スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルティマヤ・ツィオルキン

今回紹介するカードは、アルティマヤ・ツィオルキンです。


アルティマヤ・ツィオルキン

アルティマヤ・ツィオルキン
シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル5以上で同じレベルの、
チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。
「パワー・ツール」Sモンスターまたは
レベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、
攻撃対象及び、効果の対象にならない。



漫画版遊戯王5D's出身のSモンスター。
カードにはレベルの記載がありませんが、このカードはルール上、レベル12として扱います。
SモンスターでありながらS召喚では出す事ができず、特殊な条件でのみ特殊召喚できます。

このカードは、自分の場のレベル5以上で同じレベルの、 チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できます。
「同じレベルのモンスターが2体揃う」という事で、この条件を満たした状況下ならX召喚を行う事も可能ですが、このカードの特殊召喚にはチューナーと非チューナーをそれぞれ1体ずつ要する為、難易度はX召喚よりも高いです。揃えなければならないのが、レベル5以上の上級モンスターであるという点も、難易度に拍車を掛けています。
なので、このカードを使うとなると専用の構築が必要であり、その上で積極的に特殊召喚を狙っていきたいです。
やはり、聖刻とラブラドライドラゴンと組み合わせたギミックが一番出しやすいでしょうか。他にも、サルベージ・ウォリアーの効果でレベル5のチューナーを特殊召喚するという方法もあります。

(1)の効果は、1ターンに1度、自分の場に魔法・罠カードがセットされた時に発動でき、「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚するという豪快なものです。
普段ならS召喚を要する高レベルのドラゴン族Sモンスターを、魔法・罠をセットするという行動だけでエクストラデッキから直接引っ張ってくる事ができるのです。
呼び出されるモンスターには攻撃制限や効果の無効化や表示形式の指定や自壊などといったデメリットは一切無く、リスクと言えばせいぜい、S召喚で出した訳では無いので一度墓地に送られると蘇生できない点位です。
スターダスト・ドラゴンやレッド・デーモンズ・ドラゴンを出す事で、それらの進化系へと繋げる事もできます。パワー・ツール・ドラゴン経由で、S素材にパワー・ツール・ドラゴンを必要とするライフ・ストリーム・ドラゴンのS召喚に繋げたり、呼び出したレベル7のSモンスター経由してクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンをS召喚する運用もある…と言いたいところですが、このカードの効果では、通常ならば二重にS召喚を行わなければならないこれらのドラゴン族Sモンスターを、直接エクストラデッキから特殊召喚する事も可能なのです。
【氷結界】の天敵であるレッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトや強力な除去効果を持つ月華竜 ブラック・ローズ、強力な耐性とステータスを併せ持った魔王龍 ベエルゼといった高レベルSモンスターを手軽に展開できるその様は、味方にすれば頼もしいでしょうが、敵に回すと本当に恐怖でしかないでしょう…。

このカードは単体では攻守0の弱小モンスターですが、(2)の効果として、他の自分のSモンスターが存在する限り、攻撃対象及び、効果の対象にならないという強固な耐性を持っています。
この耐性は、(1)の効果でSモンスターを呼ぶ事で簡単に得られます。
つまり、呼び出されるSモンスターを先に処理できない限り、このカードには手を出す事もできません。単体でも強力な耐性と攻守を持った魔王龍 ベエルゼと並べば、まさに難攻不落の要塞と化します。
(2)の耐性で自身を守りつつ(1)の効果でSモンスターをジャンジャン展開できれば、一方的な試合の流れを作る事も可能でしょう。
対象を取らない効果でなら除去されますが、ブラック・ホールの様に破壊を介する効果ならば、スターダスト・ドラゴンの効果によって無効にする事が可能です。

水属性においては、(1)の効果グングニールを特殊召喚できます
しかしグングニールを擁する氷結界ではレベルの都合上このカードを出す事は不可能であり、素直にS召喚で出す方が手っ取り早いでしょう(笑
水属性のデッキでこのカードを使うとなれば、やはりサルベージ・ウォリアーの存在が輝くでしょう。サルベージ・ウォリアーの効果でグレイドル・スライムを特殊召喚する事で、水属性同士の組み合わせでこのカードを出す事も可能です。
他にもレミューリアのレベル上昇効果を使うのも手です。例えば、「深海のディーヴァ」「海皇の重装兵」「その他に下級の水属性・海竜族1体」を場に揃え、レミューリアの効果でレベルを上げれば、深海のディーヴァと海皇の重装兵を墓地へ送る事でこのカードを出す事ができます。

このカードの姿は、アニメ版遊戯王5D'sに登場した「赤き竜」に酷似しています。
以前僕が、遊戯王5D'sのシグナーの竜に、6属性の中で水属性だけがいなかった事を嘆いていた頃に、「きっと赤き竜が水属性なんだよ!」とネタで言われる事がありましたが、その赤き竜に酷似したこのカードは実際には闇属性としてOCG化されました。
「これはあくまで漫画版の『アルティマヤ・ツィオルキン』であって、アニメ版の『赤き竜』ではない」と思われる方もいるかもしれませんが、そんな事は最早ただの屁理屈レベルです…。
以前、「赤き竜」繋がりとしてレッド・ドラゴンをネタにした事がありましたが、そのレッド・ドラゴンも、ラブラドライドラゴン等のレベル6チューナーと並べる事でこのカードの特殊召喚に使えるのは嬉しいです(笑
また、漫画版では「究極神 アルティマヤ・ツィオルキン」という名前だったのが、OCG版では「究極神」の肩書きが抜け、単なる「アルティマヤ・ツィオルキン」になっています。
これは、「究極神」込みだと「極神」カテゴリに属してしまう為に、変更されたものと思われます。ちなみに、進化系にあたる究極幻神 アルティミトル・ビシバールキンは、ちゃんとフルネームのままOCG化されています。
このカードの登場以前から、「『神』と名の付く漫画・アニメ出身のカードはOCG化の際に目も当てられない位弱体化する」というネタが囁かれていましたが、このカードに関しては「『神』の文字が抜けたおかげで良調整でOCG化された」と言われたりしています。実際に被害に遭っている身からすれば、笑うに笑えないネタですが…。

個人的な5D'sに対する見方からか実際にやられた事があるからか、この記事を書いている途中に、つい敵対する立場から書いている事に気付きました(汗
そういった表記をなるべく修正はしましたが、ひょっとしたら記事本文中の何処かにその名残があるかもしれません…。
これからも、新たなレベル7・8のドラゴン族Sモンスターや、その派生種が出る度に注目を浴びる事になるカードでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございます。
ご指摘いただいた箇所を修正しました。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。