スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の龍 グングニール

今日紹介するカードは、氷結界の龍 グングニールです。


氷結界の龍 グングニール

氷結界の龍 グングニール
シンクロ・効果モンスター
星7/水属性/ドラゴン族/攻2500/守1700
チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
1ターンに1度、手札を2枚まで墓地へ捨て、
捨てた数だけ相手フィールド上のカードを選択して発動できる。
選択したカードを破壊する。



レベル7の氷結界シンクロモンスターであり、チューナー以外のモンスターに水属性の素材指定があります。
【氷結界】ではレベル3チューナー+チューナー以外のレベル4という組み合わせで出す事が多いでしょう。【氷結界】の主力の下級モンスターである守護陣(レベル3チューナー)と軍師(非チューナーのレベル4)がその条件に当てはまるので尚更です。
また、デブリ・ドラゴンで墓地のレベル3水属性を蘇生してこのカードのシンクロに繋げる方法があります。これが最も早くかつ有名な出し方でしょう。
デブリ・ドラゴンの効果で蘇生できるレベル3水属性には、汎用性の高い効果を持ったスノーマンイーター玄武の召喚士融合を入れるデッキには欠かせず手札から墓地へ捨てる事もできる沼地の魔神王、そして氷結界の破術師などが存在します。他にも、特定のカテゴリに属するモンスターとしてグレイドル・アリゲーター雲魔物-ポイズン・クラウド影霊衣の術士 シュリット水霊使いエリアダークビショップデーモン森羅の蜜柑子 シトラといったカードが存在しています。
同様に、ダブルフィン・シャークの効果でフィッシュボーグ-アーチャーを蘇生させる事でもシンクロ召喚を行う事が可能です。
水属性・ドラゴン族のモンスターにはブリザード・ドラゴンドラゴン・アイスなどが存在する為、それらのカードをチューナーと共に組み込めば、【ドラゴン族】でもこのカードのシンクロを狙うことができます。
ドラゴン・アイスの特殊召喚時に手札から魔轟神獣ケルベラルを手札から捨てれば、即座にこのカードのシンクロ素材が揃います(シンクロするまで両者が生き延びるのは難しいかもしれませんが)。
また、このカードは数少ないフィッシュボーグ-ランチャーのシンクロ先の1体でもあります。

効果は、1ターンに1度、手札を2枚まで墓地へ捨てて、捨てた枚数分だけ相手の場のカードを破壊するというものです。
破壊に耐性を持つカードには無力だったり、時に「破壊」という点が裏目に出てしまう事もあるものの、禁止カードになったブリューナクを連想させる強力な除去効果です。
【氷結界】では打点要員と除去要員の両方を兼ねて、デッキの主力として活躍してくれるでしょう。
手札コストは厳しいものの、サルベージを使用することで補う事が可能です。
このカードの効果の発動時に、「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」を持つ海皇の下級モンスターを墓地へ捨てる事で、それらの効果を使用できます。特に、重装兵狙撃兵をコストにすれば、1枚のコストで2枚のカードを破壊できます

このカードは「氷結界」と名がつくため、大僧正御庭番と並べることで耐性を付けたり、伝道師ガンターラの効果で蘇生する事が可能です。強力な能力を持つこのカードに、これらのカードの効果を適用できる事が、【氷結界】の大きな利点の一つと言えるでしょう。
特に伝道師の効果で蘇生すれば、そこから逆転する事も夢ではありません。
また、他のレベル7モンスターと並ぶことで、ランク7のエクシーズ召喚が狙えます。自身やガンターラや交霊師メガロアビス霧の王といった水属性のレベル7モンスターとエクシーズすればガイオアビスを出す事も可能です。

さて、このカードは4体いる氷結界のシンクロモンスターの中で唯一規制されていない事や、ゴールドシリーズでは「氷結界の龍」の中で唯一ノーマルレアでは無かった事、また「氷結界の龍」の中で唯一禁止カードになったことが無い事や素材指定がある事などをしばしばネタにされており、不遇な扱いを受ける事が多いです・・・。
規制されてる他の氷結界のシンクロモンスター達が、「インフェルニティが最も相性が良い」(もちろんそれ以外のテーマやデッキの名前も色々と挙げられる)と言われるのに対し、このカードは別にそんな事はなく【氷結界】でも普通に出せるので、他よりも節操がある印象は受けますが、それもかえってネタにされる一因となっているかもしれません。
このカードがヴェルズ化した姿であるヴェルズ・オピオンが、【ヴェルズ】の主力モンスターとして猛威を振るい、(このカードとは対照的に)規制経験まである事も、このカードのネタ扱いや不遇さに拍車を掛けています。
効果の方向性自体が全く異なるにも関わらず、「(オピオンは)ヴェルズ化前よりも強化された」と記されているサイトもある程です。そのオピオンが、このカードや【氷結界】にとっては天敵と言う他ないというのも、何とも皮肉な話です。
他にも、氷結界の龍の力を宿した影霊衣の儀式モンスターの中で、グングニールの影霊衣だけが収録弾が異なっていたり、鎧を纏っている人物が他の2体のものとは明らかに別人だったりと、公式さえも「グングニール不遇」の流れを後押ししてるんじゃねぇかと疑いたくなります…。
カードの性能面においても、「氷結界の龍」のみならず、同じ属性・種族のシンクロモンスターで、このカードの小型版と言える効果を持った瑚之龍の登場で肩身が狭くなっています(遊戯王カードwikiでさえも、「使い勝手ではどうしても劣ってしまう」「瑚之龍で立場が脅かされている」と書いている)。
もちろん、レベル7のシンクロモンスターとして見ても、同じ種族で素材指定がない上にノーコストで強力な除去を撃てるブラック・ローズ・ドラゴン月華竜 ブラック・ローズと枠を争う事になるので厳しい立場と言わざるを得ません…。

