スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紛らわしい表記

カード名を略称などで呼んだ場合、受け取る人によっては発信する側と別のカードを連想してしまう事があります。
遊戯王はカードプールが多いので、そんな紛らわしい名前のカードが多いです。
例えば、このブログで取り上げた事のあるカードの中では氷結界の舞姫影霊衣の舞姫がそうであり、遊戯王関連の話題の中で単に「舞姫」とのみ記述されていた場合、パッと見ではどちらか分かりません。文脈でどちらかを判断するしかないでしょう。
ちなみに私は「舞姫」と書かれると基本的に氷結界の舞姫の方を連想します。

この他にも、ややこしいと思った表記を何回か目にした事がります。
【紋章獣】のデッキや所属モンスターの話題になっている時、紋章獣の事を略して「紋章」と書かかれているのを目にしましたが、氷結界を使っている身からすると「紋章」と書かれると真っ先に氷結界の紋章を連想してしまいました。
また、ラヴァルのサポートカードである炎熱伝導場の事を略して「伝導」(もしくは誤記で「伝道」)と書かれているのを目にすると、つい氷結界の伝道師を連想してしまいます(汗
どういう訳か、とある場所で偶然にも、これら二つの表記が同時に使われている書き込みを見た記憶があります(笑
「氷結界」の話題でないと分かっていても、これらの単語につい反応してしまうのは我ながら空しいです(笑

そして、最も新しくかつややこしいと思ったのは、
「これでアビスクリスタルを出せる」
という書き込みでした。
水属性を使っている身からすれば、この書き込みを見た時に「アビス」と「クリスタル」というのは、水属性の素材指定のあるランク5の水属性ナンバーズであるアビス・スプラッシュクリスタル・ゼロの2体を真っ先に連想してました。
ところが、実際にはこの書き込み内での「アビス」と「クリスタル」というのはどうやら、二重にシンクロ召喚を行う事で出せるえん魔竜 レッド・デーモン・アビスと、クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンの2体に事だったようです。
これを知った時には、心底「なんじゃそりゃあぁぁぁ!」と思ったものでした(笑
その時話題になっていた(上の書き込みの「これで」の部分で具体的に書かれていたもの)のが水属性ではなかったものの確かレベル5のモンスターだったのも、ややこしさに拍車を掛けていました。

多くの人がそう思い浮かばないようなマイナーなカードでも、使っている身からすると、わずかな単語が出ただけでも真っ先に連想してしまいます。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。