スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「氷結界版・切り込み隊長」は不要?

「切り込み隊長」というモンスターは、多くの人がご存知のように「このカードが召喚に成功した時、手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する事ができる」という効果を持っています。
この効果のおかげで、一回の通常召喚から一気に二体のモンスターを展開する事ができます。さらにそこからシンクロ等に繋げる事ができます。
これの氷結界版。すなわち「氷結界」と名のついたモンスターで、尚且つ「このカードが召喚に成功した時、手札から「氷結界」と名のついたモンスターを特殊召喚する事ができる」というような効果のモンスターが出れば、一気に氷結界モンスター2体を並べ、そこから(切り込み隊長ではできない)水属性の素材指定のあるシンクロモンスターのシンクロ召喚や、「自分フィールド上にこのカード以外の「氷結界」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合に発動する事ができる」効果に繋げる事ができて非常に便利です。
こういうモンスターが1枚出るだけで氷結界の使い勝手は今よりも随分良くなるのでは?という憶測がなされているのを結構見かける事があり、僕もそう思います。
しかし、そういうカードは必要ないだろうという意見もあるかもしれません。それは、このカードがあるからです。

ウォーターハザード

ウォーターハザード
永続魔法
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
手札からレベル4以下の水属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


水属性の展開力を強化する永続魔法カード。切り込み隊長の特殊召喚効果と同様に、レベル4以下のモンスター1体を手札から特殊召喚できる効果を持っています。
氷結界は全て水属性であり、レベル4以下の氷結界モンスターは神精霊以外は全てこのカードの効果で特殊召喚できます。
つまり、このカードが場にあれば、あたかも切り込み隊長の効果の如く、氷結界モンスターを2体並べる事ができるのです。
KONAMIが「氷結界版・切り込み隊長」を出さないのも、このウォーターハザードの存在があるからなのかもしれません。

しかし、所詮は切り込み隊長とは似て非なるものであり、いくつかの相違点が存在します。二者の違いは、以下の通りです。

・切り込み隊長の場合はモンスターを2体並べるのに「切り込み隊長」と「特殊召喚するモンスター」の2枚の手札を消費するが、ウォーターハザードの場合は「ウォーターハザード」と「特殊召喚するモンスター」と「通常召喚するモンスター」と、3枚もの手札を消費してしまう
・切り込み隊長は自分の場にモンスターが場にいる時にも特殊召喚できるが、ウォーターハザードは自分の場にモンスターが存在する場合は特殊召喚できない
・切り込み隊長の場合は通常召喚→特殊召喚と展開するのに対し、ウォーターハザードは特殊召喚→通常召喚とモンスターを展開していく形となる
・その為、ウォーターハザードの場合は下級の特殊召喚から上級モンスターのアドバンス召喚に繋げる事ができる(ヒゲアンコウを特殊召喚した場合は最上級のアドバンス召喚も狙える)


【氷結界】を使っていると、特に上の二つが響いてきます…。「キーカードが3枚」というのはそれだけ揃えるのが難しく、かつ手札消費が激しいです。

切り込み隊長のような特殊召喚モンスターを持つモンスターは、氷結界のような展開力の乏しいテーマのサポートとしてではなく、X-セイバーや六武衆といった元々ある程度展開力の優れたテーマの展開力を、更に底上げする為に出される傾向にあるような気がします。
今度新たに出る「真六武衆-カゲキ」は、まさに「六武衆版・切り込み隊長」というべき効果を持っています。
六武衆使いの身内曰く、(今のところはプロキシで)カゲキを使う度に、(氷結界使いである僕に対して)申し訳ない気分になる」そうです(笑
六武衆と氷結界は共に「自分の場に他のモンスターが並んでいる時」に効果を発動するものが多いという共通点があります。KONAMIは六武衆に関しては「どのようなサポートを出せば強化できるのか」を心得ていたようです。
「X-セイバー版・切り込み隊長」は、海外先行販売カードであり、日本ではまだ未登場なのですが、そのカードを見る度に、「もしこれが「氷結界」だったらどれ程良かった事か…!」と思えるような性能です(高攻撃力な上に、レベル4だとドゥローレンもグングニールも即座に2体でシンクロできる為)。同じDT出身のテーマなだけに、尚更そう思います。

ウォーターハザードを抜いて、名前以外は氷結界とは何の関係もない氷結界の鏡をSDの氷結界のデッキ【絶対氷壁】に入れてしまうあたりに、KONAMIの「氷結界」のサポートカード作りの下手さが滲み出ていると思います。
「氷結界版・切り込み隊長」…本当にそのようなモンスターが出て欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゴールドシリーズにトリシューラ再録、素直に喜べないのはどうしてでしょう・・・・・・。

GSは人気が高く扱いやすいカードを入手しやすくした物で、その中に氷結界が入ることは嬉しいことです。ですが前述の通り、素直に喜べないのはGS1のブリューナクのようにノーレア枠なのが火を見るより明らかなことでしょう。
確かにトリシューラは人気が高く収録されていたDT8弾も絶版、単純に嬉しい情報ではあるのですが、氷結界というテーマから逸脱してしまっているのは悲しいことです。(それ以前に、なぜブリューナクとトリシューラのシンクロ条件が緩かったのか甚だ疑問ですが)

と、ネガティブなことばかり書いてしまいましたが、金色に輝くトリシューラを見てみたいのもまた事実、前言撤回して喜んでおきます(オイ

永続魔法はサーチ出来ないも難点です。
水属性は4大元素の中ではサポートが優秀で氷結界はそのおかげで成り立っています。(サルベージは特に)


氷結界は当初はロックというよりはフィールドに何らかの効果をもたらすのをテーマしていたかと。(相手のフィールドを妨害するナイトや虫から)

やろうとしたことが多くて迷走した氷結界
(フィールドの掃除はシンクロで)

守200を貫き(一部例外あり)これからの炎の属性のテーマも守200にしたフレムベル
(爆発依存)

うーん、テーマがはっきりしずぎるとあとにも影響が出ますね。

Re: タイトルなし

>みすちーさん
コメントありがとうございます。
GS3のトリシューラの再録については明確な画像ソースが確認できないので今のところは保留とさせていただきます。
でも再録はされそうですね。それでもって、ノーマルレアと……。ブリューナクと同じパターンです。

>葵さん
コメントありがとうございます。
「水属性」自体は、OCGでは闇属性、光属性の次くらいに優遇されているという声をよく聞きます。
属性サポートが豊富な分、氷結界のサポートが作りにくいのでしょうか。

> やろうとしたことが多くて迷走した氷結界
どうもそんな感じがしますね。
かといって器用貧乏と言える程の器用さもないという…。

> うーん、テーマがはっきりしずぎるとあとにも影響が出ますね。
氷結界には六武衆のような展開力の強化とか、ナチュルのようなロック特化という方向に持っていって欲しかったです。
一方で、「バウンス」や「光属性メタ」と、比較的最初からテーマのはっきりしていた霞の谷やA・O・Jはサポートカードに恵まれていないです…。初期のDTテーマは一部を除いてどうも扱いが悪い気がします。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。