバウンスできるので、便利です。
このバウンスから、様々な戦術を取ることができます。
バウンスした枚数毎にこのカードの攻撃力も500ポイントずつ上昇するので、打点を強化する事で攻めにも使えます。
尚、近年の裁定変更により、バウンス効果でこのカード自身を対象に選択する事はできません

この効果と組み合わせるのに最適なのは、やはり永続系の効果を持ったカードでしょう。
ターン数制限のある光の護封剣水神の護符をバウンスして使い回す事で、潰されない限りは永続的に使用する事が可能となります。
術者破術師のような、自分にも効果が及んでしまうロック効果を持つカードをバウンスする事で、それらの影響を一時的に解除するのにも使えます。

このカードについては、準制限にまで仕立て上げたループ戦法に目が行きがちですが、自身が所属するカテゴリである「氷結界」とも相性が良いです。
【氷結界】でこのカードをシンクロ召喚する場合には、「レベル2チューナー(術者水影)+レベル4の水属性」または「レベル3のチューナー(守護陣風水師)+レベル3の水属性」という組み合わせを使う事になるでしょう。
リビングデッドの呼び声リミット・リバースを使ってこれらの素材をフィールド上に揃えてこのカードをシンクロ召喚し、効果で場に残ったこれらの蘇生カードをバウンスすれば、攻撃力を上昇できる上に永続系の蘇生カードを使い回すことができます。
また、このカードは行ってしまった場合でも、特殊召喚条件さえ満たしていれば伝道師の効果で蘇生する事ができます!
リビデやリミリバで伝道師を蘇生させ、その伝道師の効果でドゥローレンを蘇生すれば、上の例と同じように永続系の蘇生カードを使い回すことができます。リビデで直接このカードを蘇生させるのではなく伝道師を経由すれば、このカードが破壊されること無くリビデを回収できるのです。
大僧正が自分の場に並んでいる場合には、このカードは更に本領を発揮します。
大僧正の効果によって自分の場の氷結界は魔法・罠の効果で破壊されなくなります。なので、このカードを直接リビデで蘇生させ、そのリビデをバウンスした場合でもこのカードは破壊されません。
それ以上に、リビデやリミリバ等で氷結界モンスターを蘇生し、これらの永続系の蘇生カードをバウンスする事で、氷結界のモンスターを完全蘇生でき、更に蘇生カードも回収できるのです。そして回収した永続カードをまたセットし、同じ事を繰り返せば、墓地にいる氷結界モンスターをどんどん完全蘇生させていく事ができます!大僧正のおかげで、蘇生するモンスターが激流葬奈落の落とし穴サンダー・ブレイク等で破壊される心配が無くなる点もありがたいです。

このカードの弱点は、基本攻撃力が2000と低めであり、シンクロモンスターとしては頼りない点です。
たいていの上級やシンクロ、エクシーズモンスターには一方的に戦闘破壊されてしまい、少しばかり強化しただけの下級アタッカーにすら殴り倒される恐れがあります…。
そのため、光の護封剣やグラヴィティ・バインドといったロック系のカードによるアシストは欠かせません。
もちろん、術者や守護陣によるロックも有効です。
安全地帯によってこのカードを守るのも有効ですが、(大僧正がいない場合には)バウンスするとこのカードが破壊されてしまう点には注意が必要です。

このカードは、【ガエル】等デッキにおいて、継承の印を使用したループコンボに利用されたため、準制限カードに指定されてしまいました。
それらのコンボに使用されていたカードが軒並み規制された後に一度制限解除されるも、その後に再び準制限カードに指定されてしまい、現在に至ります。ちなみに、その時の改訂では同時に、ループコンボの最大の要因であったフィッシュボーグ-ガンナーも禁止カードに指定されました。
ちなみにシンクロモンスターでは初となる準制限カードです。
今でもこのカードを使った様々なループコンボが開発されている為、僕は常に「いつかこのカードが禁止カードに指定されてしまったらどうしよう」と危惧しています。現に、海外版の改訂では既に制限カードに規制強化されています。
もし禁止になってしまったとしたら、私は地霊神グランソイル等の、ループコンボを形成しているカード達を一生恨むでしょう…。

DTストーリー上の設定では、「氷結界」の山奥に住む聖獣との事です。トリシューラ解放反対派のメンバーは、「氷結界の龍」だけでなくこのドゥローレンも信仰対象としているそうです。
その強力な法力は、束になれば「氷結界の龍」すら抑え込む事が可能(バウンス効果及びそれによる攻撃力上昇効果を反映した設定か)と言われ、龍達が暴走した時の安全装置の役割を担っていましたが、暴走する三体の龍を食い止めるには至りませんでした。

ループコンボのイメージが強く、また【氷結界】でも型によってはあまり使わない事もある為、ピンとくる人はそう多くないかもしれませんが、自身が属するテーマの「氷結界」とは相性が良いです。
伝道師の効果のおかげで比較的容易に蘇生できるようになったので、早い内にシンクロ召喚しておきたいものです。
 

以下、このカードの長所と短所を簡潔にまとめてみます。

長所
・効果により、永続カードを回収し再利用できる。それにより、デメリットを打ち消す事も可能。
・永続系の蘇生カードや伝道師、大僧正と組み合わせる事で氷結界の展開の補助に使える。

短所
・元々の攻撃力が低い。
・バウンスする為のカードや布陣が十分に整っていなければ非力。

総じて、やみくもにカードをバウンスして運用するよりは、他のカードの効果と組み合わせる事で真価を発揮するであると言えます。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

長年使っている、エースカードですね。
最近だと、追走の翼で守ったり、ハストールやグレイドルを魔法罠ゾーンから剥がしたりと、新弾が出るたびに何か絡めれないかと考えられて凄く楽しいですね。
もし、禁止になったらと考えると…

コナミさんはいい加減水属性シンクロと岩石族チューナーを増やすべきだと思う

No title

>さんだーさん
コメントありがとうございます。
色々とできるので水属性デッキの戦力としては申し分ないですね。
でも禁止になってしまった時の事を考えて、僕は【氷結界】以外のデッキでは極力使わないようにしています(汗

>名無しの方
コメントありがとうございます。
岩石族チューナーがいない事は結構知られている気がするのに、水属性のシンクロモンスターが少ない事、魚族のシンクロモンスターがシンクロモンスターがいない事はそんなに言われていない気がします…。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。