スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢

次期の制限改訂では、大嵐以外にも驚くべきカードが制限復帰を果たします。それは、遊戯王OCGをやっているプレイヤーなら誰もが驚くであろうモンスターカード「カオス・ソルジャー -開闢の使者-」です・・・。

カオス・ソルジャー -開闢の使者-

遊戯王において「開闢」というと十中八九このカードの事を指します。遊戯王OCG史上最凶のカードと名高い「混沌帝龍」と双璧を成すカードであり、「カオス」と呼ばれる暗黒期の象徴です。
また、制限改訂の度に復帰の噂が流されていました。
僕が本格的に遊戯王OCGを始めた頃にはこのカードは既に禁止カードであり、その強力さから制限復帰はまずないだろうと思っており、完全に「過去の存在」だというイメージでした。
試しにフリー対戦で何度か使ってみた事がありますが、そのカードパワーにただ驚くばかりでした。
カオス・ソーサラーが無制限になったという追い風があったとはいえ、オネストがいる現環境では復帰厳しいだろうなぁと思ってただけに、本当に信じられません
同族感染ウィルスすら帰って来られなかったというのに・・・。
先にも書きましたが、大嵐もこの開闢も、ネット上では制限改訂の情報が明らかになる前から復帰を予想・願望する声は大きかったです。

この開闢は、次期の環境において台風の目となる事は間違いないでしょう。なにせよ、「復帰は無いだろう」と考えている人も多かったであろうパワーカードなのだから・・・。
また、制限復帰を望む声も大きかった事から、その人気が伺えます。
当然、氷結界にとっても大きな脅威となって立ちはだかる事でしょう。モンスター効果も連続攻撃も、デモンズ・チェーンで防ぐ事ができますが、大嵐とサイクロンの緩和のせいで、デモンズ・チェーンのみならず永続罠そのものが脆いです・・・。
一応守護陣と御庭番の2体を場に並べれば、除外効果と攻撃の両方を封じる事ができます。浮上伝道師のおかげで、この2体を表側守備表示で場に揃えやすくなったのは嬉しいところです。
ただ、伝道師が登場した今、御庭番をメインに投入できるかというと・・・。個人的には「もしヴォルカザウルスが流行ったら御庭番をメインに復帰させようかなぁ」程度に思っていましたが、まさかヴォルカザウルスの比では無い程凶悪な、「対象を取る効果を持つ」モンスターが現れるとは…。

OCG界にまさかの復帰を果たした開闢。
ただ開闢だけが復帰したならまだしも、大嵐、サイクロンの緩和と同時という、まさに「泣きっ面に鉢」状態。
果たしてゲームバランスはどうなるのか!?
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

カイクウ、ライオウ、DDチェッカー、更にカオス・ハンターも3枚フル投入…しても奴には全く勝てる気がしませんorz

というかEX4とEEを売るために開闢を復活させたのだとしたら、これはゲームバランスより商業を優先した許されざる行為だ…などと考えてしまうのは私だけでしょうか?

DTも次の情報が全然出てませんし、もうちょっとちゃんと仕事してくださいよ、KONAMIさん…。

No title

コメントありがとうございます。
僕は今までEE2を結構買っていましたが、開闢は1枚も当たった事が無いです(汗
商業的な戦略はどうなんでしょうねぇ、よく分からないです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。