スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の武士

今回紹介するカードは、氷結界の武士です。
名前は「ぶし」ではなく「もののふ」と読みます。


氷結界の武士

氷結界の武士
効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻1800/守1500
フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが表側守備表示になった時、
このカードを破壊し、デッキからカードを1枚ドローする。



レベル4・戦士族の氷結界モンスター。
このカードの特筆すべき点は、なんといっても下級氷結界の中で最高の攻撃力を持つ点です。
打点不足になりがちな【氷結界】においては、下級アタッカーとしての活躍が期待できます。
とはいえ、攻撃力はライオウ等の攻撃力1900ラインのモンスターには一歩及ばず、それらのモンスターには一方的に戦闘破壊されてしまいます…。
ウォーターワールドアトランティス等で、このカードの攻撃力を底上げすると良いでしょう。
攻撃表示のこのカードと、守備表示の守護陣が並べば、なかなか強固なロックを形成できるでしょう。もちろん、そこからシンクロに繋げることもできます。

効果は、表側攻撃表示から表側守備表示になった時に破壊され、代わりに1枚ドローするというものです。フィールドアドバンテージを損なう代わりに、ハンドアドバンテージを得られます。
この効果を発動すべきかどうかは、フィールドと手札の状況によるでしょう。しかし、複数体並んではじめて効果を発揮するものが多い氷結界にとって、フィールドアドバンテージを損なってしまうというのは痛手です。
エネミーコントローラーなど、表示形式を変更するカードには気をつけたいところです。
ちなみに、裏側守備表示から表側守備表示になった場合や、表側攻撃表示から裏側守備表示になった場合には自壊しません。

モンスターカードは場に出したターンには表示形式を変更できないので、このカードを表側攻撃表示から表側守備表示にする為には、基本的に相手のターンを耐え、次の自分のターンまでこのカードを表側攻撃表示のまま必要があります。
しかし、つまずきレベル制限B地区といったカードの発動下なら、表側攻撃表示で出した直後に守備表示に変更される為、このカードの効果を能動的に発動させる事ができます。
これらのカードの発動下では、このカードと同じレベル・属性・種族の絶海の騎士も能動的に効果を発動できるようになるので、一緒に使ってみるのも面白いかもしれません。

このカードの自壊&ドロー効果を有効に活用する戦法もあります。
ガンターラの効果でこのカードを攻撃表示で蘇生、次の自分のターンにこのカードを守備表示に変更して破壊&1枚ドロー、そのターンのエンドフェイズ時にまたガンターラの効果でこのカードを攻撃表示で蘇生・・・という流れをくり返すことで、手札枚数を稼ぐ事ができます。
ガンターラとこのカードを維持しなければならないので難易度は高いですが(汗

このカードは攻撃力は高いものの、デッキ投入の優先度については、同じレベル4でも氷結界とシナジーのある効果を持つ舞姫軍師に軍配が上がるでしょう。
更に、これら2体の氷結界は共にこのカードと同じレベル4であり、魔法使い族である為アーカナイト・マジシャンのシンクロ素材にする事もできるという、このカードには無い利点があります。
一方このカードは、エクスカリバーやブレード・ハートといった、戦士族の素材指定のあるランク4のエクシーズの素材にする事ができます。
シンクロやエクシーズ先のモンスターの枚数に応じて、これらの下級モンスターの投入枚数も調整すると良いでしょう。

余談ですが、自壊する効果とこのカードの容姿や名称から、このカードの効果は俗に切腹と呼ばれています(笑

下級アタッカーである点や容姿から、個人的には氷結界の中でも気に入りの1枚です。
 

以下、このカードの長所と短所を簡潔にまとめてみます。

長所
・氷結界の下級モンスターの中で最高の攻撃力を持っている。
・状況に応じて、ドローに変える事ができる。

短所
・効果が下級アタッカーである点と合っていない。
・フィールドアドバンテージを失ってしまうにも関わらず、強制効果である。

【氷結界】デッキにおける役割は、やはり下級アタッカーに尽きるでしょう。効果についてはあくまでオマケ程度に割り切って、攻撃力を上げる等してより多くのアタッカーに対処できるようにしたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自壊を防げればアドバンテージエンジンにもなれますが……
如何せん遅いですからねぇ。

No title

コメントありがとうございます。
自分で表示形式を変更する為には、召喚してから1ターンは維持しなければならず、使いたい時にすぐ使える訳ではないというのがやや不便ですね。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。