スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の封魔団

今回紹介するカードは、氷結界の封魔団です。


氷結界の封魔団

氷結界の封魔団
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1200/守2000
1ターンに1度、手札から「氷結界」と名のついた
モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
次の自分のターンのエンドフェイズ時まで
お互いに魔法カードを発動できない。



レベル4・魔法使い族の下級氷結界です。
特筆すべき点として、このカードの守備力は2000と、下級氷結界の中では最も高い数値です。なので、壁としての運用する事ができます。
この守備力ならば、大抵の下級モンスターの攻撃を防ぐ事はできるでしょう。
ステータス不足に悩む下級氷結界モンスターにおいて、この守備力は貴重です。

効果は、手札の氷結界1枚を捨てて、次の自分のエンドフェイズ時まで、お互いの魔法カードの発動を封じるというものです。
禁止カードの大寒波をボリュームダウンさせたかの様な効果です。
大寒波と比較して、発動タイミングは制限されておらず、自分が魔法を使用した後にも効果を発動できるという利点があります。
逆に短所は、次の自分のエンドフェイズ時までの効果であるが故に、相手の方が先に魔法の使用権を得てしまう点です。
また、「このカードがフィールド上で表側表示で存在する限り」とあるので、効果を使った後でも、このカードがフィールドを離れるとロックは解除されてしまいます。
とはいえ、効果を発動した次の自分のターンにシンクロやリリースやエクシーズによってこのカードをフィールド上から取り除けば、自分へのロックは無くなり、自分の方が先に魔法を使用できるようになります。
この効果で魔法を封じても、相手のターンにこのカードが戦闘破壊や罠カードやモンスター効果によってフィールドを離れてしまうと、その後は相手は魔法を使えるようになってしまう点には気をつけたいところです。
とはいえ、効果を発動しておけば、相手のハーピィの羽根帚サイクロンナイト・ショットを気にせずにカードをセットする事ができます!
特にデモンズ・チェーンを伏せておけば、相手のモンスターの攻撃とモンスター効果の両方に備える事ができます。
また、魔法カードだけでなく、ペンデュラムモンスターのペンデュラム効果の発動(「ペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンに置く」という行動)も封じる事ができます。

同じく手札の氷結界1体を墓地へ送って効果を発動する氷結界モンスターに、氷結界の軍師が存在します。
あちらは属性や「氷結界」である事に加えて、レベル・種族に至るまでこのカードと一致しています。また、攻守の合計値も同じです。
魔法の発動を封じるよりも墓地肥やしの為に効果を発動するという戦法も考えられますが、手札交換効果で手札枚数を損なわない軍師に対して、こちらは効果を使えば手札枚数を1枚消費してしまいます。
また、攻撃力が1600とそこそこある軍師に対して、このカードの攻撃力は1200と低く、効果の発動だけを狙って召喚した所で、次の相手のターンに簡単に戦闘破壊されてしまいます。その場合、無駄に手札を消費しただけとなってしまいます…。
「魔法を封じる」というロックを狙うにしても、このカードをはじめとする魔法使い族を出した後に魔法族の里を発動した方が効率が良い気がします…(相手のデッキに魔法使い族がいる場合はその限りではありませんが)。
また、ロックが自分にも及んでしまう点が命取りになってしまう事もあります。特に、サーチカードの氷結界の紋章や手札枚数を補う事ができるサルベージ伝道師守護陣を蘇生するのに使える浮上が使えなくなってしまうのは致命的です。
一応、これらの魔法カードに関しては罠カードの儀水鏡の反魂術リビングデッドの呼び声等で代用する事も考えられますが、どれも一癖ある上に、魔法カードに比べて速射性に劣るのは辛いです。

守備力以外にも、ステータス面はレベル4・魔法使い族の氷結界で唯一サルベージで回収できる点に価値を見出せるでしょう。
レベル4の魔法使い族の氷結界には他に軍師と舞姫が存在しますが、これらはサルベージに対応していません。
レベル4・水属性・魔法使い族の氷結界であるこのカードが場にいる時には伝道師、サイレント・アングラージゴバイトといったモンスターを手札から特殊召喚でき、更に伝道師の場合は効果で墓地のレベル4氷結界を蘇生する事で、サイレント・アングラーとジゴバイトはそのままこのカードと共にランク4のエクシーズ召喚に繋げる事が可能です。
これらはいずれも水属性である為、汎用のランク4エクシーズに加えて、バハムート・シャークスパイダー・シャークといった水属性の素材指定のあるランク4も出す事ができます。
そして、エクシーズ召喚し素材を使いきった後にサルベージでこれらのカードと共に回収する事で、再度エクシーズに繋げる事ができます。
ちなみに、サルベージで回収できるレベル4の氷結界には他に魔酔虫修験者がいます。ジゴバイトやチョコ・マジシャン・ガールといった、魔法使い族を活かせるカードを入れる場合にはこのカードが優先されるでしょう。

交霊師と並べた上で効果を発動すれば、次のターンに相手は、この2枚を除去しない限りは「罠カード1枚」しか発動できなくなります。
守備力の高さから、相手の攻撃を耐えた上で、次の自分のターンにチューナーを並べてシンクロ召喚に繋げる流れが望ましいです。
守護陣や風水師とシンクロ召喚すれば、グングニールアーカナイト・マジシャンのシンクロ召喚が狙えます。
また、高守備力から、反転世界によって攻守を入れ替える戦術も有効です。反転世界を使えばこのカードは攻撃力2000の下級アタッカーと化します!
低守備力のモンスターが殴ってきた時に、返り討ちにする事もできます。
このカードの戦闘面での弱さを補う事ができるため、相性が良いです。

封魔"団"という名前であるにも関わらず、イラストでは一人しか描かれていません。
また、海外版ではイラストが変更されています。

封魔団海外版イラスト

ふとももの部分が青紫色で塗られており、タイツを履いたような姿になっています。
どちらの方が好みかは人によるでしょう(笑

使いやすいステータスである点や容姿から、個人的には氷結界の中でも気に入りの1枚です。
 

以下、このカードの長所と短所を簡潔にまとめてみます。

長所
・氷結界の下級モンスターの中で最高の守備力を持っている。
・魔法カードやペンデュラム効果を発動を封じる事ができる。
・レベル4・魔法使い族の氷結界で唯一サルベージやグリズリーマザーに対応する。

短所
・自分の魔法カードの発動も封じてしまう。
・効果発動後に場に維持し続けた場合、相手の方が先にロックが解除されてしまう。
・効果の発動が手札1枚のディスアドバンテージとなってしまう。

レベルや種族、ステータスを活かせるデッキならば、活躍が期待できます。
ペンデュラム効果の発動や、【氷結界】で多用される永続カードの天敵であるサイクロンやハーピィの羽根帚の発動を封じる事ができるモンスター効果も捨て難いです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

魔法を封じるのは強いのですが、その後浮上等魔法で術者や守護陣とか攻撃抑制系のモンスターを並べる手段が一つ消えるのがつらいですね。伝道師握ってるか分からないし。最近は出してもすぐエクシーズしちゃうので効果が使えないのが悲しいところ。

No title

魔法使いデッキに入れてます。
太ももがいいですよね。

No title

>名無しの方
コメントありがとうございます。
確かに、最近は維持して効果を使う機会は少ないですね。
先に発動しておかないとサルベージで手札コストを補充という事ができないのも辛いです。

>戦場の名無しさん
コメントありがとうございます。
私は日本版のイラストの方がいいと思います。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。