スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半上級モンスター

遊戯王OCGには、手軽に特殊召喚できる効果を持ったモンスターが何体か存在します。
それらの内、

・元々のレベルがレベル5以上
・自身の効果で手札から特殊召喚できる
・特殊召喚に際し、フィールド上にのみ特定の条件を要する
・特殊召喚条件に、特定のカードは必要としない
・特殊召喚がノーコストである

という条件に当てはまるモンスターを、属性毎に振り返ってみます。


光属性

サイバー・ドラゴン

サイバー・ドラゴン
この手の「半上級モンスター」の代名詞とも言うべき存在。以下、この記事内でも特殊召喚効果に触れる際にはこのカードを基準としています。
相手の場にモンスターが存在し、自分の場にモンスターが存在しない場合に手札から特殊召喚できます。
専用サポートもあり、属性や種族から、受けられるサポートは非常に多いです。

トゥーン・サイバー・ドラゴン

トゥーン・サイバー・ドラゴン
トゥーン化したサイバー・ドラゴン。(1)の効果は、サイバー・ドラゴンの特殊召喚効果と全く同じです。
融合素材や専用サポートの恩恵を受けたりアタッカーとして運用する事はできませんが、それ以外の運用法ならば「4枚目以降のサイバー・ドラゴン」の様に扱う事が可能です。
また、トゥーンのもくじでサーチできるなど、トゥーンのサポートの恩恵を受けられる利点があります。

聖刻龍-トフェニドラゴン

聖刻龍-トフェニドラゴン
「聖刻」に属するレベル6のドラゴン族モンスター。特殊召喚条件はサイバー・ドラゴンと同じであるものの、種族とレベルが異なるので、運用法も大きく異なるでしょう。
トゥーン・サイバー・ドラゴンと同様に自身の効果で特殊召喚したターンの攻撃制限があり、リリースされた時に発動する効果がある事から、リリース要員としての面が強いです。

太陽風帆船

太陽風帆船
相手の場には影響されず、自分の場にモンスターが存在しない場合に手札から特殊召喚できるという、サイバー・ドラゴンより緩い効果で特殊召喚できるレベル5モンスターです。
ただし、同名カードは場に1体しか存在できません。
自分のスタンバイフェイズ毎にこのカードのレベルを1つ上げる効果も持っていますが、上記の方法で特殊召喚した際には攻守の値が半分になってしまう為、相手のターンを耐えるのは困難でしょう。

太陽の神官

太陽の神官
サイバー・ドラゴンと同様の特殊召喚効果を持った魔法使い族モンスター。
ちなみに、このカードが初登場した頃にはサイバー・ドラゴンは制限カードに指定されていました。その影響かステータスは貧弱ですが、奈落の落とし穴に落ちない利点がある他、魔法使い族という点でサイバー・ドラゴンと差別化を図る事は可能です。
破壊され墓地へ送られた時に特定のカードをサーチできる効果を持っているので、それらのカードを使うデッキにおいて採用する事になるでしょう。


闇属性

バイス・ドラゴン

バイス・ドラゴン
こちらもサイバー・ドラゴンが制限カードだった頃に登場したカード。
サイバー・ドラゴンと同様の特殊召喚効果を持っているものの、この方法で出した際には攻守が半分になってしまう為、アタッカーや壁としては不向きです。
レベルは同じですが属性・種族共にサイバー・ドラゴンとは異なる為、闇属性やドラゴン族である点を活用できるデッキにおいてはあちらよりも優先して入れる事ができます。

魔導ギガサイバー

魔導ギガサイバー
自分の場のモンスターの数が相手の場のモンスターの数より2体以上少ない場合に特殊召喚できるモンスターであり、この中では最古参のカードです。
他のレベル6の半上級モンスターとは、闇属性である点から差別を図りたいです。


地属性

機甲忍者アース

機甲忍者アース
「忍者」に属するモンスターで、サイバー・ドラゴンと全く同じモンスター効果を持っています。
ただしステータスは下級モンスタークラスであり貧弱です。使うにはレベル5・地属性である点や「忍者」サポートを活かすべきでしょう。

先史遺産モアイキャリア

先史遺産モアイキャリア
「先史遺産」に属する半上級モンスターで、相手の場にカードが存在し、自分の場にカードが存在しない場合に手札から特殊召喚できる効果を持っています。
相手側の条件はサイバー・ドラゴンより緩くなっている一方で、自分側の条件は厳しくなっています。

ギラギランサー

ギラギランサー
サイバー・ドラゴンと同じ条件で特殊召喚できる上に、あちらよりも攻撃力が高いレベル6・地属性・戦士族の半上級モンスターです。
場に表側表示で存在する限り、自分はエンドフェイズ毎に500ポイントダメージを受けるという永続効果を持っている、所謂デメリットアタッカーですが、状況によってはこのデメリットは軽いでしょう。更に、エンドフェイズまでにアドバンス召喚やシンクロ召喚・エクシーズ召喚要員等に使えばデメリットを踏み倒す事ができます。

