スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディメンション・ガーディアン

今回紹介するカードは、ディメンション・ガーディアンです。
Yu-Gi-Oh! THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した永続罠カードです。


ディメンション・ガーディアン

ディメンション・ガーディアン
永続罠
自分フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
そのモンスターは戦闘・効果では破壊されない。
そのモンスターがフィールドから離れた場合にこのカードは破壊される。



自分の場の表側攻撃表示モンスター1体に、戦闘及び効果による破壊耐性を付加する永続罠カードです。
氷結界のモンスターに使用すれば場持ちが良くなる為、安全にロックやシンクロ、エクシーズ、アドバンス召喚に繋げる事ができます。
ただし、使用したモンスターをシンクロ素材やアドバンス召喚のリリースにすると、そのモンスターが場を離れるのでこのカードが破壊されてしまいます。
また、攻撃表示でないと使えないので、攻撃表示で存在する低攻撃力モンスターに使用した場合は、戦闘破壊こそされなくなるものの、そのモンスターをひたすらサンドバッグにされ、大きな戦闘ダメージを負ってしまうという事もあり得ます。

同じく表側攻撃表示のモンスターに耐性を付与する永続罠として、安全地帯が存在します。
あちらと比較した場合、このカード自身が場を離れても、対象のモンスターが自壊することはないというのが大きな利点です。
したがって、「自分のモンスターを守る」という役割に関してはあちらよりも優れていると言えます。そもそも自分のモンスターしか対象にできないので、このカードの場合は「自分のモンスターを守る」という運用にしか使用できませんが。
ドゥローレンのセルフバウンス効果でバウンスして再びセットし直し、状況に応じて色んな氷結界モンスターを守るという戦術を取る際、安全地帯の場合は大僧正等による破壊耐性が無い限り対象にしたモンスターは自壊してしまいましたが、このカードの場合はその心配はありません。
このカードを除去された場合の損失も、このカード1枚のみで済みます。
あちらとは違い、自分のカードの効果による破壊からも守れる為、ブラック・ホール激流葬などの全体除去カードで、対象のモンスターを守りつつ相手のモンスターだけを除去するという運用もできます。
また、ダイレクトアタック不可になるデメリットも無い為、対象にしたモンスターを守ったまま攻めに使う事もできます。
特筆すべき点として、ウェポン・サモナーの効果でサーチする事も可能です

このカードは安全地帯と同じく表側攻撃表示のモンスターにしか使用できませんが、大僧正は召喚成功時に守備表示になる効果を持っており、その効果にチェーンしてこのカードを発動すれば、このカードによる耐性を得つつ表側守備表示になります。
ただ、大僧正の効果自体が、このカードの耐性の完全下位互換ではありますが…。
また、海竜神の加護ならば、レベル3以下の水属性限定でターン終了時までとはいえ、このカードと同様の耐性を自分の場の全モンスターに付与する事ができます。

悩みはやはり、安全地帯とは違い対象を取る効果への耐性は得られない点でしょうか。
今の環境では、対象を取る効果に対する耐性を得られる利点というのは決して小さなものではありません。ただ対象へのカード効果を無効にするわけではないので、対象を取る効果に対処するには、予め発動し適用させておかなければなりませんが、無いよりはあった方が遥かに良いです。
御庭番の効果(対象を取るモンスター効果限定)や禁じられた聖衣などで、安全地帯には無い「死角」を補いたいです。
一方で、得られる耐性が少ないという事は、同時に対象にしたモンスターが相手に奪われた場合のリスクが少ないという利点でもあります。
私は過去に、安全地帯を使用した状態の大僧正を強制転移によって奪われた事があり、どうする事もできずにそのデュエルをサレンダーしたという事がありましたが、このカードならば破壊以外の対象に取る効果を使う事で大僧正を処理する事ができます。

安全地帯と比べて、入手が容易なのもこのカードの大きな利点だと思います。
安全地帯は、同じ弾の他の同じレアリティのカードと比較して明らかに封入率が低くその再録方法もあまりにも汚いものでしたが、このカードに関しては、収録パックの封入率自体に難はあるものの、シングル価格ならば安全地帯よりも遥かに安いです。

安全地帯とどちらを採用するかは、運用方法や、デッキの他のカードの効果との相性によって決めると良いでしょう。
もちろん、安全地帯と同時に採用する事で、自分の場のモンスターを守りやすくするというのも手です。最悪、安全地帯の効果による自壊を、このカードによって防ぐ事もできます。
【氷結界】にとっては、セルフバウンスの戦術と組み合わせたり、自分の場のモンスターを守る為の新たな選択肢となり得るでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

こちらこそコメントありがとうございます。
ここまで水属性にこだわりを持つブログ主様を初めて見たので嬉しく思います。
ガーディアンは本当にワンコインの割には使いやすい印象です。安全地帯は微妙に高くメリットもですがデメリットも大きいですからね…セイクリッドとかではお世話になりましたが。
私も未だにコダロス使ってますが墓地送りはやはり強いですね。耐性持ちも平然と流すのは流石だと思います。奈落も落ちず龍騎隊のサーチとサルベージにも対応と抜け目ないステータスですしこうして見ると優秀に見えてきてしまいます。

No title

コメントありがとうございます。
コメントの返信は、記事の投稿以上に不定期なペースとなっています(汗
安全地帯はデメリットに躊躇ってしまう部分もありますが、このカードはデメリットが少ない分使いやすいです。

コダロスの小回りの利く除去効果は、「海」を使用するデッキだと重宝します。最近は、コストとして代用できる効果を持った擬似空間が高騰しているのが辛いですが…。

No title

個人的にはやっぱり安全地帯のが好きだなぁ。
バウンスと組んで除去にするのもいいし。

クランちゃんにつけて魔法族の里でひたすら守るだけというのもやったなぁ。
今時はもう通用せんだろうなぁ……

再びコメありがとうございます。そこは気にしないでください。
安全地帯は除去に使えるのも強みですが、やはり微妙に高いのが痛いです…

また、コダロスはやはり今でもその強さを感じます…効果無効化されたり海を破られると弱いですがアントラーのおかげで棒立ちはしないで済みますからね。
対象にできない相手は強制転移でアシゴやグリズリーマザーをプレゼントしてます。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。