スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光と影

最近、シンクロモンスターの素材指定の緩さが顕著です。通常のシンクロモンスターはもちろんの事、シンクロモンスターを素材とするシンクロモンスターにすら、その傾向が表れています。
クリアウィング・シンクロ・ドラゴンの進化系であるクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンは、クリアウィング・シンクロ・ドラゴンを素材に指定しておらず、チューナー以外のSモンスターなら何でも素材にできます
そして、レッド・デーモンズ・ドラゴンの派生シンクロの1体であるレッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラントに至っては、シンクロ素材にレッド・デーモンズ・ドラゴンやチューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスターどころか、Sモンスターにすら指定されていません
進化前のシンクロモンスターの系統やアニメのファンにとっては複雑な心境かもしれませんが、

そんな中で、それらと同じく第9期に出た水属性シンクロモンスターであるグレイドル・ドラゴンにはチューナーに水族の素材指定がありました。何故、よりにもよってこのカードに限って・・・。
特筆すべきは、グレイドル・ドラゴンは遊戯王OCG初にして、現在唯一の水属性・レベル8のシンクロモンスターなのです。この素材指定の為に、「水属性・レベル8シンクロが出たとして、やりたかったと思っていた事」が全てできなかったのは、今思い出しても悔やまれます…。効果は非常に良いと思うだけに、尚更残念です。
それまでにも「水属性のシンクロは数が少ないにも関わらず素材縛りがきついものが多い」と何度か書いてきた事がありましたが、グレイドル・ドラゴンを見て、チューナー以外のモンスターの素材指定などほとんどどうでもよく、チューナーの素材指定こそが、シンクロ召喚の縛りをきつくする元凶だという事を痛感しました。
グレイドル・ドラゴンの情報が出た直後に記事内でその素材指定に関する愚痴を書き、多くの方から批判を受けたものでしたが、それも今となっては良い思い出です。やはり、私にとってもブログにコメントをされる方にとっても、言いたい事はハッキリと言った方が良いですね。

あとどうでもいい事ですが、遊戯王をやっていて、この記事のタイトルにしている「光と闇」という言葉をつい「ライトアンドダークネス」と読みたくなってしまうのは私だけでしょうか(笑
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何でそこでコーラル・ドラゴンはネタにしないのかね
良い情報はすぐ忘れて悪い情報はいつまでも引っ張るんだね

No title

自分としては以前に述べたとおりではありますが、そのカードがどのデッキでも入ってしまうというのはいかがなことかと考えていることもあり素材縛りは良いことだと思っています
ある種、ホープ・ザ・ライトニングがランク4が出せるデッキならどのデッキからも現れるのがいかがなものかと思っているのに近いものでしょうか
水族チューナーを採用しているデッキのアイデンティティともなりえるだけに、どちらかというと汎用シンクロが大勢いることに不服を感じているものでして…(笑)
もしもグレイドルドラゴンにシンクロ素材指定がなかったとして、どこもかしこもグレイドルドラゴンが飛び交う光景になっているとしたら、自分としてはそちらの方が悲しく感じていたものでしょう
トリシューラよろしく、インフェルニティがグレイドルドラゴンを毎ターンシンクロ召喚しようものなら苦々しい顔で見ていることしかできなくなりそうなもので…(笑)
まぁなんにしても、強い弱い・使いやすい使いづらい以前に何もなかった☆8水属性シンクロモンスターに新しく登場してくれたこと自体が大きな進展というところでしょうか

最近は水属性のシンクロ・エクシーズが充実してきているのがうれしいですね
グランパルス、グレイドルドラゴン、スパイダーシャーク、コーラルドラゴン…
特に今回のパックが地属性と炎属性をフィーチャーしたパックのように感じるだけに、近々に風属性とともに水属性をバックアップしてくれるパックの登場を期待してしまいます(特に真竜王アグニマズドVは征竜のように4属性登場するのではないかとひそかに期待しています)

そもそもブリューナクかトリシューラのとき汎用で他のデッキで使われていることに文句言ってたよね

今度は汎用じゃないことに文句を言うのか

No title

>名無しの方
コメントありがとうございます。
瑚之龍については、この次の記事で取り上げています。
この記事で瑚之龍について触れていなかったのは、「もはや素材指定が無くて当然」という風に思っていたからでした。
良い情報はすぐ忘れて悪い情報はいつまでも引っ張るというのは、自分の悪い癖ですね…。良い情報と悪い情報があって、悪い方ばかりを引きずってしまったり、瑚之龍の次に取り上げたカード然り、良い情報が悪い情報に上書きされたりする事もよくあります。

>ゐぬがほゑるさん
コメントありがとうございます。
汎用とまでは行かずとも、せめてチューナーの指定は「水族」ではなく「水属性」だったらぁ…と思います(と言うか汎用よりもそちらの方が良かったです)。
グレイドル・ドラゴンの素材指定に対して不満を書いていたりはしますが、実際にいざグレイドル・ドラゴンを【グレイドル】デッキ等に入れて回してみた際には、そんないざこざは一切吹き飛んで、水属性・レベル8シンクロを使える優越感に浸れたりします(笑
確かに今後、水属性をフィーチャーしたパックが出るかもしれませんね。

>名無しの方
コメントありがとうございます。
この辺の違和感というか矛盾は、自分でもを感じているところではあります。
ブリューナクやトリシューラが出た頃とは環境や心境が変化した事もありますが、これら2体が「自分が応援していたテーマに属していた」というのが大きかったです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。