スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の交霊師

今回は、今まで単独で取り上げた事が無かったこのカードについて紹介します。
地味に「氷結界」初のノーマルカードだった交霊師です。


氷結界の交霊師

氷結界の交霊師
効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻2200/守1600
相手フィールド上に存在するカードが、
自分フィールド上に存在するカードの枚数より4枚以上多い場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手プレイヤーは1ターンに1度しか魔法・罠カードを発動する事ができない。



相手の場のカードの枚数が自分の場のカードの枚数よりも多い場合に特殊召喚できるカード。ただしその枚数は「4枚以上多い場合」と、非常に厳しいです。
特定の条件下で自身を特殊召喚できる効果を持つモンスターの中でも、これ程厳しい条件のモンスターはそういないでしょう。ただ、このテのモンスターにしては珍しく、このカードは最上級モンスターです。最上級モンスターとしては攻撃力は貧弱ですが。
相手の場のカードの枚数が自分の場のカードの枚数より4枚以上多い場合は、まず間違いなくこちらが不利な状態であり、またこのカードを上回る攻撃力を持つモンスターが相手の場にいるケースも多いでしょう。なので、このカードを特殊召喚したとしても、状況を打破できるかどうかは…。
また、相手の伏せカードによって特殊召喚されたこのカードが除去されてしまう(或いは特殊召喚そのものを妨害される)事も十二分に考えられます。
大嵐が禁止では無く、魔法・罠ゾーンにカードを伏せる傾向があった前環境では特殊召喚できる機会も多かったでしょうが、今の環境では特殊召喚するのは色んな意味で厳しいです。
氷結界にとっては貴重な、自身を展開できる効果なだけに、残念です…。
また、この特殊召喚効果は、複数体のモンスターを展開する事で真価を発揮する【氷結界】とも折り合いが悪いです。まさか、このカードを起点に氷結界を展開しろっていうコンセプトで作られたんでしょうか?

このカードはレベル7なので、アトランティスを使えばリリース1体でアドバンス召喚する事が可能となります。正直、自身の効果による特殊召喚よりもこの方法の方が場に出しやすい気がします。
他にも伝道師の効果やディメンション・マジックを使えば比較的容易に場に出す事ができます。少なくとも自身の効果での特殊召喚を狙うよりは効率的でしょう。
ただ、交霊師と同じ属性・種族には1体のリリースで場に出せる上に高攻撃力で、強力な魔法・罠封じ効果を持つブリザード・プリンセスが存在します…。

このカードのもう一つの効果は、相手の魔法・罠の使用回数を制限する効果です。相手プレイヤーは1ターンに1度しか魔法・罠カードを使用できないようになります。
封魔団破術師の効果とは違い、影響が及ぶのは相手だけというのが特徴です。破術師と並べば、相手の魔法の発動を更に抑制する事ができます。
相手の魔法・罠の使用回数を制限できるとはいえ、相手が使用する1枚がこのカードを除去するカードだった場合、もちろんその後は相手は魔法・罠を使い放題です。なので、戦闘破壊に加えて魔法・罠による除去にも警戒しておかなければなりません。

ただ、このカードと同様の効果を持つモンスターは交霊師の他にも2体存在し、破術師と並べる布陣についても、それらのモンスターと魔封じの芳香を場に出す事で同様のロックができます。
特に、大将軍 紫炎の存在が光ります。あちらは交霊師と同じレベル7で攻守共に交霊師よりも高く、自身の特殊召喚も交霊師よりも遥かに容易ときたものです。投入されるデッキが全然違うとはいえ、正直、大将軍 紫炎と比較して上での交霊師の利点を見出すことは出来ないです…。

氷結界にはガンターラ、水属性・魔法使い族にはブリザード・プリンセスという強力なライバルが存在する為、非常に肩身が狭いこのカード。
果たして今後活躍する機会はあるのやら。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近はビッグアイを出すために交霊師はピンで投入してますね。
なかなか自身の効果で特殊召喚されることがないのは辛いですが、役に立ってくれてます

No title

コメントありがとうございます。
交霊師はビッグアイの素材になれるレベル7で、種族もビッグアイと同じですね。
交霊師の相手を抑制する効果はなんだかんだで結構役に立つので、余裕があれば場に出したいです。

No title

ふつくしい・・・組みたいけどなーうーむ

No title

コメントありがとうございます。
魔法使い族や「氷結界」である事を活かせるデッキなら、交霊師の出番があるかもしれません。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。