スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混沌帝龍 -終焉の使者-

今回紹介するカードは、混沌帝龍(カオス・エンペラードラゴン) -終焉の使者-です。


混沌帝龍 -終焉の使者-

混沌帝龍 -終焉の使者-
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの効果を発動するターン、自分は他の効果を発動できない。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
お互いの手札・フィールドのカードを全て墓地へ送る。
その後、この効果で相手の墓地へ送ったカードの数×300ダメージを相手に与える。



レベル8・闇属性・ドラゴン族の特殊召喚モンスター。自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合にのみ特殊召喚できます。

1000LPを払う事で、お互いの手札と場のカードを全て墓地へ送るという非常に強力なリセット効果を持っています。
同様の除去能力はネオダイダロス天魔神 ノーレラスも持っており、それらの開祖とも言える存在です。ただし、ステータスや出しやすさに関してはこのカードが一番であり、この効果で相手の墓地へ送ったカードの数×300ダメージを相手に与えるというバーン効果まで付随しています。
一方で、自身は場に残るネオダイダロスやドローできるノーレラスに比べ、リセット後のリカバリーには乏しいです。
また、このカードの効果を発動するターン、自分は他の効果を発動できないというキツい縛りもあります。このおかげで、ますますリカバリーが厳しくなっています。
効果の発動にチェーンしてエフェクト・ヴェーラー禁じられた聖杯等を撃たれて効果を無効にされようものなら、目も当てられない事態となります…。
強力な除去とバーンを撃てる反面リスクも大きいので、相手の墓地や手札の状況を見た上で、リセット効果を撃つタイミングを見極めたいです。

効果を使わずにアタッカーやシンクロ、エクシーズ素材に使ってしまうのも手です。
このカードと同じレベル・攻守・特殊召喚条件を持ったモンスターとしてカオス・ソルジャー -開闢の使者-が存在しています。アタッカーとしての性能はあちらの方が上ですが、このカードは属性・種族が異なる為、闇属性やドラゴン族のサポートを受けられる点で差別化を図る事ができます。
エクリプス・ワイバーンドラゴン・目覚めの旋律でサーチしたり、闇の誘惑のコストにしたりと、属性・種族のサポート数に応じて採用を検討すると良いでしょう。

このカードは、過去に禁止カードに指定されていたのが、エラッタされた後に復帰したという経歴があります。
エラッタ前には蘇生条件を満たせば自身の効果以外でも特殊召喚する事が可能であり、バーンダメージは効果で墓地へ送ったお互いのカードの数×300ダメージであり、効果発動時のデメリットもありませんでした
まさに、非の打ちどころのない最凶のパワーカードと言って差し支えない存在でした。
その凶悪さたるや、当時最速で禁止カードに指定された程でした。この記録は、ダーク・ダイブ・ボンバーが禁止化されるまで更新される事はありませんでした(ちなみに、そのダーク・ダイブ・ボンバーも、エラッタの末に無制限にまで復帰しています)。

エラッタ前のこのカードが禁止化される前には、「自分の場にクリッターまたは黒き森のウィッチがいる」「自分のデッキ内に八汰烏が存在する」「自分にまだ召喚権が残っている」という条件下でこのカードを特殊召喚し、効果を発動すれば、そのプレイヤーはデュエルに必ず勝利できました
効果で墓地へ送られたクリッターまたは黒き森のウィッチの効果で八汰烏をサーチし、八汰烏を通常召喚してダイレクトアタックを行い相手のドローを封殺、以下八汰烏の召喚→ダイレクトアタックを繰り返す事で、相手に一切の行動を行わせずに勝つ事ができたのです。
当時は効果を無効にするカードはスキルドレイン位しかなく、エフェクト・ヴェーラー等の様な手札誘発効果を持ったカードやネクロ・ガードナーダンディライオン等の様な墓地誘発効果を持ったカードも存在せず、更に起動効果の優先権に対するルールも今とは異なっていた為、特殊召喚に対して除去の魔法・罠を使用されたとしても効果を発動する事はでき、一度効果を発動させれば確実にリセットを行う事ができました。
現在は、上述の通りこのカードにはエラッタによって効果を発動するターンに発動したプレイヤー側が他の効果を発動できなくなるデメリットが追加され、八汰烏と黒き森のウィッチは禁止カード、クリッターもまたエラッタをかけられたため、このコンボは完全に崩壊しています

長い間「遊戯王の凶悪カード」の代名詞的存在だったこのカード。
エラッタをかけられた上で無制限カードにまでなったのには時代の流れを感じます。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

そしてエラッタ前のこいつ(withヤタガラス)に素で勝てそうな征竜24枚デッキの恐ろしさよ…
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。