スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.101 S・H・Ark Knight

今回紹介するカードは、No.101 S・H・Ark Knight(サイレント・オナーズ・アーク・ナイト)です。
遊戯王ZEXAL IIにて、バリアン七皇のリーダーのナッシュが使用した「オーバーハンドレッドナンバーズ」です。


No.101 S・H・Ark Knight

No.101 S・H・Ark Knight
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/水族/攻2100/守1000
レベル4モンスター×2
「No.101 S・H・Ark Knight」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を2つ取り除き、
相手フィールドの特殊召喚された表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。



レベル4モンスター×2という容易な方法でエクシーズできる水属性・ランク4のXモンスターです。ちなみに、アニメZEXAL出身の水属性エクシーズで、レベル4モンスター2体の素材で出せるのはこのカードが初でした。

(1)の効果は、X素材を2つ取り除き、相手の場の特殊召喚された表側攻撃表示モンスター1体を選択し、このカードの下に重ねてX素材とするという単体除去効果です。
この「相手をX素材にする」という除去手段に対しては、表側攻撃表示の特殊召喚されたモンスターはモンスター効果または対象を取る効果に耐性のあるカードで無いと耐える事はできません。
今の環境では切り札級の強力なモンスターは特殊召喚で場に出される事が多く、また多くの場合それらのモンスターは攻撃表示で出されます。なので、この効果の対象となるモンスターに遭遇する機会は極めて多いでしょう。
この除去効果によって相手の場をガラ空きにできれば、そこへ攻撃力2100のダイレクトアタックを叩き込む事ができます。このカードの攻撃力値はランク4として見ると頼りないですが、ダイレクトアタックの値として見ればそれなりでしょう。
また、この効果の発動時に、素材となっている「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時」に発動する効果を持った海皇のモンスターを取り除けば、それらの効果を使用できます!このカードはランク4なので、竜騎隊を素材にしやすいです。
また、レベルを調整するなどして重装兵狙撃兵を素材にし取り除けば、更に相手のカードを除去できます。
「相手をX素材にする」という除去には、そのモンスターが素材となっている限り相手に再利用を許させないという利点があります。
また、アブソルートZeroを、効果を発動させる事なく処理できるという点もポイントです。
ただし、「No.101 S・H・Ark Knight」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できません

そしてあと一つ、(2)の効果としてこのカードが破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができるという耐性効果も持っています。
この効果は、あらゆる破壊に対応するのが利点です。
(1)の効果によってX素材にした相手モンスターを身代わりにする事もでき、それなりの場持ちが期待できます。
基本的に、除去効果を使った場合は1回だけ、使わなかった場合には2回、破壊に耐える事ができます。

悩みは、ステータスが低い点でしょうか。いくら耐性効果があるとはいえ、このステータスでは簡単に戦闘によって素材を減らされていってしまいます…。
また、「素材を2つ取り除いて発動する」という性質上、除去効果を使う前に(X召喚成功時など)に奈落の落とし穴激流葬などのこのカードを破壊する効果を持つカードを使われた場合、耐性効果によってこのカードを維持する事はできますが、素材が減ってしまう為、(1)の効果を発動する事はできません
素材が無くなった場合は、ナンバーズ・オーバーレイ・ブーストで補充するという手もあります。

あと、このカードの効果で吸収できるのは相手の場の「特殊召喚された表側攻撃表示モンスター」だけであり、守備表示のモンスターや、攻撃表示でも特殊召喚以外の方法で場に出されたモンスターは除去できません。
なので、マシュマロンの様な耐性を持つ壁モンスターや、アドバンス召喚などによって召喚された高打点のモンスター等には苦戦を強いられてしまいます…。
かなり強引な手段ですが、守備表示や特殊召喚以外の方法で出されたモンスターにどうしても吸収したいものがいるならば、シャーク・ドレイクで戦闘破壊してから効果によってそのモンスターを表側攻撃表示で蘇生させ、手を出さずに次のメインフェイズ2にこのカードの効果で吸収する、という運用もできない事はないです(笑

このカードには、進化先のCNo.としてCNo.101 S・H・Dark Knightが存在します。
S・H・Dark Knightには、墓地にこのカードがいる時に使える蘇生効果があるため、墓地にこのカードが存在しない場合はこのカードにRUMを使ってS・H・Dark Knight出すと良いでしょう。
このカードはリミテッド・バリアンズ・フォースバリアンズ・フォースヌメロン・フォースクイック・カオスと、4種類のRUMを使ってS・H・Dark Knightにランクアップする事ができます。
また、RUM-七皇の剣でS・H・Dark Knightを出す際には、エクストラデッキまたは(蘇生制限を満たした状態で)墓地にこのカードが必須となります。
ランク4主体のデッキならば一番腐りにくいのはリミテッド・バリアンズ・フォースでしょうが、ランクアップ先の枚数やそれぞれのRUMの特性、追加効果に応じて他のRUMも使い分けると良いでしょう。
また、RUM-アストラル・フォースを使えばS・H・Dark Knightではなく氷結のレディ・ジャスティスにランクアップさせる事が可能です。このカードの(1)の効果では対処できない備表示モンスターを一掃できる効果を持っているので、相性自体は悪くないかもしれません。
もっとも、氷結のレディ・ジャスティスはわざわざアストラル・フォースを使って出さずとも、自身の効果によってS・H・Dark Knightから出す事もできますが…。
S・H・Dark Knightへのランクアップは、効果を使い終わった後のこのカードのアフターケアとして最適です。
また、このカードやS・H・Dark Knightの「相手をX素材にする」除去効果は共に1ターンに1度しか使用できませんが、同一ターン内で、このカードとS・H・Dark Knightの除去効果をそれぞれ1回ずつ使用する事は可能です。

