スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショックな出来事

先日、チャット内でのやりとりから、今SDC MAXが開催中であることを初めて知りました。
シャーク戦以降しばらくイベントが無かったので、次のイベントはDT14弾が出てからだと思い込んでいましたが(DT12→13弾の頃に、長らくイベントが開催されていなかった時期があったため)、今のSDC MAX以前にも何回かイベントは開催されていたようで。
そして、その中でSDCの対戦相手の中に海馬瀬人の名前が・・・。

私は以前カード屋で、近所では見かけないDT10弾が入っているということでDT NEXTを一度だけやってみました。
使用デッキは【バイス・ストリーム】。一回戦目の対戦相手は闇遊戯で、これを撃破。この時のEXステージの相手が、海馬でした。
海馬は究極竜デッキを使用。「このデッキで勝てるかよ!」と思いながらも、一か八かの博打に出てこれに成功。なんとか勝つことができました。
そして、勝った後に表示されたスロット。そのスロットを見て初めて「このデッキの海馬に勝って手に入れたかったカードがあった!」という事を思い出しました。
それは青眼の究極竜龍の鏡です。どちらもアタリの枠に出てくるカードで、この時出ていたのは究極竜のカードでした。
この時のスロットでは結局どちらも入手する事はできませんでしたが、「もし負けていたら、この大チャンスのスロットにチャレンジする事すら無かったんだなぁ」と感じました。
そして同時に思いました。「もしSDCでこのデッキの海馬と戦えるなら、究極竜も龍の鏡も手に入るのに」と。

先日のSDCの対戦相手だった海馬は、この究極竜デッキを使用する海馬だったようです。
つまり私は、訪れるわけが無いだろうと思っていたにも関わらず訪れたはずの千載一遇の大チャンスを、みずみずと逃してしまっていたのです・・・。この事実を知った時はとにかくショックでした。
せっかくの、究極竜や龍の鏡を手に入れる機会が・・・。
私が最もよく使用する氷結界の隠しデッキ【絶対氷壁】には、レイス、修験者、風水師と、究極竜デッキの海馬相手では絶対に倒される事のないモンスターが3体存在します。レイス及び修験者をセット、もしくは風水師を召喚してから効果を発動し、光属性を指定すれば、このデッキに負けることはまず無いのです。
もしSDCで究極竜デッキの海馬と戦えるならば、これらのカードを使って挑もうと思っていたのに・・・。
究極竜も龍の鏡も、SDC MAXで他の人がデッキに入れているのなんてまず見かけないし、もし入れてる人がいたとしても、そのデッキと戦って、しかも勝たなければ手に入れる事はできません。そのデッキと戦えるかどうかがまず鬼門です。
SDで入手するのも非常に困難です。EXステージまで進んで海馬と当たらなければならず(しかも海馬は2種類のデッキを使ってくる)、しかも勝ったとしてもスロットで当てなければ入手できません。
更に悲しいことに、海馬相手のSDCが開催されている期間中に、私はDT NEXTが設置されている店に立ち寄った事がありました。以前にプレイしたカード屋にも立ち寄ったのですが、シングル買いの事ばかり考えており、(金銭的にも)DT NEXTをやる余裕が無かったです。
別の店でフリープレイが可能なDT NEXTを一台見かけましたが、プレイしている人がいたのでスルーしました。我ながら、何故この時に他の台とかでイベント情報を確かめなかったのか・・・。

究極竜や龍の鏡は、モクバの隠しデッキに入れてみようと思ってました。
カードプールやデッキ枚数が少ないDTならばそれなりに回せるかなぁと考え、究極竜デッキ以外でも究極竜を使ってみたかったのです。
青眼やカイバーマン、ロードオブドラゴンはストラクチャーデッキ ドラゴニック・レギオンに再録され入手は容易になりましたが、除去カードやコンボが豊富でデッキ枚数も多いOCGでは究極竜デッキを使うのは厳しいです(汗
OCGじゃロードオブドラゴンはもちろんのことキングドラグーンすらもあっけなく対処されてしまいます。そして究極竜も。

DT NEXTをやっていたが故に味わった苦痛です。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。