スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最強」の水属性モンスター

現環境では、BFのようなモンスターを高速展開するデッキが猛威を奮っています。
モンスターを並べてシンクロ、そしてパワーで一気に押すというのが多くの場合の必勝パターンでしょう。
相手にモンスターを大量展開された時、こちらも大量展開し返す事ができればそこから巻き返せるかもしれませんが、相手の伏せカードやモンスター効果の妨害で上手くいかない事も多々あります。
相手は大量展開しているのに、こちらは大量展開できない…そんな状況の中で逆転する方法といえば、ずばり相手の場のモンスターを全滅させる事です。
相手の場のモンスターを全て除去できるカードとして、魔法カードにはライトニングボルテックス、ブラックホール、罠カードには激流葬、ミラーフォース等があります。
見ての通り、規制されているカードが多く、デッキに投入する枚数には限度があります。

となってくると、モンスターカードにも相手の場を全滅できる効果を持つカードを入れたくなります。
シンクロモンスターのブラック・ローズ・ドラゴンは全体除去効果を持つ上に、現在無制限カードです。
しかし、もし仮にブラック・ローズ・ドラゴンが封じられていたとしたら…?もしくは、こちらがブラック・ローズ・ドラゴンをシンクロ召喚できる程の展開力を持ち合わせていなかったとしたら…?

水属性には、全体除去効果を持つモンスターとして、海竜-ダイダロス海竜神-ネオダイダロスが存在します。
両者共に、ダイダロスが最上級である為に場に出すのは困難であり、しかもフィールド上に「海」がなければ全体除去効果を使う事ができません。
一瞬で場に出すのも不可能ではありませんが、多くのキーカードを要する上に、相手による妨害の事などを考えると、とても効率的とはいえません。
これらのモンスターの小型版とも言えるコダロスの除去効果は小回りが利いて使いやすいですが、相手の場にカードが多いと、除去が追いつかない事があります。
ダイダロスを出すにせよ、ブラックローズをシンクロするにせよ、水属性のデッキは、シンクロ召喚が台頭する現環境ではまだ展開力が十分とはいえず、大会などの主流デッキには及ばない感が否めない(遊戯王カードwikiの【伝説の都 アトランティス】の項より)です。
しかし、「水属性」にあって、単体でも窮地を覆す事ができる…そんな下級モンスターがかつて存在したのです。
それが、このカードです。


同族感染ウィルス

同族感染ウィルス
効果モンスター(禁止カード)
星4/水属性/水族/攻1600/守1000
手札を1枚捨てて種族を1つ宣言する。
自分と相手のフィールド上に表側表示で存在する宣言した種族のモンスターを全て破壊する。


現在禁止カードの同族感染ウィルス
モンスターの大量展開が得意なカテゴリで、現在環境の最前線にいるBFや、これから頭角を現すであろう六武衆は種族が統一されているので、このカードの効果を使えば一度に全滅させる事ができます。
特にBF擁する鳥獣族には、戦士抹殺や永遠の渇水のような「特定種族専用の全体除去カード」が無い為、それに対するメタとして重宝します。
このカードは下級モンスターでありながら、非常に強力な除去効果を持っています。これ1枚で逆転するのも難しくはありません。
更にこのモンスターの効果は、1ターンに何度も使う事ができるという点が非常に凶悪です。
たとえシンクロモンスター等相手の場のモンスターの種族がバラけていたとしても、手札を捨てて別の種族を宣言すれば、みるみる内に相手の場がガラ空きとなります。
とはいえ、所詮は禁止カード。実戦で使う事はできません…。

現在、このカードの後継的なポジションのカードとして、スナイプストーカー黒羽を狩る者が存在します。
スナイプストーカーはリクルーターやクリッターに対応していますが、手札1枚につきカード1枚しか指定できず、しかも破壊が不確定です。それでも、魔法・罠カードも潰せたり、破壊が不確定故にスターダスト・ドラゴンに妨害されないという、同族感染ウィルスには無い利点も存在します。
黒羽を狩る者は除去効果の発動条件が厳しく、破壊できるのも手札1枚につき1体だけ。しかも効果で相手の場をガラ空きにはできない、とまさに同族感染ウィルスを調整したようなカードです。ただし攻撃力は同族感染ウィルスよりも高いです(守備力は同じ)。

後継カードも登場した今、果たして同族感染ウィルスが制限復帰する可能性はあるでしょうか?
凶悪極まりない性能でありながら、このカードは1600という絶妙な攻撃力故に、グリズリーマザーによるリクルートやクリッターによるサーチまた、、サルベージによる回収ができないという大きな欠点を抱えています。
また、後継の1体であったスイプストーカーが前回の改定で準制限に緩和されました。同じくして「場のモンスターを全て破壊」するという効果を持った魔法カードのブラック・ホールも制限復帰を果たし、全体除去効果を持つシンクロモンスターであるブラックローズに至っては制限から一気に無制限に緩和されています。
なので、制限復帰の可能性は無きにしも非ずだと思います。
大量展開を得意とする種族統一デッキへの対抗手段として、そして水属性の戦力増強の為、同族感染ウィルスの制限復帰を望んでも…いいものなのでしょうか、果たして…?

このカードの効果は「水族」を宣言すると自身も破壊してしまうというデメリットがあるので、イレカエルが禁止になる前の、ガエル(所属モンスターがイレカエルも含めて皆水族)が流行していた時が、制限復帰する良いタイミングだったのではないかと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

同族感染ウイルスが制限復帰すれば
BF等への役割遂行ができますね。

剣闘獣、ライロ、そして"氷結界"は種族がバラケているので損害は少ないですし即採用ですね。

No title

コメントありがとうございます。
単体で戦況を覆せる能力を持つ下級…これぞ氷結界に欲しいと思っていた逸材です(笑
水属性なのでグングニールのシンクロに使う事ができますが、モンスター除去能力では同族感染ウィルスの方が上ですね。

この記事を書いている内に、何だか本当に制限復帰できそうな気がしてきました(笑

No title

後続の1体のスナイプストーカーも準制復帰ですし、今後確実に断頭するであろう六部、あまり話題にならないけど制圧龍、ペロりんさんもおっしゃってるように進行形でBF。シンクロの氾濫で場の種族がバラけてる事も復帰する要因になりえますね。

切り替えし用に是非とも欲しい所です。今日スクラップとやって直接1度決めただけで惨敗・・・リチュアで勝てたのに・・・

No title

>仮面魔獣さん
コメントありがとうございます。
同族感染ウィルスは、禁止の中でも今後どう転ぶかわからない1枚ですね。
スクラップはSTORや海外版STBLでも新規カードが出るみたいです。

遊戯王の禁止カードはループを起こすカード(刻の封印、生還の宝札、蝶の短剣エルマ等)と単体で強力過ぎるカードと大きく分けて2種類だと思います。


前者は不可としても後者は時代の流れによって解除出来ます。

同族感染ウイルス、セイントマジシャン辺りは可能性高いと踏んでいます。

ATK1600、サーチ不可、再利用不可ならいけるような気がする

No title

コメントありがとうございます。
同族感染ウィルスは、明らかに単体で強いが故の禁止化ですね。
遊戯王カードwikiにも、制限復帰の可能性について書かれてありました。
聖なる魔術師は…どうなんでしょう?「復帰してもいいだろう」という声は他の禁止カードと比べると多いですが、僕は厳しいと思います。
復帰して欲しいのはやまやまなのですが(汗
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。