このカードのカード名は、冒頭にも書いた様に「S・H・Ark Knight」と表記して「サイレント・オナーズ・アーク・ナイト」と読みます。「S・H」の部分は「Silent Honors」を略しているのでしょう。
一見意味不明な表記ですが、「S・H・Ark」の部分は繋げるとshark(シャーク)と読む事ができます。
「シャーク」と言えば、このカードの使用者であるナッシュの人間時の姿の神代凌牙の異名です。何とも意味深(?)なネーミングです…。
もちろんこのカードは、シャークのデッキにも問題無く投入する事ができます。むしろ、これまでのエースだったランク4のシャーク・ドレイクよりも間違いなく出しやすいです。
このカードは水属性なので、ダブルフィン・シャークセイバー・シャークの効果を使ったターン内でも出す事ができ、エクシーズ・リモーラの効果で蘇生した魚族も素材にできます。
戦艦の様な外見ながら機械族ではなく水族なので、アクア・ジェットに対応するのも嬉しいところです。
また、このカードのイラストには真ん中のあたりに円形のパーツがあるのが確認できます。イラストでは分かりにくいですが、この中には人型のようなものが収納されています。
アニメでは、この人型が外部へ飛び出し、変形する事でS・H・Dark Knightになるという演出がなされていました。

除去効果と耐性効果を併せ持った、強力なランク4水属性Xモンスターです。
 

…確かに強力な効果を持っており、登場時には大いに注目されていたこのカードでしたが、登場からわずか五ヶ月でその地位を揺るがされる事になってしまいました。
その原因は、鳥銃士カステルの存在です。
カステルはこのカードと同じ素材で出せるランク4エクシーズで、「X素材2つを取り除いて、対策しにくい手段での単体除去を行える」点が共通しています。
いくらこのカードが優秀な除去効果を持っていようとも、特殊召喚されたものでもそうでなくても、攻撃表示でも守備表示でも、更には魔法・罠でも、持ち主を問わずに表側表示のカードなら何でも除去できるカステルの(2)の効果の方が、どう足掻いても除去範囲が広いです
カステルが出て間もない頃の公式のワンプッシュ投票でこのカードとカステルとの対決では、このカードが大差で勝利していましたが、今現在のエクストラデッキの採用率では見事に逆転されています…。
カステルの登場で、「(このカードを警戒して)モンスターを守備表示で特殊召喚する」という戦術の価値が三日天下に終わってしまったのは言うまでもありません…。
しかも、「デッキへバウンス」という除去手段自体も、このカードの「X素材にする」除去より強力と取る事ができます。
共に除去されたカードの再利用を手こずらさせる点が共通していますが、このカードの(1)の効果でX素材にされたモンスターは、このカードが除去されたり(2)の効果を使用すれば墓地へ戻ってきます。
一方で、デッキに戻す方法による除去には、墓地へ行った時に発動する効果のを未然に防ぐ事ができるという利点があります。
また、カステルの効果でデッキバウンスされたカードは再利用自体が困難になります。よほどサーチやリクルート手段に恵まれたカードでも無い限り、X素材にされるよりもデッキに戻される除去の方が効き目は大きいでしょう。
エクストラデッキのカードに対しては、どちらの除去の方が有効にはたらくかはケースバイケースと言ったところでしょうか。

以下、カステルと比較した場合のこのカードとの差別点について羅列してみます。(カステルの(1)の効果に関しては無視するものとする)

通常召喚されたモンスターや守備表示のモンスターを除去できない
・自分の場のカードを対象にできない
除去効果を使った後にも、(2)の身代わり効果が使える
奈落を使われても、(2)の耐性効果によって生き延びる事ができる
攻撃力が100高い。そのため攻撃力2000以上2100未満(X素材があれば攻撃力2100も含む)のモンスターも一方的に戦闘破壊できる
守備力が500低い
進化先としてS・H・Dark Knightが存在し、墓地にいる事でその蘇生条件を満たせる
・水属性のサポートの恩恵を受ける事ができる
水族のサポートの恩恵を受ける事ができる
・「No.」に関するサポートの恩恵を受ける事ができる
攻撃表示のアブソルートZeroを除去した場合、その破壊効果を使わせる事無く除去できる
除去効果の発動にチェーンして幽鬼うさぎの効果を発動された場合、対象にしたモンスターを除去する事も(X素材を2つ取り除いて効果を発動したが為に)(2)の身代わり効果を使う事もできずに破壊されてしまう
ゴールドパックで再録された為、入手が容易

このような感じでしょうか。ここで、このカードの方が有利な点は赤っぽい色で、不利だと思われる点は青っぽい色で色分けしています。
「種族サポートを受けられる」というのを不利としているのは、水族と鳥獣族の種族サポートのクオリティの差が明らかだからです。
水族のサポートはローレベルに関するものがほとんどであり、Xモンスターであるこのカードが恩恵を受けられるものなど、ごく限られています。更に、このカードに対応する目ぼしい水族サポートも、ほとんどが魚族や海竜族と共用となっています。

今後、このカード相性の良い水属性や水族、ナンバーズのサポートが増える事で、カステルとの差別化を図りやすくなって欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カステルと比べると
奈落で落ちない、破壊耐性、墓地に落ちてもセブンスワンの素材になれるなど。バウンスなどの共通の弱点は割愛すると、昨今のサーチ&サーチ&サーチそしてサーチだらけの環境ではデッキに戻すよりもPモンスターすら墓地に置けるこちらのがいいのでは?

No title

コメントありがとうございます。
確かに、「サーチ手段に優れたペンデュラムモンスター」相手ならば、カステルよりもこのカードによる除去効果の方が刺さるかもしれませんね。
あとは相手の手札に幽鬼うさぎが無い事を祈りたいです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。