このカードは個人的にはかなり思い入れの強いカードでした。
DT1弾でブリューナクが当たらず、DT3弾でドゥローレンが当たらなかった私は、このカードが登場したDT5弾の頃には、DTそのものを見下していました
そんな私でしたが、DT5弾稼働日に、店の閉店の15分ほど前に着いて初めてDT5弾をやった際に、魔轟神レヴュアタン共々このカードを当てる事ができました。
初めて自力で当てる事ができた氷結界のシンクロモンスター…その喜びは計り知れませんでした。そして、これをきっかけに「DTも捨てたものではないな」と思い、以降のDTや氷結界にハマるきっかけとなりました。
私はこのカードを当てなければ、DTについてはずっと見下したままで、「氷結界」も好きになる事は無く、ネット上で言われてるような感じでネタにし続けていたと思います。
そして、このブログを解説する事もありませんでした(それが良かったか悪かったかはともかくとして)。
その後も、ブリューナクやドゥローレンとは違い、DT5弾でこのカードを何枚か当てる事ができました。私の中では「最大の相棒」と言ってもいい程の存在でした。ちなみに後のトリシューラも、全然スムーズに当てる事はできませんでした。
しかし、上記の様な再録法によって、一気に悪い意味でネタにされるカードと化してしまいました…。
それまで「それなりに需要があるのに、絶版な上に値段が上がってるので手に入り難い」「入手しやすいようになって欲しい」と言われていたのが一転して、「ハズレ」「価格が大暴落した」とネタにされるようになったのには、人間の狂気すら感じました。
(同じように再録によってレートが下がったカードは数多存在しているが、このカード程酷くネタにされたカードは他にない気がする)

『正直者が馬鹿を見る』
遊戯王OCGにおいて、それをこの上なく体現しているカードです。
 

以下、このカードの長所と短所を簡潔にまとめてみます。

長所
・そこそこの打点に加え、除去効果を持っている。
・効果を、海皇の効果の発動トリガーとしても利用できる。
・1ターンに1度とはいえ、メインフェイズの任意のタイミングで除去を撃てる。

短所
・破壊耐性や対象を取る効果に耐性を持つカードに対しては無力。
・効果を無効化されると手札を失うだけとなってしまう。
・2枚のカードを破壊した際に、スターライト・ロード大革命返しで返り討ちに遭う恐れがある。

風評被害で色々と言われる事はあるものの、単体のカードとして見れば、中々強力なスペックを持ったシンクロモンスターです。
【氷結界】デッキにおいてもシンクロできる機会は十分にあり、活躍してくれるカードです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

もう何がしたいのこのブログ?
凍結するわ宣言から十日近くたってなおグチグチ文句言い出すとか

不遇というのはカード名指定でターン1にすれば何時でも無制限に戻れるブリューナクくんのことを言うのだよ

No title

>私はこのカードを当てなければ、DTについてはずっと見下したままで、「氷結界」も好きになる事は無く、ネット上で言われてるような感じでネタにし続けていたと思います。
>そして、このブログを解説する事もありませんでした

乱暴な繋げ方なのかもしれませんがあなたがその時グングニールを引いたことが私がこのブログを拝見させていただいている遠因なのかもしれないとも言えるわけなのですね…なんだか不思議です
変な言い方をしますとグングニールがあなたを、私を含むネット上の多くの人と引き合わせたと思うとこのカードがあなたにとってどれほど大きな存在なのかが伺えます
気持ち悪い見方なのかもしれませんがカードが人と人を結びつけるというのは妙な温かみを感じます(「氷」結界とは対照的に(笑))

そんなグングニールですが、氷結界デッキを使う人にとっては、やはり「氷結界であること」が最も重要な点であるように感じます
氷結界デッキを使用する人なら共感していただける人も多いと思いますが、氷結界デッキから最も出しやすい氷結界の龍は恐らくグングニールですもの…氷結界サポートをフルに活用させて無理やりにでも上手く使ってあげたいですね(笑)

昨今のカードパワーインフレによりかなり影の薄い存在となってしまっていますが、それでもこのカードが差別化できていることも確実に存在しているだけに今後も愛用していきたいものです

No title

現在は流石にインフレに付いていけませんが
かつて友人が氷結界デッキを使っていた頃はグングニールに結構ボコボコにされてたんで
一番氷結界の切り札してる印象はいまだにありますね
相手のデッキとは言え氷結界の動きは好きだったんでライバル的なような感じで氷結界シンクロの中では私も一番好きですね

No title

最近だとグレイドルが強化されますね。氷結界やシャークにこだわらず、水属性全体でデッキを作ると面白いかも知れません。

上の不愉快なコメントは削除と規制して下さい。

7月9日発売のインベイジョン・オブ・ヴェノムのクリストロンに水属性の☆9シンクロが居るみたいですね。汎用or水属性縛りだといいなぁ…
これで水フルモンのアーチャードクタープランターでトリシュ以外が作れる!
クリストロンがどんなカテゴリかはわかりませんが、水属性シンクロ新規は嬉しい!
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。