ドドドバスター

ドドドバスター
サイバー・ドラゴンと同様の特殊召喚効果を持っていますが、この方法で特殊召喚した場合にはレベル4になってしまう為、正確には半上級モンスターとは言えません。
アドバンス召喚成功時に墓地のドドドを蘇生できる効果も持っており、そちらを利用する場合にはレベル6として運用できます。
前半の特殊召喚効果を使う際にはレベル4、後半の蘇生効果を使う際にはレベル6として使い分ける事ができるカードです。

Em スティルツ・シューター

Em スティルツ・シューター
「Em」に属するレベル6モンスターで、(1)の効果として、場にモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる効果を持っています。
ただし、この方法で特殊召喚を行ったターンには通常召喚を行えなくなるので、アドバンス召喚のリリース要員や、通常召喚と組み合わせてのシンクロ召喚に使用する事はできません。

暗黒騎士ガイアロード

暗黒騎士ガイアロード
この中でも珍しい、レベル7の半上級モンスター。
レベル7でありながらサイバー・ドラゴンと同じ特殊召喚効果を持っている上にあちらよりも攻撃力が高く、しかも(2)の効果として特定の条件下では更に打点がるというメリット効果まで持っているという、まさに時代の流れを感じさせるカードです。


風属性

こけコッコ

こけコッコ
(1)と(2)で異なる条件で手札から特殊召喚できる効果を持っていますが、これらの効果ではそれぞれレベル3、レベル4として特殊召喚する為、正確には半上級モンスターとは言えません。
自身の効果以外で場に出した場合はレベルはそのままであるため、状況に応じてレベル3とレベル4とレベル5を使い分けられるカードと見る事ができます。

プリミティブ・バタフライ
サイバー・ドラゴンよりも緩い特殊召喚効果を持っている上に、(2)の効果で1ターンに1度、自分メインフェイズに自分フィールドの全ての昆虫族モンスターのレベルを1つ上げる事ができます。自身も昆虫族なので、その対象に含まれます。
つまりこのカードは、実質的にレベル5レベル6とを使い分ける事ができる半上級モンスターなのです。


水属性

氷結界の交霊師

氷結界の交霊師
相手の場のカードの枚数が自分の場のカードの枚数よりも4枚以上多い場合に手札から特殊召喚できます。
数少ないレベル7ではありますが、この中でも条件は特に厳しい気がします。

カイザー・シースネーク

カイザー・シースネーク
この中でも珍しいレベル8のモンスターです。
ただし(1)の効果はサイバー・ドラゴンと同様の特殊召喚効果ですが、特殊召喚時には(3)の効果によってレベル4になってしまう為、正確には半上級モンスターとは言えません。
ここに挙げた他のカード達と比較した場合、(1)の特殊召喚効果が1ターンに1度しか使用できないという大きな違いがあります。また、この効果は(2)の効果と連動しています。


炎属性

超量士レッドレイヤー

超量士レッドレイヤー
(1)の効果として、サイバー・ドラゴンよりも緩い特殊召喚効果を持っています。そこから更に(2)の回収効果に繋げる事もできます。
(2)と(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できませんが、(1)の特殊召喚効果には使用回数制限がありません。


以上です。

この手の特殊召喚効果を持った半上級モンスターは闇属性・光属性・地属性の三属性に偏っているというイメージですが、意外にも全属性に存在していました。
それでもこの三属性の枚数が多く、特に地属性は思いの外多かったです…。
ここでは闇属性は案外少なかった様な気がしますが、条件を緩めたり、下級モンスターも含めたりすれば、もっと数は増えるでしょう。無論、光属性と地属性に関しても同じ事が言えますが。
また、種族としては戦士族や機械族が多い印象を受けます。

まとめてみると、水属性のものに限って一癖多いものが多い様な気がするのは、自分が水属性を贔屓にしている故でしょうか?
ただ、性能抜きにしても、冒頭の条件に該当する水属性にはレベル5の半上級モンスターがいないのが気になります。
「特殊召喚条件に、特定のカードは必要としない」という条件を緩めてみると、一応ダイナミスト・ブラキオンが存在するのですが。

ダイナミスト・ブラキオン

自分のモンスターゾーンに同名カードが存在せず、攻撃力が一番高いモンスターが相手の場に存在する場合に手札から特殊召喚できる効果を持っています。
特殊召喚条件はサイバー・ドラゴンよりも緩いように感じますが、あちらとは違い「自分の場にモンスターが存在せず、相手の場に裏側守備表示モンスターしかいない場合」には特殊召喚できません。
このカードはペンデュラム召喚でも手札から特殊召喚できますが、ペンデュラム召喚を行えない場合などには、展開の起点として活用できるでしょう。

アタッカーやリリース要員、シンクロ・エクシーズ要員として活用えきる半上級モンスター。
デッキによって、属性や種族やレベルの合ったものを選択したいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。