スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E・HERO ジ・アース

今回紹介するカードは、E・HERO ジ・アースです。
漫画版・遊戯王GXでの主人公・十代の切り札的存在のE・HERO融合モンスターで、「プラネットシリーズ」の1体です。


E・HERO ジ・アース

E・HERO ジ・アース
融合・効果モンスター
星8/地属性/戦士族/攻2500/守2000
「E・HERO オーシャン」+「E・HERO フォレストマン」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカード以外の自分フィールドの表側表示の「E・HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの攻撃力分アップする。



オーシャンフォレストマンの2体を融合素材とするE・HERO。
融合召喚でしか特殊召喚できない為、一度墓地へ落ちたとしても蘇生させる事はできません。
また、専用サポートとしてアース・グラビティが存在しています。

効果は、自分の場の表側表示のE・HERO1体をリリースし、このカードの攻撃力をターン終了時まで、リリースしたモンスターの攻撃力分アップするというものです。
上がる攻撃力値は、そのモンスターの元々の攻撃力ではなくリリースした段階での攻撃力を参照にする為、リリースするモンスターの攻撃力が高くなっていればなっている程、このカードの攻撃力の上昇値も大きくなります。
ダイレクトアタックする時に他のモンスターをリリースしても利点は無いので、相手の高攻撃力モンスターに対抗する際や、フィールドに残しておいても旨みの少ないE・HEROを処理するのに使う事になるでしょう。

ただ、このカードを融合するのと同じ融合素材でE・HERO アブソルートZeroE・HERO ガイアを融合召喚できてしまう為、立場は厳しいと言わざるを得ません。しかもこれらのE・HERO融合モンスターは、このカードよりも融合素材が軽いです。
このカードは融合代用モンスターの沼地の魔神王を使っても融合召喚できますが、その場合でも同じ素材でアブソルートZeroを融合召喚できます。
ガイアはこのカードと同じ属性であり、後出しで相手モンスターを殴り倒したいならば、ノーコストかつ単体で、しかも確実にその相手モンスターの攻撃力を上回る事ができるガイアの方に軍配が上がります。攻撃力の変動期間がターン終了時までという点も共通しています。
アブソルートZeroはレベルと元々の攻守の値がこのカードと同じであり、しかも水属性が場にいる時限定とはいえ永続的に攻撃力が上がる効果を持っています。更にフィールドを離れた時に発動する非常に強力な全体除去効果もあります。
しかし、アブソルートZeroとこのカードとを共存させる事は可能であり、このカードの効果でアブソルートZeroをリリースすれば、アブソルートアブソルートZeroの効果で相手の場のモンスターを一掃した上で、最低でも5000の攻撃力でダイレクトアタックを叩き込む事ができます。
あって困るような効果ではないものの、他の融合E・HEROより優先して出すような状況は限られてくる上に、そもそも融合素材モンスターをデッキに投入していたとしてもエクストラデッキに入れる枠があるかどうかは怪しいです…。

他のプラネットシリーズが皆普通の効果モンスターで名前が「The」で始まる英語名なのに対し、このカードは融合モンスターでしかも特定のカテゴリ(「HERO」及び「E・HERO」)に属していたり、名前がカタカナだったりと、プラネットシリーズの中でも色んな意味で浮いてしまっています(汗
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。