スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The tripping MERCURY

今回紹介するカードは、The tripping MERCURY(ザ・トリッピング・マーキュリー)です。
コレクターズパック-閃光の決闘者編-で登場した水属性モンスターで、漫画版・遊戯王GXで登場した「プラネットシリーズ」の1体です。
また、同パックに収録された唯一の水属性モンスターでもあります。


The tripping MERCURY

The tripping MERCURY
効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2000/守2000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した時に発動できる。
フィールドのモンスターを全て表側攻撃表示にする。
(2):このカードはモンスター3体をリリースして召喚する事ができる。
(3):このカードの(2)の方法で召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのモンスターの攻撃力はそのモンスターの元々の攻撃力分ダウンする。
(4):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。



水属性・水族の最上級モンスター。
4つの効果を持っており、その内の3つ、(1)(2)(3)はアドバンス召喚に関連する効果です。また、(2)の効果と(3)の効果は連動しています。

(1)の効果は、アドバンス召喚成功時に発動でき、場のモンスター全てを表側攻撃表示にするというものです。
壁モンスターを叩き起こして殴るという運用ができます。
ただ、リバース効果や表側表示になった時に発動する効果の発動を許してしまう恐れがあるため、相手の場に裏側守備表示のモンスターがいる場合には気を付けたいです。任意の効果なので、不安要素がある場合は発動しないのも手です。
また、自分の場のモンスターにも効果が及ぶため、自分のモンスターのリバース効果や表示形式変更時に発動する効果の発動を補助する事もできます。
基本的には、他の効果と組み合わせて運用する為の効果と捉えるでしょう。

(2)の効果はこのカードはモンスター3体をリリースして召喚する事ができるというもので、後述の(3)の効果の発動条件となっています。
レベル8であるこのカードを通常召喚するには2体のリリースを必要とするため、単にこの方法で召喚しただけでは無駄にカードを1枚余分に消費しただけとなってしまうので、まさしく(3)の効果あっての効果です。
また、テキスト内には書かれていませんが、この方法による召喚もアドバンス召喚扱いとなります。

(3)の効果は、(2)の方法で召喚したこのカードが場に存在する限り、 相手の場のモンスターの攻撃力を、そのモンスターの元々の攻撃力分ダウンさせるというものです。
つまり大抵の場合、相手の場のモンスターの攻撃力はとなります
相手の場のモンスターを(1)の効果で攻撃表示に変更すれば攻撃力0の状態で棒立ちさせる事が可能であり、殴る事で戦闘破壊や戦闘ダメージを狙えるようになります。

(4)の効果は、2回攻撃を行えるという永続効果です。
このカードの攻撃力値自体は、レベル8の最上級モンスターとしては壊滅的な数値ではあるものの、(2)の方法でアドバンス召喚し(3)の効果で弱体化させ、更に(1)の効果で相手のモンスターを攻撃表示にした後で2回攻撃を行えば、合計4000の戦闘ダメージを叩き込む事が可能です。もちろん、手数が多い分それだけ多くの相手モンスターを戦闘破壊できる点も見逃せません。

悩みはやはり、効果の多くにアドバンス召喚が絡んでおり、重い点でしょうか。
ただでさえアドバンス召喚、ましてや最上級モンスターのアドバンス召喚はリリースを2体も必要として重いのに、このカードは真価を発揮する為には、(2)の方法によって3体ものリリース要員が必要となります。
しかも得られる結果(だいたいの場合、4000の戦闘ダメージ)がこのハイリスクに見合っているかと言われてもまた微妙なところであり、攻撃や戦闘ダメージを防がれてしまうとどうにもなりません…。
もちろん単体では何の耐性も無い為、召喚を無効にされたり除去カードを喰らったりしてもアウトです。

アドバンス召喚なしでも運用できるのは、(4)の2回攻撃効果のみです。
あらかじめ墓地へ落としておいてアクアリウムの効果で蘇生したりする事はできますが、2回攻撃のためだけにわざわざ攻撃力2000の最上級モンスターを入れる意義は薄いです…。
同じ水属性でも、下級モンスターのツーヘッド・シャークアクア・ジェットを使って強化するなりした方が、より多くの戦闘ダメージを叩き出せます。

単体で運用できる効果を持っているものの、自身はサポート手段に乏しく、真価を発揮するには3体ものリリースを用意しなければならないのが最大の課題です。
元々は結構前の漫画版に出たカードだから仕方が無いとはいえ、どうも時代錯誤感と使い難さが拭えません。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。