スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青眼の究極竜

今回紹介するカードは、青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)です。
青眼の白龍が3体融合した姿です。


青眼の究極竜

青眼の究極竜
融合モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3800
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」



効果の無いモンスターカードの中で、最高の攻撃力を誇るカードです。
その分、同名の最上級モンスター3体という、非常に重い融合素材を持ったカードでもあります。
しかし、融合素材の青眼の白龍はサーチやリクルート手段が豊富な為、手札・フィールドに揃えるのはそう難しくないでしょう。
カード名を指定している融合であるため、単に青眼の白龍を3枚揃えるだけでなく、もちろん融合代用モンスターを使う事もできます。沼地の魔神王などの融合代用モンスターは1体しか使えませんが、E・HERO プリズマーの様なカード名を変更できるカードを融合に絡める事も可能です。
フィールド上だけでなく墓地の融合素材も利用できる龍の鏡で融合召喚するのも有効です。

古くは、相手の場を一掃した後にデビル・フランケンの効果によってこのカードを場に出し、巨大化を装備させる事で攻撃力を9000にした上で、ダイレクトアタックでワンキルを狙うという戦術に用いられていました。
一応この戦法は今でも使用可能ですが、カードプールの増加に伴って対抗策や妨害手段は増えています。

ドラゴン族の融合モンスターには、よりステータスの高いF・G・Dが存在します。素材数は5体とこのカードよりも多いものの、素材は「ドラゴン族モンスター」とこのカードよりも緩く、もちろん青眼の白龍を素材とする事もできます。
しかしあちらのは蘇生制限があるため、一度墓地へ行った後も蘇生できる点ではこちらが勝っています。

F・G・D以外にもこのカードのライバルは多いです。
青眼の双爆裂龍は、青眼の白龍2体の融合で出す事ができるので、このカードよりも軽いです。しかも、融合を必要とせず、自分の場の青眼の白龍2体を墓地へ送ってエクストラデッキから特殊召喚する事もできます。
ステータスこそ青眼の白龍と変わらないものの、強力なモンスター効果を3つも持っています。
また、同じくドラゴン族の融合モンスターであり、通常モンスター×2という非常に緩い融合素材を持った始祖竜ワイアームも、青眼の白龍2体の融合で出す事が可能です。あちらはステータスこそ青眼の白龍より低いものの、強力な耐性効果を持っています。

そして、何よりも大きな壁は、名実共にこのカードのリメイク版である真青眼の究極竜の存在です。
属性・種族・レベル・攻撃力・守備力・融合素材が完全に一致しており、「ブルーアイズ」カテゴリに属する点まで同じです。それでいてあちらは、ゲームエンドまで持って行ける強大なモンスター効果を兼ね備えています。
単体で運用するならば、明らかにあちらの方に軍配が上がるでしょう…。一応、同名カードや青眼の双爆裂龍を入れても尚、あちらの(1)の効果の為にエクストラデッキから墓地へ送る要員が足りない時には投入を検討できますが、エクストラデッキの枠的にも状況的にも、その様なケースはまず起こり得ないでしょう(汗

このカードの、あちらには無い利点を挙げると…

青眼の光龍の特殊召喚の為の生け贄(現:リリース)に必要
究極竜騎士の融合素材になる
・融合召喚した場合、専用サポートのアルティメット・バーストを使用できる
・ダイガスタ・エメラルの効果によって蘇生できる
絶対魔法禁止区域によって耐性を付加する事ができる
デモンズ・チェーン一回休みが効かない

といった点が挙げられます。
ただしこの中でも究極竜騎士に関しては、このカードを経由せず、ほぼ間違いなくカオス・ソルジャーと融合代用モンスターとの融合で出されるでしょう…。
このカードと真青眼の究極竜との差別化を図るならば、上で挙げた様な特定のカードを積極的に採用する必要があるでしょう。

余談ですが、他のブルーアイズの関連カードの多くがカード名に「龍」という漢字が使われている中、このカードは「竜」の漢字が使われています。カード名を口で宣言する時には何ら問題はありませんが、間違えないようにしたいです。
かと思いきや、特殊召喚にこのカードが必要となるブルーアイズ・シャイニングドラゴンは「龍」だったり、融合先のマスター・オブ・ドラゴンナイトは「竜」だったりするので余計にややこしいです。
遊戯王OCGでは、このカードと同じ「竜」の文字が使われているケースの方が多い気がします(氷結界のをはじめ、私にとって関わりの深いカードに限ってそうでもないような気もしますが)。

過去にこのブログで取り上げた事のある竜騎士ガイア女剣士カナンなど、遊戯王OCGが出て間もない頃にVジャンプの記事内で見て「雲の上の強力カード」として印象に残ったカードはいくつかありますが、その中でも特に強くインパクトを感じたのは、他ならぬこのカードでした。
このカードの初出はGBソフトの大会の優勝特典であり、当時の私はおそらくその記事内でこのカードを見たのだと思います。
大会の優勝景品というハードルの高さもさることながら、当時の、それこそ怒りの海王クラスのカードしか持っていなかった私には、このカードに書かれた攻撃力値、守備力値、そしてレベルを表す星の数に至るまで、あらゆるものについて、見ているだけで目が回りそうになったのを覚えています。更に極め付けには、「最強のモンスター」である青眼の白龍3体を融合素材とする贅沢さです。
まさに強靭・無敵・最強という原作にあったイメージそのままに、このカードは私の脳裏に強く焼き付いていました。
そんな訳で、上記の様に強力なライバルは多いものの、今なお気に入っているカードです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ある意味遊戯王の顔と言っていいモンスターですからねぇ。
そのくせアメリカじゃあ長くプリントされず、出たら出たで大した使い道も無いくせに$15と妙に高いカードだったと覚えている……
というか今でも$5は下らないので人気はまだあるんだな……

No title

コメントありがとうございます。
このカードはアメリカ版での登場は遅かったんですね…。遊戯王の代表的なカードなのに意外です。
日本では数年に1回位のペースで再録されているイメージがあります。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。