スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ化?

Vジャンプ2016年7月号に、このような記述がありました。

サイレント・パラディン

その次の号であるVジャンプ2016年8月号に収録されるカードの沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディンについて触れている記事です。
ここで注目したいのが、「サイレント」モンスターという記述です。
この記事が載っているページでは、DP王の記憶編に収録された新規カードを含めた「サイレント・ソードマン」「サイレント・マジシャン」シリーズのカードが紹介されており、このカードはそれらの関連カードとして触れられています。
ここで言う「サイレント」というのは「サイレント・ソードマン」「サイレント・マジシャン」のシリーズのカードの事でしょうが、最近の遊戯王OCGのテキストにおいては、『「サイレント」モンスター』という表記は、「サイレント」と名のついたモンスターと同義です。
つまり、「サイレント」がカテゴリ化する可能性があるのではないでしょうか?

もし「サイレント」がカテゴリ化したとすれば、恩恵を受けられる水属性モンスターは、
サイレント・アングラー
サイレント・ウォビー
サイレントアビス
No.101 S・H・Ark Kightサイレント・オナーズ・アーク・ナイト)
CNo.101 S・H・Dark Kightサイレント・オナーズ・ダーク・ナイト)
の5体が存在します。
この内4体が遊戯王ZEXAL IIでシャーク(ナッシュ)が使用したカードであり、「シャーク」で果たせなかったカテゴリ化を「サイレント」の方で果たせるようになるかもしれません。
サイレント・アングラーはシャークのデッキどころか多くの水属性デッキでの活躍が見込めるカードであり、サイレント・ウォビーは一見地味なカードですがシャーク・ドレイクとのコンボが光ります。
そしてS・H・Ark Knightは、このブログで「強化してやるべきカードだ」と幾度となく書いていたカードであり、S・H・Dark Kightはその進化系であり、S・H・Ark Knightとカステルとの差別化を語る上でも欠かせない存在です。
唯一シャーク(ナッシュ)の使用カードではないサイレントアビスは、STONで登場した、レベル7・攻撃力2000・守備力1500で、戦闘によって破壊され墓地へ送られた時にフィールド上に表側表示で存在する自身とおなじ属性以外のモンスターを全て破壊する効果を持った爬虫類族のシリーズの水属性担当です。
この様に、「サイレント」と名のついた水属性モンスターは中々の粒揃いであり、棚ぼた的に強化されれば大したものでしょう。


・・・という風なネタを考えていたのですが、どうやらそんな記事を書く前にサイレント・パラディンの正確なテキストが明らかになってしまったようです(笑


沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 500/守1500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「サイレント・ソードマン LV3」または
「サイレント・マジシャン LV4」1体を手札に加える。
(2):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
自分フィールドのモンスター1体のみを対象とする魔法カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
(3):フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
自分の墓地の光属性の「LV」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。



見ての通り、サイレント・ソードマン LV3サイレント・マジシャン LV4をサポートするカードであり、「サイレント」がカテゴリ化されるなんて事はありませんでした
それどころか、(3)の効果は属性が指定されているものの、いずれにせよ「LV」モンスターという時点で水属性とは何の関係も無いカードです。

どうやらこのカードの効果は酷評されており、特に「せっかくイラストは良いだけに、効果が残念だ」という声をよく見かけます。
それを見て、この意見を持っている人がこのカードに対して抱いている感情は、私がシンクロ以外の氷結界ほぼ全て(特に、「おっさんデッキ」というイメージから、「デッキに入らないカード」という印象が一際強い女性モンスター達)に対して抱いていた感情に近いのかなぁと思ったりします。
登場時期や知名度的に、「氷結界のアイドルカード(の内の誰か)が遊戯王OCGで一番好きだ」という人はそういないでしょうが、このカードに関しては、効果に先駆けて公開されたイラストを見て惚れ込んだ人はそれなりにいるのではないでしょうか。その人達は、それまで「対岸の火事」でしか無かったであろう「氷結界」の気持ちを少しでも味わったと言えるのかもしれません。
もっとも、このカードにしろシンクロ以外の氷結界にしろ、今後の展開次第で大きく化ける可能性も無くはないかもしれませんが。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サイレントパラディンの効果は実際判明時にはかなりがっかりしましたね…。せめて戦士族で「魔法使い族とも扱う」効果があれば良かった、なぜ天使なのか、ただそれだけです。

【氷結界】を実際に使っていますが、チョコマジシャンの登場や、《同胞の絆》の登場で封魔団や舞姫を入れやすくなったことで、だいぶデッキが華やかになった気がします。ただやはりメインギミックがおっさんなのは否定しませんがw

正直イラストアドがーとかいう連中がアレなんでこういう扱いで良かったですね
結局のところイラストがいいや華やかどうこうも他のイラストはダメだと見下してるようなもんですし
そういう人たちが気づいてくれれば性能面でのアドも改善されるかもですね

イラストがというのは至極当然ですよね。強さしか見てない人は引きます。よくもそんな見下すとか意味不明な思考が持てると思います…そういうことを書いてる人が一番馬鹿にしてますよね。

No title

>ヒョウさん
コメントありがとうございます。
「他の種族としても扱う」という効果を持ったカードは未だに1枚も無いようですね。属性ならありますが。
私もチョコマジシャンガールや同胞の絆をデッキに入れてランク4軸で【氷結界】を組んでいました。

>名無しの方
コメントありがとうございます。
イラストや性能に関する内容は、過去の記事で書いた事がありました。

>ミラさん
コメントありがとうございます。
このカードの場合は、効果を伏せられた上でイラスト(と一部ステータス)だけが先に出ていた為に、一層イラスト云々と言われるようになったと思います。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。