スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリカ作りのモチベーション

私がオリカを考える時、「自分の好きなデッキの為にも、これからバンバンオリカを作り続けてやろう!」と意気込みます。現にこのブログでも、「オリカ」を大きな柱の1つにしようと張り切っていました。
しかし実際のところ、オリカをわずか3枚ほど作っただけで満足してしまいます
未だに拭いきれないオリカや二次創作に対する抵抗も少しはありますが、最大の理由は、その3枚ほどのカードに、自分が「欲しい」と思っている要素を詰め込んでいる為です。
極端な話、ネプトアビスやブレイズ・キャノン・マガジンの様に、3枚どころかたった1枚のカードだけでもデッキを大きく底上げする事は可能です。【氷結界】における伝道師もそうでした。
逆に、氷結界やシャークのデッキがそうだったように、いくら数は多く出ていても、デッキとして戦えるようになるまで随分と時間が掛かってしまうという事もあります。
これらのデッキを使っている身からすると、遊戯王は「量より質」だという事を実感します。
もっとも、私がこれまで考えたオリカも、今見るとパワー不足に感じる事が多いですが(汗

デッキが強化されるかどうかはようするに、製作者側による個々のカード性能に対するさじ加減次第なのでしょう。
真っ当な強化を貰えるテーマは良いですが、そうでないテーマやデッキにとっては、カードパワーがインフレした現在ではそれこそオリカに縋りたく気分です。
私は自分の使っているデッキに足りないものを把握することができるんです。私はKONAMIとは違うんです。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。